ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごるご

なんだかんだと忙しい毎日。
仕事も忙しいが休日も参観日だの何だのと忙しい。
これ以上は断る。
毅然とした決意!で臨む。

スポンサーサイト
踊る

すごく体がだるいせいか、なんだかわからんですが、やる気が出ません。
めんどくさくってシゴトをする気になりません。
どうしましょう(笑)

AEON LAKE TOWNのコピー

いよいよOPENというわけで行ってまいりました。
ソフトオープンとはいえすごいヒト・・・。疲れます。
とにかく広い!おののくほど広い!
歩くのがイヤになりますヨ。

それでも見て廻らねばならぬのが職業上の要請。
約二時間かけてダァ――――ッって見て廻りました。(ホントに見ただけ。)

テナントはまぁソコソコがんばってらっしゃるかなぁ・・・。
酷いのも中にはありましたが・・・。

飲食ではけっこうびっくりでね。
関西の「大阪王将」や「自由軒」、名古屋の「世界のヤマちゃん」が【フードコート】に出てたりね、あと関西の「はがくれ」(うどん)もあったなァ~。仙台の「利久」(牛タン)もサプライズだねぇ~。まぁ、この辺は関東のヒトにはなじみが無いからすぐに流行るのかどうかはなんともいえない状況。

まぁ、いってみるといいデスヨ。
しんどいですから!

BikeNightBabeのコピー


やばい状況に先週は振り回されました。
東京でのボクのチームの一人が会社に出てこない事態に・・・。
で、先週は3日続けての自宅訪問。
メンタルな部分での消耗(程度)なのか崩壊なのか?って感じでね・・・。
さすがに三日目は人事部も同行してもらっての作戦で、とりあえず点滴を打たせて・・・。
こっちも消耗しますね。
こういう事態は。

で、こんな風になってはじめて気がついたのは、わが社にはメンタルでやられちゃってるスタッフが多いってこと。インテリアデザインってそんな風に思わないかもしれないけど結構ストレスとプレッシャーが強い(?)業種なのかなぁ・・・。
色々病名を聞きましたが、鬱病、自律神経失調症、なんか覚えやすいほう。初めて聞くようなんもありで、オイオイ大丈夫か?と不安になります。

今でこそこんな風なワタシも一年目の最初の現場では胃潰瘍でやられちゃったし・・・。
分かるような気もするが。
でも、今回ので一番ショックなのはワタシが信頼されてない事。信用されて無かったってこと。
何の相談も無かったし、不満や重圧についてなんら口を開いてもらってない事。
上司になって3ヶ月だから無理も無いのかなぁ・・・。

辛いですよ。




20070727111516.gif


11月にドバイへ出張がほぼ決まり―――――!
よっしゃ!いくでドバイ~。
早速いろいろ調べないと・・・。
ドバイ関係のブログめぐりだ。しばらくこれから。

20061220112332.gif


敢えて今の状況を書いて残す。
現在、本当に頭を痛めているため。

①会社の給与体制の変更に伴う課長相当職のモチベーションの低下
②中期計画(3ヵ年)最終年度の来期の組織変更による初期目標未達成の懸念
③それに伴う次期組織計画の検討(人的及び技術的な問題)
④中途採用社員の精神的ケアの問題、業務訓練の不備の実態
⑤精神状態の安定しない社員のメンタルヘルスケアの問題

20061114194957.gif


う~ん・・・。コンペ&プロポ祭り。
11月末から12月頭にかけて、11件!!
こんなん史上初だぁ~・・・・死ぬぅ~。

①輸入雑貨の複合業態開発(プロポ)
②某カバン店のFC展開用スキーマティックデザイン(プロポから)
③京都の新築ファッションビルの環境設計
④某高速道路のサービスエリアのレストラン(コンペ)
⑤某パンメーカーの百貨店出店企画(コンペ)
⑥某ディベロッパーの展示会用のブースデザインおよび企画
⑦某韓国鍋店の新デザイン
⑧同上の複合業態企画およびデザイン(プロポ)
⑨某中華料理店の新デザイン

バラエティーに富んでるな。
なんかオレって何者?


20060818125044.jpg


August17.2006

さて、今日から仕事だ。なのになぜかまだ岡山にいる。それは今日の仕事が広島だからだ。わざわざ大阪に帰ってから広島に出向くのも面倒なのでそのまま岡山から行くことに。今日は調査。どんな企画にするのか現地を見ないとわからないことがたくさんあるので、企画によっては必ず現地に赴く。

今回は某ホテルの地価の飲食街。これをどうにかして復活させる仕事だ。でもかなり難易度が高い。ホテルの1Fロビーからはエスカレーターなぞなくエレベーターで誘導。また、外からは階段しかなくアクセスが非常に悪い。ちょうど向かいにある『さかな市場』という店は夜だけの居酒屋営業だが月商2000万。この地下のある店舗は年商2000万ということらしい。

まあなにおか考えなくてはならん。さて、どうしたもんか?

朝、新幹線の中で上司から電話があり岡山の某施設を調べて欲しいとのことだった。渡りに船のワタシは『しかたないですね~』などといいながら岡山で下車し、ちょろちょろと調査をしたのだった。
それにしても電車は混んでいた。忘れてたお盆の帰省Uターンやね。これは!ずっと立ちっぱなしでした。

しかしこの物件は因縁だ。ウチで何かするのであれば私がやらないといけないような気がする。実はこの施設を運営していた会社の監査役が祖父だった。そして系列で地下街の飲食店舗を運営していた会社の社長だった。父は大学卒業後、その会社に入らされその後飲食店の運営会社の方へ移った。最終的にはそこで役員をやっていた。結局その会社はつぶれたわけだが、別段赤字を出していたわけではない。親会社がコケたのだ。最後の清算に父は忙しくしていた。

子供の頃から、何かといえばここを使っていた私としては調べなくてもだいたいわかるという自分んちみたいなモンだ。10年ぐらいは行ってなかったので近寄ると地下への入り口は閉鎖され、地下での連絡は絶たれ、ビルの入り口も閉められたままだった。なんかしらちょっと悲しい気分にもなったが、それよりもその因縁に驚いてるほうが大きく『おもしろいもんだなぁ』なんて思っていた。

しかし、今日は暑かった。サイテーに暑かった。見上げた空は真っ青だった。



top.jpg


August8.2006

さて今やってる仕事で『京都』の物件があるのですが(竣工は再来年)今は基本計画の段階。まあ、コンセプトとかどういうイメージでとか環境デザインはとかがわたしの仕事の範囲。会社的にはどんなテナント入れてとかって言う『テナントミックス』も請け負っており、今準備段階の『プレヒアリング』・・・感触を確かめているトコです。

で、この物件のミソは某アパレルブランドのニューヨーク店のできによって他のテナントの顔ぶれが変わってくるという点。もしすごいことやられたら、今までに考えられないミックスに発展するし、相も変わらずなことをやっちゃうとつまんないビルができてしまうという局面に差し掛かっています。10月にはOPENするのでみな大挙してニューヨーク詣でになるのは間違いないのですが、問題は『ワタシもNYに連れて行け!』ってコトだ。

今日もちょろっとミーティングをしていて、そんな話が出たんですけどね、私は多分、会社の海外研修も予定にあるらしく今までのわが社ならどっちかでええやん的にスルーされてしまう傾向にあるんですね~。まったく、どうやっちゅうねん。行かせろ!ってまだそんな話にもなっていないですが・・・。基本的には営業チームと設計チームで何人いけるかというトコがミソ。

会社の研修は多分ヨーロッパチームのはずなので問題ないはずなんだけど・・・。いけるんかな~。
いきて~なNY♡
何年ぶり?
・・・・?・・・・・! 十年ぶり!!!
いくで!いかいでか?なに振りかまわずアピールするぞ!なにをアピールすればいいんだ?!
・・・・とりあえず、行かせろ行かせろと騒ぐことにしましょう。

ちなみに行くつもりでNY情報のブログをさらさらとみてこようかと思ってます。お勧めあれば教えてくださいませ。よろしくどうぞ。

20060801112356.jpg

July31.2006
さてと、こんなに危ない橋を渡ったのは初めて。土日を完全休暇にする為に金曜は遅くまでプレゼンの仕事をしたにもかかわらず最終は本日31日に仕上げというギリギリの準備。しかもちゃんとできてるのかはわからないパース。でもなんとかなりまして一路岐阜へ。名古屋まで『のぞみ』で移動してバックするカタチ。今回は名古屋鉄道・・・通称名鉄での移動。で、名古屋駅で待ってると新鋭車両『せんとりゃ~』号がホームに滑り込んできた。う~ん。いままでのババちい車両から一新。なかなかキレイだ。でも他の車両がうるさいよ、名鉄・・・・。地下駅で音楽鳴らしながら入ってくんなよ・・・うるさいから。あと、ブレーキも磨り減ってるのか整備不良じゃないの?やたらとうるさいです。

今回のプレゼンテーションは銀行さんの『プライベートバンキング』のためのサテライトの企画。4社がコンペになっており当社が一番最後のプレゼン。他社は従来の銀行の設計で勝手知ったる面々。当社はディベロッパー側から『商業的なアプローチ』から『新しい顔作り』を期待されて推薦されたわけだ。既に他社の企画を見ている銀行マンの予想から大きく飛躍したプラン(想像の範囲外)をど―――んとプレゼンしてきたわけです。

反応はやはり、『インパクトがあった』とか『考えもつかなかった』とか『どうやっていいのかわからない』とかいった感じのもので、窓口のカウンターまでのストロークに一発○○がはいった(←ここがミソだが言えません)斬新な構成になっている。それにしても、やはり銀行さんも自分たちこことを『シロウト』といってるそのとおり、店舗としてどう構成するかとかお客さんからどう見えるのか?なんてことは、まったくズレているし、銀行マンの感覚はかなり現実離れしており、このプランが通用するのか?ヤル気をだせるのかはまったく不明だ。

わたしらとしては、そのあとディベロッパーサイドへも『ご挨拶』して当社プランを一部置いて『ひとオシ』してもらおうと(笑)。そのあとお疲れさんということで、『世界の山ちゃん』で『幻の手羽先』をタラフク食らい、最終の『のぞみ』で新大阪に帰ったわけです。


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。