ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

roughtradeのコピー

初めてロンドンに行ったのは、18年前。
ラフトレードにも行った。
当時はアシッドジャズがムーブメントを起していて、すでにシーンを席巻していたしブリットポップもその芽が出ていた頃だったと思う。
そんな中、昼間何処に行くかと言えばレコード屋。

ロンドンの街中を歩きながらCDウォークマン聞くほど余裕はなく、ホテルに帰って横になって聞いていたのはスミス。

Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me

Last night I dreamt
That somebody loved me
No hope no harm
Just another false alarm

Last night I felt
Real arms around me
No hope, no harm
Just another false alarm

So, tell me how long
Before the last one?
And tell me how long
Before the right one?

The story is old - I know
But it goes on
The story is old - I know
But it goes on

Oh, goes on
And on
Oh, goes on
And on


お連れさんと中古の楽器屋行って、物色。
ワタシゃ弾けんがツレはギタリスト。
結局、テレキャス買ったかなぁ・・・。ネック取り替えててかなりアヤしーモノでしたが。

ワタシは古本屋でビジュアル本とかアート本を買いあさった。
FMRとかね。

スポンサーサイト


翼を持つ者は腕を持たない。
音楽の世界を自由に飛び回ったマイケル・ジャクソンはまさに翼を持つ者だったと思う。
翼を持たぬ私たちからすると憧れであった。
私たちが望んでも手に入れられないものでもマイケル・ジャクソンにとっては他愛もないことだった。
私たちにはマイケル・ジャクソンは何ひとつ不自由を感じることもないものに感じられていた。
ガキのころからショービズの世界にいたマイケル・ジャクソンは何を思っていたのか、結局のところ誰にもわからずじまいだ。



マイケル・ジャクソンの功績の大きさは今日以降世界中のメディアが紹介してくれることだろう。
マイケル・ジャクソンの苦悩も絶望も含めて彼の一生が世界中で追悼されるのだろう。
マイケル・ジャクソンとはいったいなんだったのだろう?
私が知っているアメリカはマイケル・ジャクソンの登場とともに変わり始めた。
黒人は映すなといっていたMTVはマイケル・ジャクソンを流すようになった。

今ではアメリカの大統領は黒人だ。
マイケル・ジャクソンは明らかにアメリカという社会を変えた。
当然マイケル・ジャクソンだけが変えたわけではないし、マイケル・ジャクソンもたくさんの人に支えられた。
マイケル・ジャクソンがキング・オブ・ポップといわれるのはマイナーだった黒人でありながらポピュラーになったからだ。
そういう意味でも尊敬に値する。



世界中に喪失感が溢れているように感じる。
でもそれも、マスコミによってひどく汚されているようにも感じる。
いろいろなゴシップにまみれながらも純粋性を失わずにいた。
きっと普通の人とは感覚が違うだけで悪事をしようとはこれっぽっちも思ってない人なんだろうと思っていた。



心から残念に思います。
今となってはマイケル・ジャクソンのボロボロの写真ではなく、いいころの写真で飾ってあげたいと思います

ロンドンでの公演のチケットは払い戻しする人はいないでしょう。
そして当日はその舞台が開き、マイケルが登場するのでしょう。
そう信じています。

ノースマリンドライブ

ネオアコでアンニュイ。リバーブの効いた繊細なギターと、朴訥としたボーカルがからむメランコリックな世界観が、秀逸なジャケットも含めて高い完成度を誇る隠れた名作。

Ben Watt - You're Gonna Make Me Lonesome When You Go

ソウルだとかジャズだとかボサノヴァとかを消化した傑作。
ジャケットのイメージも秀逸で、ワンシーンを切り取ったものでありながらストーリーを穿り返してしまうすばらしいクリエイション。ジャケを眺めつつ聴くがよろしかろう。

the_perfect_kiss3のコピー

パーフェクト・キス(The Perfect Kiss)とはニュー・オーダーが1985年に発表したヒット曲である。この曲が出るまで、かれらはシングルとして発表された曲をアルバムに収録する事はなかった(US盤の「Power, Corruption & Lies」に「Blue Monday/The Beach」が収録されている例外もある)。アルバム『ロウ・ライフ』収録。全英チャートで33位を記録。

この曲には(ライブ版以外の)バージョンが3つある。1つは最初に発表された12inchで、リズムマシンのパーカッションから始まり、フッキーのベースソロが絡むイントロが特徴的なもの。2つめは前述のアルバム、他ベストなどに収録されているもので、12inch版を編集してつくられたと類推されるもの。このバージョンでは大サビの部分が丸々カットされているというおよそ考えられない編集がされており、(編集部分をよく聞くと大サビに入る部分が一瞬残っている。)その部分の歌詞にこそ、「Perfect Kissとは?」というこの曲のテーマが説明されているので、アルバムしか聞いた事の無いリスナーとシングルも聞いた事のあるリスナーではこの曲に対する印象も大分違う。3つめは彼らの第一期とも言われる「True Faith」を発表するまでのシングルを集めた『サブスタンス』というアルバムに収録されているバージョンで、最後のフッキーのベースソロの部分のバッキングのシンセサイザーのリフが、12inchで発表された最初のバージョンとは異なっているものである(12inchではシンセのリフパターンは2つあるが、『SUBSTANCE』のバージョンでは同じリフが続く)。また曲の途中でカエルや羊の鳴き声が聞こえる。

現在、12inchバージョンが収録されたCDはオフィシャルでは存在せず(「SINGLES」に収録の物はアルバムバージョンである)このバージョンを聴くにはアナログの12inchを捜し求めるしか方法がない。

プロモーションビデオはジョナサン・デミ監督で、他の曲のユニークなものとは異なり、最初から最後までスタジオでメンバーが演奏するという内容である。前述の12inchバージョンを演奏している。なおスタジオの壁にはジョイ・ディヴィジョンのポスターが貼られているのがわかる。

ファンからの人気が非常に高い曲であるにもかかわらず、1998年の活動再開以降からは全くライブで演奏されていなかったが、2006年に入ってから再びセットリストに取り上げられるようになり、「ブルー・マンデー」とともにライブのハイライトを飾っている。


New Order-Perfect Kiss

I stood there beside myself
Thinking hard about the weather
Then came by a friend of mine
Suggested we go out together
Then I knew it from the start
This friend of mine would fall apart
Pretending not to see his gun
I said let's go out and have some fun

I know you know
We believe in a land of love
I know you know
We believe in a land of love

I have always thought about
Staying here and going out
Tonight I should have stayed at home
Playing with my pleasure zone
He has always been so strange
I'd often thought he was deranged
Pretending not to see his gun
I said let's go out and have some fun

I know you know
We believe in a land of love
I know you know
We believe in a land of love

New Order--"The Perfect Kiss" (Unedited 12" Single 8:48)

New Order - The Perfect Kiss

U2のコピー

最近、自分がどうもデザイナーであることを忘れがち。
ていうのもヒトを使わないといけないので、あまり突っ込んではいけないだろうと。
で、どうなったかといえばワタシが怒られる。
下の子の成長を願いつつも、どうにもならないデザイン画を見るのは大変な苦行だ。
いっそのことココはこう!ココはこうして!って今言おうかもうちょっと待とうかで言うタイミングを逃し、事態は悪くなる一方だ。
知ったヒトも見ているので、あまり愚痴ばっかり垂れ流しているとよくないのでこの辺にして。

自分を見失わないグレートな人たちの新譜がそろそろ登場ですね。
実に楽しみ。

2月25日に日本盤のリリースが決定している、U2の4年半ぶりのニュー・アルバム『No Line On The Horizon』。そのトラックリストほか詳細が遂に明らかとなった。
 
 以前もこちらのニュースでお伝えしたように、CDとアナログ版、3種類の限定盤という全5ヴァージョンでのリリースが決定している本作は、長年のコラボレーターであるブライアン・イーノとダニエル・ラノワをプロデュースを担当。先行シングル“Get On Your Boots”を含む全11曲が収録となる。さらに日本盤の通常盤にはボーナストラックが1曲追加される予定。また、ジャケット写真には日本人カメラマンの杉本博司による作品が用いられており、こちらも併せて話題となりそうだ。
 
 先行シングル“Get On Your Boots”は本日より全国のラジオでオンエア解禁となっているので、彼らの最新サウンドをいち早く聴きたい人は忘れずチェックしよう。



U2 - Get On Your Boots

すでにラジオではばんばん流れていて、カッコイイっす。
いやぁ――なんか、アタラシクない?
ってカンジの懐かしいような斬新な・・・とにかくいいのだ。

47dfe98d9bfd2のコピー

8O.O

東京FMでもNO.1
今聴けば衝撃的ですよね!
の、NATTY。
言わずもがな。なんですが、まずは聴け!

Badman (official video)

な?
いいんですよ・・・・。

Natty-Man-Like-I-438964のコピー

久しくなかったアレステッド以来の感覚。
アコースティック感覚とサンプリングセンスが融合したナマ音!
いいよねぇ~。

NATTY: BADMAN

一発屋の香り。ぷんぷん匂いますが・・・。
いいでしょう。
USのマーケットはアイデアとインパクト。
グラミー賞の過半数をイギリス勢に占められた現実を映す鏡としてもわかりやすいかな。

それでも、だけども・・・、
キャッチーってだけで喰えるんだよ。

アイデアの勝利についての確信とUSのマーケットの単純さを哂う一曲。
ご堪能あれ!

050313_atdiのコピー

ワタシが切望しながら叶わない願いのひとつ。
空耳アワー(タモリ倶楽部)のDVD化。
いままでにもビデオにほぼ毎週こつこつと溜め込んだりして・・・。
いまほどインターネットをありがたく思ったことはないし、YOUTUBEってすばらしく思ったことは無い。

どどどど童貞ちゃうわ!

at the Drive-in の Sleepwalk Capsulesという曲。
コレだけ笑える空耳はそうない。
(アニキの位牌とか・・・。バケツリレー!水よこせ!とか)
シチュエーションの勝利。
童貞ではないと主張したい童貞の緊張感が伝わる逸品。

ホントはこういう曲。

At The Drive-In - 06 - Sleepwalk Capsules

自分が童貞だった頃どうだったかなぁ~。
どんな気持ちで毎日過してただろう?
もう思い出せないくらいジジイになってしまいました。
でも、髪の毛は長いしウェーヴかかってるし、ひげ面だし、ブーツ履いてるし、シングルライダースなんかも着てたり・・・。落ち着かない今年四十歳。(笑)

keith×LV

ルイヴィトンのセンスのよさというか横綱相撲。
こうきちゃぁ誰も敵わんだろうという最強の取り合わせ。

Making of video Louis Vuitton Keith Richards

強烈な個性のぶつかりあいがいいよ。
ルイヴィトンはかばん。
ただのカバン。
誰が持ってもいいんですけどね、こういうのを見せられるとねぇ・・・ヤラレたってカンジで。



疲れてるときにはコイツラ!

Fishbone-live Wetlands NYC 11.9.01

とにかく爆裂!

まぁ、それだけ疲れているとそういうわけです。

クリスマスのコピー

さて、メリークリスマスだす。
クリスマスってのも不思議なモンで、毎年毎年クリスマスソングが出てくるんですがよりよいものは来年に引き継がれるというスバラシイシステム。
おかげでクリスマスソング一発あてると毎年ある程度の収入は期待できると。

それにしても今年は異常に忙しくってクリスマス気分も出ないし、年末気分も湧いてこない~。ただただ年末業務に年度末業務の忙しさが増えたような・・・。
なんでかなぁと思いきや、決算期が12月に変わっていたのが原因。
忘年会にプラスして送別会がぁ~・・・。
必然的に時間がなくなっているなかでの業務。絶望的に忙しいです。

というわけで、無理やり気分をクリスマスにしてみようかと。

クリスマスディーン

マズ最初。
ディーン・マーティン。
特にクリスマスソングって訳ではないけれど、なぜかそのカテゴリーに。ラッキーですね。
ワタシの中での認識はダイハード2でのエンディング。
そのシーンがある限り、延々と再生産される雪ののクリスマスシーン。晴れ晴れとしたカンジで好いんですよねぇ~。

"Let it Snow!", Dean Martin


Oh the weather outside is frightful
But the fire is so delightful
And since we've no place to go
Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!

It doesn't show signs of stopping
And I've bought some corn for popping
The lights are turned way down low
Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!

When we finally kiss goodnight
How I'll hate going out in the storm!
But if you'll really hold me tight
All the way home I'll be warm

The fire is slowly dying
And, my dear, we're still goodbying
But as long as you love me so
Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!

外はひどい天気だけど
暖炉は心地よい
どうせ行くところもないから
どんどん雪が降ればいいね

止む気配がないけど
ポップコーンを作ろうと持って来たんだ
部屋も暗くしてるから
どんどん雪が降ればいいね

ようやくさよならのキスをする時
嵐の中へ出て行きたくないよ
ギュッと抱きしめてくれたら
家に着くまで暖かいよ

暖炉の火もゆっくり消えているのに
二人はまださよならをしている
あなたがこんなに愛してくれるなら
どんどん雪が降ればいい!


いいかんじでした。
ウチにあるクリスマスCDコンピのスタートはコレでした。
ビンク・クロスビーとかね(笑)


マライアキャリー

コチラに関しては、トレンディードラマ(笑)「29歳のクリスマス」からですかね・・・(笑)
この冬も東京エリアでは再放送してたみたいですよね?ワタクシは見てないけど。
ウチのオクサマの一番盛り上がる曲らしい。コレがないとクリスマス気分にならないらしいデス。
あのイオンでフッフー♪の山口智子の出世作!
鎌田敏夫サイコー!なスピード感そしてテンポのよさ。
惜しむらくはコレ以降松下由紀にハマり役がこないことでしょう・・・残念。

All I Want For Christmas is You (Black and White)


All I Want For Christmas Is You /Mariah Carey

I don't want a lot for Christmas
There is just one thing I need
I don't care about the presents
Underneath the Christmas tree
I just want you for my own
More than you could ever know
Make my wish come true oh
All I want for Christmas is you

I don't want a lot for Christmas
There is just one thing I need, and I
Don't care about the presents
Underneath the Christmas tree
I don't need to hang my stocking
There upon the fireplace
Santa Claus won't make me happy
With a toy on Christmas day

I just want you for my own
More than you could ever know
Make my wish come true
All I want for Christmas is you

I won't ask for much this Christmas
I won't even wish for snow, and I
I just wanna keep on waiting
Underneath the mistletoe

I won't make a list and send it
To the North Pole for Saint Nick
I won't even stay awake
To hear those magic reindeer click

'Cuz I just want you here tonight
Holding on to me so tight
What more can I do
Oh, Baby all I want for Christmas is you

All the lights are shining
So brightly everywhere
And the sound of childrens'
Laughter fills the air

And everyone is singing
I hear those sleigh bells ringing
Santa won't you bring me
The one I really need
Won't you please bring my baby to me quickly

I don't want a lot for Christmas
This is all I'm asking for
I just wanna see my baby
Standing right outside my door

I just want you for my own
More than you could ever know
Make my wish come true
Baby all I want for Christmas is you

All I want for Christmas is you, baby (repeat)


この際、マライアキャリーのハナシは於いておいて「29歳のクリスマス」ネタはどうよ?

山口智子主演の名作「29歳のクリスマス」。

ケンちゃん(柳葉敏郎)どうよ?だめだろう!その調子じゃぁだめだぁ!と絶叫したくなるような鈍感さ!だったなぁ・・・。なんて。


いまさら・・・(苦笑)


クリスマス

御大のネタはどうだ?
実はこのお方、あんまり好きではない。なぜだか。
クリスマスっぽいのはわかるし気分も出るんですが、なんかあからさまにってなカンジがどうもね。好みじゃないんですよ。

Wonderful ChristmasTime - Paul McCartney (HQ Audio)


The moon is right
The spirits up
We're here tonight
And that's enough
Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime

The party's on
The feelin's here
That only comes
This time of year

Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime

The choir of children sing their song
Ding dong, ding dong
Ding dong, ding Ohhhh
Ohhhhhhh

Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime

The word is out
About the town
To lift a glass
Ahhh don't look down

Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime

The choir of children sing their song
They practiced all year long
Ding dong, ding dong
Ding dong, ding dong
Ding dong, ding dong

The party's on
The spirits up
We're here tonight
And that's enough

Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime

The moon is right
The spirits up
We're here tonight
And that's enough

Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime
Simply having a wonderful christmastime

Ohhhhhhhhh
Christmastime


わかる?
プロモーションビデオのカメラに向く感じ!
なんか、ショーマンだなぁあっておもってしまうんだよねぇ。
ああ、ロックな反骨精神を忘れないワタシ(笑)

バンドエイド

バンドエイド・・・。
決してクリスマスのための歌でもない。
かといって、クリスマス以外の時期に聴く気がしない・・・。

Do they know it's christmas

バンド・エイド(Band Aid)はイギリスとアイルランドのロック/ポップス界のスーパースターが集まって結成されたチャリティー・プロジェクト。1984年、エチオピアで起こった飢餓を受け、発起人のボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロにより書かれた「Do They Know It's Christmas?(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)」を12月3日にリリースし、大きな成功を収めた。

そうそう、この辺まではよかった。
すげぇ―――!さすが、イギリス(なんでか知らんがその頃はイギリス人のスケール感は尊敬していた。)!と思ったものでした。

これに触発される形でアメリカではUSAフォー・アフリカが結成され、ライヴエイドなどへとつながる一連の大チャリティー・ブームを巻き起こした。

コイツラ(↑)が、なんだか台無しにした感があるよ―――!
なんかお涙頂戴的な演歌調のを持ってこられたのでね。当時中学生だったボクはさめちゃったんだよ。当時はアメリカ大嫌いだったし。

ライヴエイド(LIVE AID)は「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を、目的として行われた、20世紀最大の「チャリティー・コンサート」。「1980年代のウッドストック」とも、一部でいわれていたが、その規模をはるかに超越したものとなった。2004年にDVDとして発売された。

結局買わずのDVD。
そのうち買うかも。な微妙な一品。

It's Christmastime; there's no need to be afraid
At Christmastime, we let in light and we banish shade
And in our world of plenty we can spread a smile of joy
Throw your arms around the world at Christmastime
But say a prayer to pray for the other ones
At Christmastime

It's hard, but when you're having fun
There's a world outside your window
And it's a world of dread and fear
Where the only water flowing is the bitter sting of tears

And the Christmas bells that ring there
Are the clanging chimes of doom
Well tonight thank God it's them instead of you
And there won't be snow in Africa this Christmastime

The greatest gift they'll get this year is life
Oh, where nothing ever grows, no rain or rivers flow
Do they know it's Christmastime at all?

Here's to you, raise a glass for everyone
Here's to them, underneath that burning sun
Do they know it's Christmastime at all?

Feed the world
Feed the world

Feed the world
Let them know it's Christmastime again
Feed the world
Let them know it's Christmastime again


それにしても、すごいよね。
なにがすごいって、いまだに現役のヒトが多いってとこよ。

フィル・コリンズ(ジェネシス)
ボブ・ゲルドフ、サイモン・クロウ、ピート・ブリケット、ジョニー・フィンガーズ(ブームタウン・ラッツ)
スティーブ・ノーマン、マーティン・ケンプ、ゲイリー・ケンプ、ジョン・キーブル、トニー・ハドリー(スパンダー・バレエ)
ミッジ・ユーロ、クリス・クロス(ウルトラヴォックス)
ジョン・テイラー、サイモン・ル・ボン、ロジャー・テイラー、アンディ・テイラー、ニック・ローズ(デュラン・デュラン)
ポール・ヤング
グレン・グレゴリー、マーティン・ウェアー(ヘヴン17)
マリリン
カレン・ウッドワード、サラ・ダリン、シボーン・ファーイ(バナナラマ)
ジョディ・ワトリー(シャラマー)
ボノ、アダム・クレイトン(U2)
ポール・ウェラー(スタイル・カウンシル)
ジェームス・"JT"・テイラー、ロバート・クール・ベル、デニス・トーマス(クール&ザ・ギャング)
ジョージ・マイケル(ワム!)
フランシス・ロッシ、リック・パーフィット(ステイタス・クオー)
ボーイ・ジョージ、ジョン・モス(カルチャー・クラブ)
スティング(ポリス)
デヴィッド・ボウイ
ホリー・ジョンソン(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)
ポール・マッカートニー
スチュアート・アダムソン、ブルース・ワトソン、トニー・バトラー、マーク・ブレゼジッキー(ビッグ・カントリー)
トレヴァー・ホーン(プロデューサー)


それでも随分なつかし名前になってしまったもんです。


ウォーイズオーバー

ジョンレノンで一発。
そのうちもっぺん取り上げますが(用意中)、クリスマスにちなんで。

Happy Xmas (War Is Over) - John Lennon

Say you're looking for a place to go
Where nobody knows your name
You're looking for oblivion
With one
Eye on the Hall of Fame

I don't wanna face it oh no
I don't wanna face it no no no no
Well I can dish it out
But I just can't take it

Say you're looking for some peace and love
Leader of a big old band
You wanna save humanity
But it's people that you just can't stand

I don't wanna face it oh no
I don't wanna face it no no no no
Well I can sing for my supper
But I just can't make it

Well now you're lookin' for a world of truth
Trying to find a better way
The time has come to see yourself
You always look the other way

I don't wanna face it oh no
I don't wanna face it no no no no
Well I can see the promised land
And I know I can make it!

I don't wanna face it I know
I don't wanna face it oh no
I don't wanna face it oh no
I don't wanna face it

I don't wanna face it

I just can't face it no more
Every time I look in the mirror
I don't see anybody there


なんていうか、戦争反対っていうのが流行だったんですよ。
当時は。
これはファッションであり、アートなんです。
今的な意味でのパフォーマンスではないんです。真剣ですから。
要はおめでたい連中が沢山いたということです。昔はね。


クリスマスラスト

で、トドメはワム!か・・・。
高校生の頃でしたか?(昭和44生まれの方)
コレ以降ゲレンデはこのシーズン延々この曲ばっかりでしたよね(笑)
なんか、プロモーションビデオもロングバージョンとかあったりして、照れますよこのビデオは。
気恥ずかしいです。ローマンス過ぎます。

Last Christmas - Wham -

merry christmas

Chorus

Last Christmas I gave you my heart,
But the very next day,
You gave it away, (you gave it away)
This year, to save me from tears,
I'll give it to someone special, (special)

REPEAT

Verse 1

Once bitten and twice shy,
I keep my distance but you still catch my eye,
Tell me baby, do you recognise me,
Well, it's been a year, it doesn't surprise me.

Happy Christmas,
I wrapped it up and sent it,
With a note saying "I love you",
I meant it,
Now I know what a fool I've been,
But if you kiss me now,
I know you'd fool me again.

Chorus

Last Christmas I gave you my heart,
But the very next day,
You gave it away (you gave it away),
This year to save me from tears,
I'll give it to someone special (special).

Repeat

Oh, Oh Baby.

Verse 2

A crowded room, friends with tired eyes,
I'm hiding from you and your soul of ice,
My God I thought you were,
Someone to rely on,
Me, I guess I was a shoulder to cry on.

A face on a lover with a fire in his heart,
A man undercover but you tore me apart,
Oooh Ooh,
Now I've found a real love,
You'll never fool me again.

Chorus

Last Christmas I gave you my heart,
But the very next day,
You gave it away (you gave it away),
This year to save me from tears,
I'll give it to someone special (special).

Repeat

Face on a lover with a fire in his heart,
A man undercover but you tore him apart.

Maybe next year.

I'll give it to someone,
I'll give it to someone special .
Special...
Someone...


こうしてみるとシャンシャンと鈴がなってないとだめですかね?
あとチーンって鳴るベルのような楽器?オルゴールっぽいのとか?

みなさんよいクリスマスを。






| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。