FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
220px-Kurt_courtney.jpg


It`s better to burn now than to fade away
衰え消えて行くより今燃え尽きる方がいい・・・・。
ニール・ヤングの歌詞より引用。

1994年、ショットガンで頭を撃ち抜いて自殺。

『あの子は愚か者のクラブに仲間入りしてしまった』
と母は嘆いた。

スポンサーサイト



ALESSI.jpg


ALESSIのワインオープナー。
かわいらしいカタチ。
こういったのがあると家の中の他のデザインと喧嘩するか?
それか、こうしたデザインモノが次第に集まっていくとゴチャゴチャするか?
と、危惧するも『意外と』すんなり収まる。

機能上の問題なし。
非常に使いやすい。
コルクの粉もボトルの中には落とさない。
※まっすぐコルクに入るし、まっすぐコルクを抜く。スクリューはかなり鋭利にできてある。

かなり愛しちゃってます。
デザインはアレッサンドロ・メンディーニ(1931)

Alessandro Mendini (born 1931 in Milan) is an Italian designer and architect. He played an important part in the development of Italian design. He also worked, aside from his artistic career, for Casabella, Modo and Domus magazines. In the seventies he was one of the main personalities of the Radical design movement. In 1979 he joined the Studio Alchimia as a partner and here he worked with Ettore Sottsass and Michele De Lucchi.

As architect, he designed several buildings; for example the Alessi residence in Omegna, Italy; the theater complex "Teatrino della Bicchieraia" in the Tuscan city of Arezzo; the Forum Museum of Omegna, Italy; a memorial tower in Hiroshima, Japan; the Groningen Museum in The Netherlands; the Arosa Casino in Switzerland.

He has been awarded several international prizes, including the Compasso d'oro in 1979 and in 1982. He holds an honorary title from the Architectural League of New York as well as the title of "Chevalier des Arts et des Lettres" from the French Republic.



20060912222455.jpg


絵が好き。
大変キレイで丁寧。
ストーリーはサッパリ先が読めない。
人格が移動できるシステムにもうひとつ納得がいかないのですっきりしない。
『目玉』のバーコードぐらいまでは意外とすんなり肚にはいった。
ルーシー・モノストーンはカッコ良さそうだ。
あんなカンジは嫌いではない。
単行本化が遅く次が出るまで大変いらいらする。
でたらでたで前の話を覚えていない。
非常につらい。
でも
たのしみ。出たら買う。

timezone.jpg


ヒップホップの重要人物アフリカ・バンバータ。
ボクが最初にFMで聴いた『ラップ』はRUNDMCとタイムゾーン。
たぶん中学生だったとおもうけど、その後RUNDMCはすぐ手に入ったけどタイムゾーンはそのエアチェックのテープしか手に入りませんでした。

Time Zone featuring Afrika Bambaataa & John Lydon - World Destruction

コレを聴かずにヒップホップは語れないし、ジョンライドンの多様性(っていつもと同じ歌声だけど音楽の興味)が激しく広がった時期のこのタイムゾーンは聞き逃してはなりません。

Time Zone was a hip hop band headed by Afrika Bambaataa. Bambaataa worked with different musicians for each Time Zone project.

The first Time Zone single was the 1983 electro song "The Wildstyle" which featured music from a German project called Wunderwerke. Bambaataa was introduced to their music by Rusty Egan of Visage. The song became very popular among breakdancers at the time.

In 1984, Time Zone released their most well-known single, "World Destruction". A collaboration between Bambaataa, Public Image Ltd. leader John Lydon, and producer/bassist Bill Laswell, this single is the first real rapcore song; predating Run-DMC and Aerosmith's "Walk This Way". The single was arranged by Laswell after Lydon and Bambaataa had acknowledged respect for each others work:


Afrika Bambaataa: "I was talking to Bill Laswell saying I need somebody who's really crazy, man, and he thought of John Lydon. I knew he was perfect because I'd seen this movie that he'd made (Copkiller), I knew about all the Sex Pistols and Public Image stuff, so we got together and we did a smashing crazy version, and a version where he cussed the Queen something terrible, which was never released."
John Lydon: "We went in, put a drum beat down on the machine and did the whole thing in about four-and-a-half hours. It was very, very quick."




200px-Secret_Messages.jpg


エレクトリックライトオーケストラ。
エレクトリックと言いながらこの頃には、もっとエレクトリックな音が普通になっていたので『何でやねん!』的なツッコミをした。
とはいうもののメロディーのつくりはサイコーで、スケール感のある壮大な曲なんかなかなか出来るもんではない。
いまオペラ的なロックを作るヒトも少なくなったし(ダイイチ流行んないし)。
ELO - Secret Messages

そんななかで時々生まれるロックオペラなヒト。最近では“GAIA"なんかがその部類か?全部自分でやっちゃう天才なんかは時々出てきますね。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Design without design, All rights reserved.