FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
PNVD_bestuur.jpg


慈善・自由・多様党(Partij voor Naastenliefde, Vrijheid & Diversiteit。略称: PNVD)
党首はMarthijn Uittenbogaard (1972年4月21日 - )は、オランダ・ライデン市出身の政治家。慈善・自由・多様党党首。(写真左)
1972年4月21日生まれ。
平たく言うと、この人たちは子供とセックスし獣姦をしたいのだと。
或いはそういうものを認めるのだと・・・。
病んどる。本当に病んどる。

[アムステルダム 5日 ロイター] 来月に予定されているオランダ総選挙に出馬するため、オランダの小児愛者たちが政党を結成したが、どうやらそれまでに国民から十分な支援を得ることが難しくなっているようだ。
話題となっているのは「The Brotherly Love, Freedom and Diversity party (PNVD)」という名前の政党。総選挙に出馬するには10月10日までに570名の署名を集めなければならないが、同政党の広報担当者は「ちょっと無理かもしれません」とロイターに語った。

PNVDは5月にできた政党で、セックスが合法となる年齢を16歳から12歳に引き下げる、児童ポルノや動物とのセックスを合法化する、などの項目を主張している。これにはオランダ国内のみならず、海外からも批判の声が上がった。
同政党はウェブサイトで支援者を募っている。当初は100名以上が署名していたが、すでに何名かがサポートできないとして抜け出してしまった。
広報担当者は水曜日、「昨日、党首の家の窓が割られる事件がありました。同じ目にあうのを皆さんは恐れているのでしょう」とコメント。
7月には児童保護団体などが「小児性愛者の政党を禁止してほしい」と訴えたが、裁判所は「民主主義のルールで政党は保護されている」としてこの訴えを退けた。


狂っとる・・・オランダは狂っとる・・・。
そんなのを民主主義で保護するとは・・・。バカもいきつくとこまで・・・。

スポンサーサイト



20061009170534.gif


痔の薬はまぶたの腫れをひかせるのか?

ドイツの製薬会社「シエーリング」が木曜日、痔の治療用クリーム(ヘモロイドクリーム)を顔に塗らないようにと消費者に呼びかけた。

ある男性スタイリストがノルウェーのテレビで、「多くの写真モデルが目の腫れを取り除くために、朝起きると痔の治療用クリームを顔に塗っている」と話したことが原因で、薬局での同クリームの需要が拡大、シエーリング社が広く注意を呼びかけるに至った。

同社は声明で「痔の治療を目的とした薬品であり、化粧品ではありません。特に目に入った場合は危険です」と発表している。また、問題となっている痔治療用クリーム「Scheringproct」の注意書きには、「痔の治療専用のクリームです。肛門の周りに塗って使用してください」と書かれているという。


英語やドイツ語で商品名が書いてあったらまぶたにも塗れるかもしれん。
しかし・・・
この商品名で・・・
まぶたには塗れんだろうな。
ってゆ――か、持ち歩きたくね――し、家にも置きたくね――。

Ganja.jpg


マリファナはいけません。
麻薬です。
麻薬はいけません。
止めましょう。

でも病人には別です。少しでも希望があるのなら賭けてみましょう。
本人にはこれは『希望』です。

422px-MichaelBloomberg.jpg


ユダヤ系アメリカ人。
どうなんでしょう?大統領も狙っているのか?
初のユダヤ人大統領に?

ソロモン・ブラザーズ証券の元トップディーラーであり、金融、ビジネスの巨大情報プロバイダ「ブルームバーグ」の創始者。

ニューヨークのバー、レストランでの禁煙を全面禁止にした男。
『迅速に禁煙促進活動を実施しないと21世紀に10億人が喫煙で死亡してしまう』
と自分もヘビースモーカーだったくせに。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Design without design, All rights reserved.