ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜味(きみ)こいしのコピー

東京で暮らして3年経過しました。

今日の朝のニュースは、林家三平の結婚について。
関西人のワタシにとって、そんなたいそうなニュースか?ってなもんで。
それよりこいし師匠でしょぉ!?と思っていましたが、会社に行く時間になっても、ワイドショーではそのニュースは出ず。たぶん関西のニュース、ワイドショーはそっちだったろうと思ったわけです。

なんやったら特番ちゃうかっ!?
っちゅ-ぐらいのネタ。

果たして東京でどれだけの人がいとこいのしゃべくり漫才を知っているか・・・。

スポンサーサイト
横沢のコピー

元フジテレビの横澤彪さんが亡くなった。

朝からなんだか考えさせられるような感じで、悲しいわけではなく喪失感とかそういうのでもなく、ただテレビの一視聴者として、時代の流れを感じてしまった。MANZAIブームの昔から2度目のブームも経て、テレビというもの自体が求心力を大きく失った現在、テレビってなんだったんだろうかと思ってしまったわけです。
たとえば見たいテレビがあってチャンネル争いをしたとか、家にテレビが2台あるようになって父親と別の部屋でテレビを見るようになったとか、ビデオでテレビ番組をコレクションしたりだとか、そういった一切が80年代に起こっており、感傷に浸るわけではないけど懐かしい気持ちになったわけです。

楽しくなければテレビじゃない。

という時代があったなぁと・・・。それからいったいテレビは楽しかったのかなぁ・・・・とか。
横澤班のテレビはよく見てたし、その後の石田班もよく見たなぁ・・・・。
で、今もおんなじことやってんだなぁ~と思った瞬間、進歩が無いなぁと思ってしまったわけです。
メディアミックスとかそんなのはやってるのは知ってるし、企業が設けるためにやってる話じゃなく、お笑いにせよドラマにせよ中身はどんなに変わったのかというとさほど変わってない。

いま、テレビとか新聞とかマスメディアが信頼感や信用を失いつつあり、視聴者離れが進んでいる(らしいですが)ような時代に、これからテレビは新しい何かができるんだろうか?と。
何かやってくれるのか?と。
インターネットと携帯電話は、十分に私たちの生活を変えたんですが、コンテンツじゃあない。
テレビのコンテンツをYOUTUBEで見てるだけ。

何かの変革が今からテレビで起きていくような気がしました。
起きていくように期待いたします。

鶴光

まぁ、なんというのでしょうか。
懐かしいとか?青春だったとか?
中学生でした。
当時・・・・。
買うかどうかは不明。

綾小路きみまろのコピー

最近になってハマリにハマッてるのが綾小路きみまろ。
中高年のアイドルとはよく言ったモンで、まさに中年のワタシ。
自覚症状もあります。

それにしても、こういう「話芸」ってすごいですよね。最近のピン芸人ってのも嫌いなのばっかりじゃないけど、ヒトコト云っておしまいって型のあの「エンタの神様」や「爆笑レッドカーペット」が作ってしまった、それだけしかない芸を飽きられるまで披露する悲しい芸人未満の連中からすると神様のように面白い。

綾小路きみまろ  爆笑! スーパーミニライブ

綾小路きみまろin24時間テレビ

客席のババア度もがうっとおしいけど、とりあえず笑っとけ!って感じの爽快感。
後味スッキリの爽快感はほかでは味わえませんね。



最近色々と忙しかったりなんだったりで、ブログの内容の薄さがどうにもなりません。
果たしてコレでいいのかと思いつつ日々の多忙に忙殺されています。
こんなカンジではまずいなぁ。
さて、こないだ激走9時間東京→岡山ドライヴをまたやってしまったんですが、そのとき音声のみでも笑えたお笑い。

どきどきキャンプ。
全然似てねぇけどおもしろい。まとめてみてハマってます。


どきどきキャンプ 「24シリーズ」

どきどきキャンプ&ディラン「自転車」

ラジバンダリのコピー

ラジバンダリっ!(笑)

お笑いは切らさず見てるほうなんですが、ブログネタとして機嫌よくあげてるのはただただタイミングの問題。ブログであげたのだけが好きなお笑いって分けではないのだよ。
ほんとにタイミングで・・・。

「ラジバンダリ」。意味不明のこの言葉は、松竹芸能所属のお笑いコンビ「ダブルダッチ」が演じるネタ。「オマエ、ナニヤッテル?」など片言の日本語を話す謎の外国人女性ジュニタ・ラジバンダリ。「ダブルダッチ」のボケの西井隆詞(32)がなりきるこの女性が、自らを指さしながら放つ決めゼリフが「○○したり、○○したり、ラジバンダリ」だ。女性ユニット「Perfume」がライブで「ラジバンダリ!」と叫んでみたり、歌手・木村カエラが自身のブログで何度も取り上げたり、タレント・高橋克実が飲み屋で散々、使ってみたり、ラジバンダリ…。
ラジバンダリとはどういう意味なのか。西井は「僕が数年前にバイトしていたコンビニで働いていた外国人女性の名前です」と告白。「志望動機が、日本の技術を盗むって書いてあったんです。しゃべり方もメッチャ面白いし、マネしてたのがきっかけですね」とのこと。



髭男爵のコピー


今一番好きなのがこの人たち。
「貴族のお漫才」(笑)
おかげで最近の飲み会はルネッサーンス!から始まる。
関西人なのでのみの席での話にはきちんとボケと突っ込みと落ちが用意されるが、ツッコミは「~やないか~ぃ!」になってしまいました。

庶民の貧しい少年を貴族の息子にしてあ~げるのまき

まぁ、ハプニングもあったようでグラスが割れてしまうとどうにもならないのね・・・。
ってカンジのを発見。

ディナーでフルコースに舌鼓を打ったあとシェフを褒めてあ~げるのまき

コントもやるみたいだけど、今はこのツッコミがいいなぁ・・・。
ボケが印象付けられることは多いけど、このつっこみはいいなぁ。珍しい。

貴族が庶民にお送りするショートコンツェルン

逆に訊こう!なにがおもしろい?
っていうのがワタシテキには、次に使いたいフレーズ。

ディナーでフルコースに舌鼓を打ったあとシェフを褒めてあ~げるのまき

まあ、こんなのも出てきてて・・・。さすがあらびき団。
あらびき団はよく見ています。
イイですよね。
漫才やってる横からしゃべってるってのも。
なんかツレとテレビ見てる気分。

髭男爵のパクリ・・・ミッチー&大山英雄

狐狩りで訪れた森で不思議な妖精と出~会うのまき

優雅なショートコンツェルンのまき

こんなところで。

いやぁ、もう今回からもうM-1は見ねぇ!(怒)ってぐらいつまらんかったわ。
今年まで、どんどんテンションが上がって来てたのになんでやねん。
去年のチュートリアルが出てたら2連覇。ブラマヨなら2回目に確実になっていたところ。
それぐらい今回の決勝は新しい笑いがなかった。ガクッ・・・。
いや、みんな漫才はお上手ですよ。
お上手なのは結構ですが、見たこともないような笑いがみたかったんですがね。
サイテーだったよ。
今回のM-1のチャンピオンがチュートやブラマヨやフットと並んでるなんてありえねぇ!
ワタシは怒ってるんです。

20071005202036.gif


シンゴといえば?誰を指す?
山城シンゴ?
香取シンゴ?
鶴見シンゴなんてのもいたなぁ・・・

ワタシのバヤイ、断っ然っ!柳沢慎吾~。

みなさん、柳沢慎吾ってどうですか?
すきですか?
そうでもないですか?
すみません。実はボクすごく好きなんです!
昔は嫌いだったのよ。
ベラベラとよくしゃべるC調(懐かしい言い回しだなぁ(笑)なのが。
同じように、所ジョージも嫌いだったんだよね。

それが、あるときを境に注目するように。
それは、当時の人気番組『ねるとん紅鯨団』のクリスマスあたりのゲイノウジンスペシャル~!
だれだったか女性に告白した慎吾ちゃんは『ごめんなさい』って意図も簡単に振られちゃいました。そのとき『・・・そんな・・・・そんあぁ・・・』とダッシュ。そして振り向きザマに『いい夢めせてもらったよ!』と、そして決め台詞・・・『アバヨ!』と残し走り去ったのでした。

それからです。

柳沢慎吾 - 全国高校野球選手権大会

高校野球の思い入れとかじゃなく、描写のリアルさが好きなんです!
ばかばかしさと高校の教室ぐらいのレベルの身近さ(笑)
メジャー系の大手高等学校しかり、マニアウケのマイナー高あり。
そして、マニアックな当時の時流に乗った高校しかり。

柳沢慎吾 高校野球実況

わたしはね、そういったところに惹かれるし
そういったところにスポットライトをあてる柳沢真偽がすきなんだヨ!
あと、警視庁24時のネタをする柳沢慎吾と。
YOUTUBEで探したけど出てきませんでした。
基本的には『太陽にほえろ!』ネタを補完したリアル版といえるんでしょうが、タバコのセロファンをちょっとヅラして、そこで喋る警察無線の発想や、パトライトを手で演出するあのワザ!
何度も言いますが、この高校の休み時間にやってたような、懐かしい感覚がワタシはスキだ!

20070821162420.gif


いや~一発屋が炸裂してる瞬間ってサイコ―――だね(笑)
ハラ抱えて笑いました(まだ笑)
昼休みも“YOUTUBE”で検索して笑ってます。

ネタ祭り2007 高田延彦PRESENTS 裸芸王決定戦

昨日までは、24時間テレビのドン引き映像は消されてたのに今日はかなり復活してるなぁ~。そのかわり機能はあった笑金のがなくなってます。まぁ、上のを見たときにいろいろ見てみてね。

まぁ、こんなカンジってのがよくわかるのが↓の映像。名前で『あいうえお作文』するネタがあるんですが、コイツやってるうちに観客のいないテレビでも「ま」・・・「まさかの人任せ!」ってやるんですが、正しくはこのようにやるのが正しい見本です。

MUSICFIGHTER 由美が亜美オススメの芸人を初体験!!

賞味期間の短い芸人ですので、いまのうちにたっぷり笑って捨てましょう。

『笑いの金メダル』 小島義雄


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。