FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
top_alemannia_profis.jpg


1900年に成立したFCアレマニア・アーヘン(FC Alemannia Aachen)が現チームの起源となる。ブンデスリーガ発足後は、1968年から1969年にかけてのシーズンで準優勝を果たした。しかし、翌年に突然失速して2部リーグに降格してしまった。その後、リーグの制度変更があったものの、ほぼ20年間2部リーグに在籍した。1990年にさらに降格したが、1999年に2部へ復帰した。

国内のカップ戦(DFB-Pokal)では、3度の準優勝を果たしている。近年でも、2004年に、ブンデスリーガ2部のチームでありながら決勝戦に進出した。決勝でヴェルダー・ブレーメンに2対3で敗れたものの、この活躍はサポーターを大いに喜ばせることになった。

04-05シーズンはDFB-Pokal準優勝で得られたUEFAカップ出場資格を引っ提げ(優勝したヴェルダー・ブレーメンがチャンピオンズリーグの出場資格を既に得ていたため)2部所属のチームとして唯一UEFAカップのベスト32まで勝ち抜く快挙を成し遂げ、このシーズンでの1部復帰こそ逃したもののクラブが上昇気流に乗りつつあることを示した。そして05-06シーズン、4月16日に36年ぶりの1部復帰を決めた。


スポンサーサイト



20061006083253.gif


北京 5日 ロイター] 中国の福州で、銃による傷害事件で指名手配され、自宅の裏に掘った洞窟に8年間隠れていた男が自首した。新華社通信が5日、報じた。
自首したのは劉勇(35)。劉は自宅の寝室裏にある丘にトンネルを掘り、入り口に洋服ダンスを置き、カモフラージュしていた。

劉は昼間は自宅に戻って読書、洗濯をしたり、テレビを見たりしていたが、夜はトンネルに戻っていた。
妻には借金取りから隠れていると説明していた。

新華社によると、劉は銃で人を撃った罪で告発されているというが、詳細には触れていない。
劉はもうこれ以上「心理的圧迫」に耐えられないとして自首したという。
劉の共犯者にはすでに死刑の判決が下されている


逃げようと思えば、あんなに国土が広いのに、自宅に穴掘って自滅。
それにしても8年間ってすごい。ガッツがあるよ。
死刑かもしれないのに出て行くなんて、よっぽど外国へ逃亡したほうがいいんじゃない?死刑覚悟なら・・・。


England.gif


ますます母親に似てきた。
人気があるのもわかる。相対的にオヤジの人気を下げてるからチャールズも苦々しく思っていることだろう。
日本では多分ウケる顔。ダイアナフィーバーならぬウィリアムフィーバーの日も近い。ワイドショーあたりで連日の特集だろうな。

アタマのほうもよろしいようで、チャールズ飛び越えて王様になるといいとも思う。カミラと二人でしずかに暮らすってのもイギリスっぽくっていいんじゃないか?


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Design without design, All rights reserved.