ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

69村上龍

ベトナム戦争と学生運動に揺れた1969年、基地の町・佐世保の高校に通う、高校三年生の矢崎剣介<あだ名はケン>(妻夫木聡)がいた。彼は退屈とレールに敷かれた人生を何よりも嫌う自分を含めた生徒達を管理の檻に押し込めようとする教師達に反抗するため(本当は同級生のマドンナ、「レディ・ジェーン」こと松井和子(太田莉菜)の気を惹くため)に、親友の「アダマ」こと山田正(安藤政信)らと共に映画・演劇・ロックがごちゃ混ぜになった一大フェスティバルの開催を企画する。人生は楽しんだ者勝ちというモットーの具体的意義もあったが、“レディ・ジェーン”松井和子を主演女優に据えれば自分は主演俳優兼監督として堂々と彼女とイチャつけるという煩悩に塗れた野望もあった。更には彼女の発した「デモやらバリケードやらする人の気持ち、分かるような気がする」という言葉を勝手に脳内妄想で肥大化させ、「デモやらバリケードやらする人大好き」という彼女の理想(本当は違う)を叶えるために、校内の中核派を言いくるめて学校をバリケード封鎖する事に決めたのだが、話はどんどん膨れ上がり、テレビ局や報道陣まで出動する騒ぎになる。

どうでもいい話ですが私の生まれた年。
村上龍・・・、なぜか最近はテレビでお目にかかることが多いが老けたな。

スポンサーサイト


今、明日のプレゼンの資料が出来上がりました。
厳密に言うと、あと一枚いれるかどうするか?ってのがある状態なんですが、もうさすがに疲れたので帰ろうかと・・・。なくてもお客さんは困らない。
知ってるのも私だけ・・・。
というところでちょっと挫けたデス。

今の気持ちは「犯したる!」
って感じ・・・。
枢斬暗屯子先生の口癖。
なんか、もうね・・・なんで俺がこんな時間までこんなことをやっているのかと・・・。
なぜ部下は早々と帰ったり・・・いや帰れるの?学びませんか?
そうですか・・・。
イイデスヨ。別にね~。知ったこっちゃないし。

psycho_3_800_600のコピー

なかなか話が進まないというか複線が多くてワケわからん状態の「サイコ」ですが、13巻が出てたようでして購入いたしました。
久しぶりに読むので前の巻の話が思い出せない・・・OTL
こういうの月刊誌の弱みだねぇ・・・最近読んでるのだと「のだめ」もツライし。
(※最悪だったのは上條敦士の「SEX」だったケド)

なんだか話も混乱してきてますよね?
伊薗若女さんがルーシー・モノストーンの妹だったり・・・。
意外な展開ってのが意外すぎて・・・(苦笑)

絵も変わってキタです。
初期の頃のほうが丁寧?なかんじ?というか見やすかったような気がしますネ。
そのあたりはまぁイイとして・・・。

初期にあったストーリー展開がちょっと停滞してきていて、ガクソとか登場する団体のニュアンスを説明しようとしすぎてクドくなってるように思いますが・・・。
なんだかなぁ・・・。
まぁ、それでも続きは買いますが・・・(苦笑)

沈黙の艦隊

正月休みに実家で爆読!
久しぶりの旋律っ!ってカンジでしたかね。

まあ一度読んだものを繰り返して読むってことなんで速い!鬼速っ!
というわけでスピード感倍増ってカンジでしたね(笑)
ほぼ戦闘の部分を読むってかんじで政治ヤラ保険なんてものはすっ飛ばしましたからね(笑)

それにしても、現在。
アメリカは本気で戦争するつもりだし。
中国も日本に対して強気だし。
プーチンもヤル気十分!
韓国もヤケクソになるかも
な状況・・・。

日本国の舵取りは大変だなぁ~と真剣に考えました。

garage11のコピー

漫画文化がもともとあったところでは、日本のマンガの浸透が厚いとききました。
フランスではそういうのがあって、スタイルが確立されていますね。

ジャン・ジロー(Jean Giraud、男性、1938年5月8日 - )は、フランスの漫画家である。

ジローは彼自身の本名のみにとどまらず、ペンネームのメビウス (Moebius) においても世界的な成功を収めており、更にジル (Gir) の名でもある程度の人気を得ている。

ジャン・アンリ・ガストン・ジローは、1938年にパリ郊外のノジャン・シュル・マルヌで生まれた。16歳で、ジローはArts Appliqués(応用美術)の独習を開始した。18歳の時に、ジローの漫画作品『Frank et Jeremie』がFar West誌に掲載された。1961年に、ジローは当時のヨーロッパを代表する漫画家であったジジェの許に弟子入りし、『Jerry Spring』の制作に加わった。1962年にジローは原作者のジャン・ミシェル・シャルリエと共に、Pilote 誌で『Fort Navajo』の連載を開始した。この作品は大きな成功を収め、1974年まで中断されることなく続いた。ジローとシャルリエにより『Fort Navajo』で登場したブルーベリー中尉はたちまち人気キャラクターとなり、ブルーベリー中尉が活躍するスピンオフ西部劇作品『Blueberry』はジローの生地フランスで最も知名度の高いジローの作品となった。フランスにおけるジローの名声は極めて高いものであり、彼を記念する郵便切手が発行されたほどであった。また、ジローは彼の本名とジル(Gir)の筆名で、オークレールやタルディなどの他の作家のために多数の原作を手掛けた。


ジャン・ジロー。
団次郎(帰ってきたウルトラマン)ではない(笑)よくにてるけど。
そのジャンジローですが風の谷のナウシカのファンで娘の名前をナウシカにしちゃってるそうだ。
宮崎駿もジャンジローをリスペクトしてたりの関係。

宮崎駿といえばこないだ海老蔵がテレビで宮崎駿ファンだっていってたな。
ポニョとか封切り一週間で3回見たとか。
宮崎駿が使った鉛筆もらって涙ぐんでました。

手塚治虫

NHKスペシャルで「ジャパンアニメVSハリウッド」なんてのをやってた。
何気なく見てたんですが、現在ハリウッドでは日本の漫画原作の映画化が流行で少なくとも5本が製作中とのコト。で、この番組ではそのうちの一本「鉄腕アトム」についてのいろいろな攻防をやってたわけですが、結構面白い。

最近の契約では日本側(原作側)できちんとアプルーバルを保持した契約にいってるんだと。
いままでは向こうさんにギタギタにされてたりしてるんで、日本サイドも原作の破壊を警戒してるというか学習したんですね。よいことだと思います。

テレビでは手塚プロの内部も出てきてたりして、その中でセンセイのこのポートレートが飾ってあったり。なんか手塚治虫センセのこの写真っていいね。
なんかやさしいです。なんかしみるものがあります。
それにしてもディズニーのアニメーションに惹かれてアニメを作ったセンセですが、センセのコンテンツでアメリカが映画を作るのってどう思ってるんだろう・・・・と浸ってみたり。

20世紀少年

あるところにはあるモンで、この夏実家に帰ったら妹さんが用意してくれてました。
タイミング的にはちょうどいい時期。
雑誌で連載中はちょいちょい読んでたのに、飛ばすと意味がわからなくなる状況になってしまって断念。それをコミックスで一気ヨミという快感~。

話としては途中まではぐいぐい行くんですが、終盤にだれるダレル。
作品のテンションは高まってるんですが、読み手(ワタシ)がだれた。というかイライラの極地。
「ともだち」ってダレやねん!と怒り心頭。

映画化されるそうですが堂なんでしょうかね?
見ませんけど・・・。

vogue_hommes_japan_issue_1previewのコピー

満を持してのヴォーグ・オム。
いまんトコ、メンズ誌で眼を通してるのがHUGEぐらいなんで、コレはいいかもよ。
ただ、どのラインを狙ってくるかが微妙だねぇ・・・。
カブるんじゃない?
どうよ。

万華鏡写輪眼

いよいようちはマダラの秘密に―――というわけで、
うちはマダラの万華鏡写輪眼。
うちはマダラのはちょっとトクベツ。ほかのとはちがうから覚えておこう!

サスケとイタチの対決も終わり、サスケの目標が大きく変わってしまうんですが、コミックの流れが大きく転換する前にワタクシの「ヨミ」でもご披露しておこうかと思います。


(※このページは43巻からではありません。マダラの万華鏡写輪眼がわかるようにほかから持ってきました。)

最終的にストーリーが完結したときに「俺は読みきっていた」状態を言いたいだけなんで、外れても知らんぷりしますけど(笑)

最重要なコトは、トビ=マダラ となったものの「マダラ」はホンモノか?ということに尽きると思いますよ。ストーリー的にはダレがこの「マダラ」と対決することになるのか?がミソ。たとえば「トビ=オビト」説もまだ消えてはいないんですが、そうであれば「マダラ」と対決するのはカカシでしょう?ほんとにマダラであれば、「マダラ」と対決するのはサスケでしょう?

話のキーににってるのはいくつかあって、トビ=マダラがいまだに左目を隠している点。ワタクシ的にはマダラが年齢的に生きているはずがないと思っているので、これはトビ=オビト=マダラ説になる。輪廻眼の秘密はまだ語られていないことがポイントで話の流れ次第でどんな威力を持ってくるか読めないのもあるんですが、少なくとも名前のとおり輪廻=生き返らせる力があるのでしょう。

とすると、カカシにあげたオビトの左目には輪廻眼が入っているのでは?
と思ってしまうわけです。そ―――すると死んだオビトのカラダにマダラを入れる?様なことも可能かと・・・?どうよ?

あと、マダラの眼はずっと万華鏡写輪眼のはずなのにトビの眼は普通の写輪眼だしね。
マダラが生きている説はちょっとありえない。
まぁこんな具合よ↓

middle_1207905078のコピー


な?マダラの眼が普通の写輪眼でしょ?
弟の目をもらってから永遠に万華鏡写輪眼になったんでしょ?

そのあたりのそれを裏付けるのが自来也が突き止めた「ホンモノはいない」というメッセージに帰結するかなぁ・・・。ペインの実体がない理由になりそうな予感。

さらにストーリー的には自来也も輪廻させられちゃうのでは?などと思ってしまうわけです。
自来也の死体はあがってないしね。
ストーリーとしてはNARUTOは最終的に誰と闘うのよ?という設定にはペイン化した自来也というわけですな。(ほかの複線については考えないでいると)

まぁ、そんなことを考えて楽しんでいるわけです。
43巻も楽しかったですよ。
カバーの絵がちょいちょいテイストがかわっててイヤなんだけどね。
細いペンのほうがいいよね。


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。