ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Voguem.gif


画像もいいですけど、テーマが良かったですよね。
VOGUEがダンスになるとは思いませんでした。
一世を風靡したヴォーギングですが、今はもう昔といった趣。
こういったものは栄枯盛衰だなぁなんて思いにふける今日この頃。

Madonna - Vogue

スポンサーサイト
20070425194354.gif


ジャーナリストの高木一臣さん。現在、アルゼンチンで邦字新聞『らぷらた報知』の編集長をされている方ですが、昭和二十六年、大学を卒業して二十六歳でアルゼンチンに渡ったときは、スペイン語がうまくしゃべれませんでした。
 
当時、無一文だった高木さんは、無料の国立夜間小学校に通うことにしました。 その学校での歴史の授業のときでした。歴史の先生は「○○、前に出ろ」と生徒を指名して教壇に呼び出して、復習してきたかどうかを確認します。

 高木さんも呼ばれました。ところが、高木さんのときには、こういいました。

「『日出づる国』の生徒よ! 前に出ろ」
 高木さんはいいました。
「先生、『日出づる国の生徒よ』という呼び方はやめてください」
「なぜだ?」

「先生、太陽は落ちたんです。日本はもう『日出づる国』でなくなったんです」
「君が『太陽は落ちた』というのは、日本が戦争に負けたからなのか」
「そうです」

「君は間違っている! 日本が『日出づる国』であるのは、戦争に強かったからではない。
 日本はアジアで最初に西洋文明を採り入れて、わがものとし、世界五大強国の仲間入りをした。
 『西洋文明』と『東洋文明』という全く異質の文明を統一して、一つの世界文明を創り上げる能力をもった唯一の国だ。この難事業をやり遂げたのは、日本をおいて他にない。
日本がこの能力をもち続ける限り、日本は『日出づる国』であるのだ。
戦争の勝ち負けなどという問題は『西洋文明』と『東洋文明』の統一という大事業の前には、 取るに足りないことだ。君は日本が戦争に負けたからといって、卑屈になる必要はゴウもない。
俺は『日出づる国』の人間なのだという誇りと精神を失わず、胸を張って歩きたまえ」

異国の先生から、こんな言葉を聞こうとは――。
高木さんは、このとき溢れる涙を抑えきれなかったそうです。

20070427225930.gif


コーカサスオオカブトより繁殖が容易で、生息数も多い割には熱帯を思わせるいかにも強そうな外見を持ち合わせており、外産カブトムシの入門種として人気がある。

カブトムシの博覧会みたいな子供のための展示があれば、さいきんおおいのはアトラスオオカブト。
なんでかなぁ、と思っていたらそういう理由だったのか。
息子よりお母さんのほうが欲しがった逸品(笑)
我が家のベランダでは いま、カブトムシの幼虫が十数匹蠢いています。去年のかぶちゃんの子供で、アトラスではない(笑)

20070425125452.gif


謙虚でいられない朝鮮民族の中から聞こえた謙虚な声であり、率直に素直に自国の歴史を見られない盲目の朝鮮民族から聞こえたしっかりと歴史を見据えた発言であり、褒められた過去じゃないにせよ悪いものは悪いとはっきりと確認し未来を志向する指導者の発言を見つけた。

我が五千年の歴史はひと言でいって退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった。いつの時代に辺境を超え他を支配したことがあり、どこに海外の文物を広く求めて民族社会の改革を試みたことがあり、統一天下の威勢でもって民族国家の威勢を誇示したことがあり、特有の産業と文化で独自の自主性を発揮したことがあっただろうか。いつも強大国に押され、盲目的に外来文化に同化したり、原始的な産業のわくからただの一寸も出られなかった。
「われわれのもの」はハングルのほかにはっきりとしたものは何があるか。 我々はただ座してわらを編んでいただけではなかったか。自らを弱者とみなし、他を強大国視する卑怯で事大的な思想、この宿弊、この悪い遺産を拒否し抜本せずには自主や発展は期待することは出来ないであろう。
以上のように我が民族史を考察してみると情けないというほかない。全体的に顧みるとただ唖然とするだけで真っ暗になるばかりである。このあらゆる悪の倉庫のような我が歴史はむしろ燃やして然るべきである。


『朴正熙選集』-我々は今何をいかになすべきか- 




P11153V17WI.gif


「屈折する星屑の上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」

ゲラゲラゲラ!
かのジギースターダストも発売当時(そのジギー・スターダストという架空の人物という)コンセプトが理解されずにこんな邦題がついたそうだ。

David Bowie Rock N Roll Suicide 1973 Promo

David Bowie "Rock'n' Roll Suicide Stage Act"

このアルバムの中ではワタクシはコレがベスト。

20070426224016.gif


息子が野球とサッカーが好きなようです。
どちらが好きかは本人もまだよく分からないようで、そのあたりはどっちでもいいんですが、真剣にやってほしいなぁと。途中で投げ出さないようにようにしてほしいなぁなんて・・・。

イチロー曰く、

『野球がうまくなりたいのなら、いい道具を持て、グラブを磨け、宿題をちゃんとやれ。』

『夢や目標を達成するには1つしか方法がない。
小さなことを積み重ねること。』


どのように解らせるかが難しいなぁ。
口で言ってもわからんしな。わかるようにさせないと・・・。

NANSYOU.gif


小籠包の専門店といいながら点心と普通の中華がそろう店。
うまいんだけど高い。
梅田店なんかしょうもないトコに出店してるんで『安い』んかと思いきや、恐ろしくエクスペンシヴ~!
小籠包6個で一番安いので800円~。そうでもないか?レストランだと思えばね・・・。

inoki-2.gif


この道を往けば、どうなるものか。危ぶむなかれ。危ぶめば、道は無し。踏み出せばその道が道となり、その道が道となる。危ぶむなかれ、行けば分かるさ。

いま30代以上の男性なら、猪木の『道』はココロに何らかの形で残っている。(プロレス好きのおっさん以外でもだ)
ほぼ、全員がプロレスを小学生の頃見ていたはず。
いまの猪木の『闘魂注入』とかのネタにしても、その文脈があってこそ。
その猪木の〆の言葉が上の『道』だ。

アントニオ猪木、引退の挨拶「道」


20070426224113.gif


ワタクシも中学・高校とバスケットをしており、当時県下で一番平均身長が低い(かったと思う)チームだった。
レベル的にはベスト8で毎回同じチームにあたり負けるという屈辱。
特にセットで外からのシュートが強いチームが苦手だったなぁ。

というわけで、バスケットボールネタ。
NBAについては現役時代、殆ど意識してませんで、ていうかレベルが違いすぎて参考にならんと・・・。時代的には中学の頃は『マジック・ジョンソン』、『アイザイア・トーマス』・・・練習前に遊びでノールックパスなんかしてたけど、練習中にやると怒られる、そんな時代。(高校の頃にはそれは起こられるプレーじゃなくなった)高校時代はジョーダン。そしてドリームチーム。大体僕らの頃は衛星放送とかなかったんだよ!

徐々に環境がよくなってNBAのスターのプレーがまじかに観れるようになって『シャック』のころはワリとよく見てたけど、衝撃的だったのがこのヒト。『アレン・アイバーソン』その人だ。

『体のサイズは関係ない。ハートのサイズが大切なんだ。』

かなり背が低く、ドラフト1位指名で最小選手。公式発表では183cmとなっているが実際はもう少し低いらしい。
(実際に彼に会って並んだことがある、NHKバスケットボール解説の塚本清彦はことあるごとに「実際は180cmもない」と述べている。)

The Answer's Rookie Season

そこで、上の発言だ。小さいのはいくらでも要るけど、度胸とクソ根性付きとなるとそうはいない。 そうした心臓は次の発言にも見られる。

『ジョーダンであっても尊敬しない』

さすがに非難を浴びて、

『コート上で尊敬の念を持ちすぎるのはよくない。コートを離れれば尊敬している。』

Allen Iverson - Only the Strong

と釈明、たぶんそういわされてると子だと思うんだけどね。
基本的にはバッドボーイで、育った環境も褒められたもんではない。
それでも、運動神経は抜群でハイスクール時代にはアメリカンフットボールとバスケットでMVPを獲っている。スゲー・・・。
で、全米中の大学からスカウトがきたんだけど、白人学生と黒人学生との県下に巻き込まれて逮捕(のち無罪)で、大騒ぎに。
結局、そういう関係性からは逃れられない運命か?
NBAの選手なんかでも多かれ少なかれこんなもんでしょ?ってトコもありますが。

そんなアイバーソンを専門家はこう解説する。

全身がバネといわれるほど優れた瞬発力の持ち主で、リーグ最高峰のスピードを誇る。加えて現役随一のドリブルテクニックを有しており、前後左右を縦横無尽に超高速移動するドライブは、2m級の選手を一瞬で置き去りにすることは勿論のこと、スピードがあり小回りがきく筈の身長180cm代の選手たちまでも翻弄する。更に、コートのどこからでも決められるシュートレンジの広さ、ヘリコプターショットなどの高度なフィンガーロール、軽々とダンクシュートをこなす跳躍力(高さ)も備える。これらの要素が、身長180cm台の選手としては破格の得点能力(1試合平均30得点前後)を生み出している。
彼のダブルクロスオーバーは、ティム・ハーダウェイが取り入れたキラークロスオーバーとは異なる部分が多い。
フェイントをかける方向のバリエーションや、フェイントの際に体を振る幅の大きさ、ドリブルのバリエーションの豊富さなどは、ハーダウェイのそれを上回る。


Allen Iverson Career Dunk Mix (over 100 dunks)

あ~、俺も高校時代こんなんやったらよかったのになぁ~なんて(笑)

20070410133905.gif


お米に関して・・・。
こないだの『たかじんのそこまで言って委員会』で食糧自給率の話しがあって、自給率を単純に高める為には『減反している田んぼを復活させて』皆がお米を食べるようにすればよいと言ってました。(相変わらず田嶋ヨーコさんはトンチキなことを言ってましたが)
お米が不作だった年にタイからのお米『タイ米』を輸入したこともありましたが、お米を輸入消費することは簡単ではないだろうと。
それはなんで?というわけでちょっと調べてみました。

大きく2種類に分けられる。
①サティバ種(Oryza sativa L.):アジアに起源を持ち、現在、世界の稲作地帯のほぼ全域で栽培。
②グラベリマ種(Oryza glaberrima Steud.):アフリカに起源を持ち、西アフリカのごく一部で栽培。

 
因みにマダガスカルの主食はごはん!
こないだ朝の番組(関西ローカルか?)で白米を食べてるのを見てびっくり。お皿に山盛りのたいたお米を載せてスプーンとフォークで食べてました。マダガスカルのほうでは、かなり新聞に日本のことが載ることが多く、日本の新聞にマダガスカルの記事が載るおよそ300倍の情報がむこうでは流れているようです。

話がそれましたが、その中でサティバ種は3つに分けられると・・・。

①ジャポニカ種(日本型、短粒種)
・・・形が丸みを帯び、炊飯米は粘りがある。日本での生産は、ほぼ全量がジャポニカ種である。主な調理法は、炊くか蒸す。
②インディカ種(インド型、長粒種)
・・・形が縦長で、粘りが少ない。世界的にはジャポニカ種よりもインディカ種の生産量が多い。主な調理法は煮る。
③ジャバニカ種(ジャワ型、大粒種)
・・・長さと幅ともに大きい大粒であり、粘りはインディカ種に近い。東南アジア島嶼部で主に生産されるほか、イタリア・ブラジルなどでも生産される。


ということだそうだ。
なんとなくわかっていたけど、そういうことか。
普通にごはんを食べられる日常が維持できている今は、お昼などにインド料理やらタイ料理を食べて、お米の違いまでしっかりエスニック気分を愉しむんですけど、一日3食エスニックはちょっとかなぁ。

20070423194010.gif


『鏡よ鏡 この世で一番美しい人はだれ?』

いわゆるカルト映画。薔薇の葬列・・・。耽美的な響きとその映像がセンセーショナルだった(アンダーグラウンドで)。1970年ロンドンで上映された『薔薇の葬列』を観たスタンリー・キューブリックが次回作『時計仕掛けのオレンジ』のビジュアルの参考としたともコメントしてたりする。

問題は『美しさ』。
はたして、ピーターが美しいのかなぁなんて。
なんか妙に下膨れなんだけどなぁ・・・。

パゾリーニの『アポロンの地獄』でも描かれたオイディプスの悲劇は、この映画では母を殺した少年がそれと知らずに父と交わるというふうに、舞台を現代に移し関係は反対になる。「倒錯」した世界を舞台にした「倒錯した近親相姦」の世界。しかも「現代のオイディプス」は一国の王ならぬゲイバーの「女王」だ。冒頭にボードレール『悪の華』の一節「われは傷口にして刃、いけにえにして刑吏」という字幕が掲げられるように、ことさらに戯画化されて描かれたこの映画は、悲劇の不可能な時代に突きつけた監督松本俊夫の悪意の刃なのかもしれない。

こうした文学的なオマージュなんかが好きな人にはたまらないんでしょう。わかるヒトにはわかるんでしょう。


800px-JAL_logo.gif


なんでこんなロゴになっちゃったんでしょう?
あまりにもかっこ悪いんじゃないでしょうか?

『The Arc of the Sun(太陽のアーク)』

JALの"A"の上に、"ノ"の字状の円弧が描かれたデザインで、『ジャノル(JAノL)』って言われてるらしいですけど、・・・。それって『じゃあ、乗る?』ってこと?加齢臭が・・・。

デザインはアメリカの大手、ランドーアソシエイツ(Landor Associates)で、1980年代後半の民営化後に導入された旧日本航空グループのロゴも同社が手掛けてるよねぇ・・・。やめてもらったほうが良さそうよ?
ココが手掛けた仕事で最近のといったら・・・。

アペオス(富士ゼロックス)ネーミング
ラゾーナ川崎(三井不動産)ネーミング/デザイン
アテンザ(マツダ)ネーミング
ティーダ|ラフェスタ|オッティ(日産自動車)ネーミング
ソイジョイ(大塚製薬)ネーミング
がすてなーに/ガスの科学館(東京ガス)ネーミング

・・・。ダメダメやん・・・。ベタベタやし・・・。センス悪っ!
でかい会社に頼めばOKっ!っていうスタンスが気に入らない。


ArnoldToynbee1961.gif


アーノルド・トインビー(英国歴史学者)

「第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大な歴史を残したといわねばならない。

その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含ま
れていた国々である。

日本人が歴史上に残した意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかにしたことである。」


(英紙「オブザーバー」1956.10.28)


20070420173411.gif


パンクな印象が大きいこの人たち。そんな中なぜか大好きなこの曲。
いろいろ背景があるみたいです。

「日曜日よりの使者」が作られた経緯として有名なのが、ヒロトが自殺を考えるほど落ち込んでいたとき、ダウンタウンの番組を見て大笑いし、自殺を思い止まった事から生まれた曲、つまり「日曜日よりの使者」とはダウンタウン、若しくは松本人志のことを指しているという説である。曲が作られた当時、日曜日にダウンタウンの番組が2本あったことや、歌詞の「適当な嘘を~」のくだりが松本の芸風に当てはまること、ハイロウズと松本は何かと縁深いことなどから、自然発生的に生まれた説だが、メンバーがこの件に関して言及したことはなく、明確なソースは存在しない。当の松本は、自身のラジオ番組で「よく人に言われるが、メンバーからその話を直接聞いたことはないので判らない」と語っている。しかし、ダウンタウンのガキの使いやあらへんでのトーク内で松本が「あえて名前は伏せるが、あるアーティストが自殺しようとしていたときにたまたまテレビがついていて、ガキの使いを見て笑ってしまった。そのアーティストはそれがキッカケで自殺するのをやめた。」と話していたこともある。このことから、松本はヒロトのことを気遣ってこの話をなるべく隠すようにしているのではないかと推測される。
また、松本が出演したハイロウズのベストのCMで「一番好きな歌は?」の問いに、松本は悩んだ末に「日よ・・・」と言いかけるが、そこでCMが終わる。
ヒロトが私的に懇意としている山本正之の曲「星よりの使者」を引用しているとも言われる。タイトルは元より、歌詞も似ており、ある意味双方の曲がパラレルワールドの存在ともいえる。


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで



20070423193937.gif


バレンシアガ(Balanciaga)は、バスク系スペイン人のクリストバル・バレンシアガ(Cristóbal Balenciaga)によって設立されたファッションブランドである。本社はフランス・パリ。

現在グッチ・グループの傘下であり、グッチは他にもこれ以外に、イヴ・サンローラン、ブシュロン、セルジオ・ロッシなどのブランドがある。グッチ・グループも含め、フランスを本拠地とする流通会社PPR(元Pinault-Printemps-Redoute)の所有となっている。現在のデザイナーは、ニコラ・ゲスキエール(Nicolas Ghesquiere)。


バレンシアガを復活させた立役者・・・ニコラ・ゲスキエール(Nicolas Ghesquiere)。
そのセンスや手腕は疑いのないところだと思うが、どうだろう?トム・フォードらと並べて語ってよいか?
ファッションでごはんを食べてるヒトは常に新しいブランドを探しているわけで、それが古い歴史を持った(=名前の通った)ブランドであれば何でもよかったんではないか?と。
あいかわらずワタシも根性が曲がっています。

パリのビッグメゾンの復活はガリアーノがディオールに入ってから、イタリアではトムフォードがグッチに入って・・・といった流れ。ソノ成功に安心したメゾンはこぞってデザイナー探しにと言った感じで、誰でもよかったんじゃないか?といった感じがあります。


Celtic_FC.gif


まずはシュンスケおめでとうってトコだな。
チームは優勝するし、MVPはもらえるしベストゴールも貰うしでゆうことなしなんだろな。それでもスコットランドでの話しだしなぁ・・・。
マーケットがちっちゃいよ・・・。

それにしてもヨーロッパってトコは民族と宗教が複雑で把握に時間がかかるよ。まったく。

グラスゴーには『グラスゴー・レンジャーズ』と『セルティック』の二つがあって『オールドファーム・ダービー』と呼ばれているんだそうな。
レンジャーズはアングロ=サクソン系で英国国教会派(プロテスタント系)の英国連合を支持する連合主義者 (ユニオニスト)の支持が多く、セルティックはカトリック系でケルト人の末裔であるスコットランド人(ゲール人)の支持が多い。また、同じ背景を持つアイルランドや北アイルランドにも根強い人気。
と、こういう按配だ。
さて、このスコティッシュ・プレミアですが運営は非常に厳しく、イングランドFAプレミアリーグへの参加を希望しているそうな。

常勝軍団のセルティックもスコットランドでやるよりはイングランドの連中と混ぜてやらしてもらったほうが面白いよね。
シュンスケがマンチェスターの連中とか、リバプールの連中とやり合ってるシーンを想像するとかなりコーフンしますわ。
どうなるんでしょう?

で、シュンスケについてなんだけどプレスキッカーとしての評価は素晴しいですよね。日本での報道ではベッカムの次ぐらいの評価が世界からされているように感じますが、実際のところどうなんでしょう?
オシムに言わせりゃプレスキックがいいのは知ってたと。それ以外の戦術でチームにどう貢献できるか?がネックであると。
まぁ、ナショナルチームの召集もしばらくはいいとしてもオシムの戦術についていくってのも大変そうだよね。

20070424112006.gif


JR北陸本線の特急列車で怒った暴行事件でひとつ賢くなったことを書いておきます。

傍観者効果(ぼうかんしゃこうか)とは、社会心理学の用語であり、集団心理の一つ。 ある事件に対して、自分以外に傍観者がいる時に率先して行動を起こさない心理である。 これは、以下の3つの考えによって起こる。

①多元的無知・・・他者が積極的に行動しない事によって、事態は緊急性を要しないと考える
②責任分散・・・他者と同調する事で責任や非難が分散されると考える
③評価懸念・・・行動を起こした時、その結果に対して周囲からのネガティブな評価を恐れる


あの事件は大変痛ましいもので、その状況もなんとも納得がいかずにいましたが、こうした集団心理もあるのかと理解しました。
こうした状況にならないためにも銀行の警察への通報装置よろしく各車両にも通報装置が必要かと思います。

20070424091712.gif


小学生の頃にとても衝撃的だった映画を3本あげなさい。
35歳以上のヒト、たぶんエレファントマンがはいってると思います。
それほど衝撃的な映像でした。
当時は茶色の紙袋に目の穴を一箇所開けてエレファントマンの真似なんかしてたりもしました。映画を観たコドモははしゃいで真似をしたし、見てない子供もポスターぐらいは見たことがあってわかってるふうなカンジだったかなぁと思います。

今考えるとコドモってのは凄く残酷というか、なんというかまんまストレートなのでこんなことして遊んだんだろうケド、そのストーリーを考えると当時のヒトからもこんな扱いを受けていたジョン・メリックってつよいひとだったんだなぁなどと考えさせられます。

The Elephant Man Movie Trailer

Joseph Carey Merrick (5 August 1862 – 11 April 1890),
映画ではジョン・メリック
イングランドのレスター生まれ。生後21ヵ月の頃には身体に変形の兆しを見せはじめ、左腕などを除く皮膚、骨格の大部分に特徴的な膨張と変形を来した。11歳になる年に母を亡くし、症状の進行につれて仕事もままならなくなり、継母に疎まれて家を追われる。叔父のもとを頼るが、異様な風貌から行商もうまくいかず17歳で救貧院に入った。

数年の収容生活にも明るい見通しはなく、21歳のメリックは見世物興行に働き口を求めた。見世物小屋には陰惨なイメージがつきまとうが、後の回想によれば興行師には寛大に扱われたといい、実際に自活できるだけの収入も得ることができた。この売り込みのため「エレファント・マン」の名がつけられ、「妊娠中の母親が象に踏まれかけたショックのため」などと宣伝された。

しかし社会的に見世物小屋を排斥する風潮が強まるとロンドンを離れ、ヨーロッパを廻る興行に身を委ねざるをえなくなる。数か月後には職を失って貯えも取り上げられ、ようやくブリュッセルからロンドンに辿り着いたところを、以前に診察を受けたことのある医師フレデリック・トリーヴスに保護された。

その後ロンドン病院で健康を回復したメリックは、部屋をあてがうための寄付を募る投書がきっかけで広く同情を得、やがてアレグザンドラ皇太子妃の訪問を受けるなど上流社会である種の名声を得るようになった。

1890年4月11日、すでにかなりの衰弱をみせていたメリックは正午まで起き出さないのが通例になっていたが、研修医が午後の回診に来たときには仰向けに寝たまま亡くなっていた。27歳だった。死因は頸椎の脱臼あるいは窒息死とされ、一見したところ事故死であった。彼はその頭部の巨大さから普段はベッドの上に座り、抱えた両膝に頭を乗せるようにして寝ていたが、この日に限って仰向けに寝ることを試みたものとも言われる。

例によってWikipedia(苦笑)

Joseph_Carey_Merrick.gif


elephantman - what's the matter?

【医学的な所見】

メリックの疾患は骨格の変形と、皮膚の異常な増殖からなっていた。皮膚は各所で乳頭状の腫瘍を示し、とくに頭部や胴部では皮下組織の増大によって弛んで垂れ下がっていた。右腕・両脚がひどく変形肥大して棍棒のようになっていたのに対し、左腕や性器は全く健全だった。

上唇から突出した象の鼻状の皮膚組織が一時は20 センチ近くに達し、このため会話や食事は終生不自由で、救貧院時代にいったん切除している。会話は困難だったが知能は正常で、12歳までは学校にも通っていて読み書きは堪能だった。また少年時代にひどく転んで腰を痛め、脊柱も湾曲しており歩くときは杖が必要だった。

原因については当時から、レックリングハウゼン病などとして知られる神経線維腫症1型、また俗には象皮病と結びつけて考えられてきたが、近年では特定の遺伝的疾患群をさすプロテウス症候群とする見方が有力である。


Joseph Merrickに関する医学的なアプローチの放送

エレファントマンの最後については先に記述のあったとおり謎とされているが、映画では人間らしく生活できた締めくくりに、ジョン・メリックは意を決して(と、いうかホント自然に)枕を用意して人間らしく(仰向けに)ベッドに横たわって寝るのですよ。そしてそのまま亡くなっちゃうんですけどね。
随分昔に見た映画なのに、ストーリーがすぐ思い出されました。
ソレぐらい心に残っていたんだなぁ・・・と。


20070418162316.gif


ちなみに写真はBMWドイツのHPから。
わたしのとエクステリアの仕様は同じ(ホイールもね)

マイカー(笑)なものを買って、まだ嬉しい嬉しい日々なんですが、ふと思った。『BMW1シリーズってパーツでかっこよくするもんなんやろか?』いまんとこ、そんなクルマ見たことないし、どんなもんやろかと本屋さんに訪れた折にクルマの雑誌コーナーで探してみた。

あるのはあったけどあんまりかっこいいもんではないなぁ。
基本的にヤンキー仕様というか走り屋仕様になるんですが、かっこいいもんではない・・・。
パーツが余分なモノに見える。
で、ノーマルで見比べてみると十分。エレガントだしグラマラスに見える(贔屓目か?笑)

結論は『いらん』。パーツをつける車でない。
すくなくとも外側については。
インテリアについてはなんかモノ足らん・・・。
ナビとかつけてないせいか・・・。これについては次回!
今度考える。

tagfeb07.gif


イギリスのロンドンを中心に活動する芸術家バンクシー。
グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くことで有名。あまりにも落書きなので清掃員から消されたことも(笑)
ワタシはね、行為としてのアートだとは認めています。
すごくスリリングでショッキングなこともある。
けど、絵描きの技量としてはちょっと・・・(苦笑)
WKとかのほうが上手くない?手法もちゃんと最適なテクニックを選んでるし。
それでも、笑えたのは以下の“アート・テロ”

2006年の8月から9月にかけて、パリス・ヒルトンのデビューアルバムのフェイクを500枚制作、イギリスの48のレコードショップに勝手に設置。内容はDanger Mouseによる40分のリミックスで、曲名は"Why am I Famous?" (私は何で有名なの?) "What Have I Done?" (私が一体何をしたの?)など。ブックレットはコラージュされており、パリスの顔の部分に犬の頭を貼り付けたり、ヌードのマネキンにパリスの顔を貼り付けた写真が載せられていた。表からはその違いが分からなかったため、いくつかのCDは店側が気がつく前に購入され、オークションでは750ポンドの値段がついた。

対象がアートとは程遠いシロモノであるとこが“アート”でしょ?
アートじゃないものがアートになってるのって皮肉たっぷりでイギリス人らしくって。

20070420194111.gif


みなさんお忘れかもしれないがホアキン・コルテス。
日本でもオクサマ方を魅了したラテンの色男。
日本でというわけでなくハリウッドでもセレブをヒーヒーいわした、あの男です。
怖いです。こいつは悪魔だよ。
踊っているのをずっと観ていると魅入られてしまいそう~。
男の俺をしてこうなんだから女性ではなるほど吸い込まれてしまうんでしょうなぁ・・・というよなステージ。

Compania Pasion Gitana - Joaquin Cortés

Joaquin Cortés "Soleá"

ホアキン・コルテス(Joaquín Cortés,1969年 - )
スペイン コルドバ生まれ。
ジプシーの家庭に生まれ、早くに家族と共にマドリッドへ移住。
12歳で本格的に踊りの勉強を開始。1984年、15歳でスペイン国立バレエ団に入団した後、短期間で独演者として起用された。
1992年、フラメンコから現代ダンスに至る様々なスタイルをマスターした後、彼自身の舞踊団"ホアキン・コルテス・フラメンコ舞踊団"を創設。


このヒトは本ト、悪魔かもしれないと・・・。
こんなに美しいか?という男の体と、こんな情熱を人間は持っているのかという恐怖を感じてしまいます。

20070417172311.gif


ポルシェ“カイエン”について

最近、奥さんが『やっぱりアルファにすればよかった』とほざきます。
理由は近所の奥さんにダンナサン(ワタシ)はアルファのほうがイメージといわれたからだ。しかしながらワタクシもBMW116を購入に当たって何も奥さんが言うから決めたわけではなく気に入ってるから買ったのであってあとあとぐじぐじと言われるのを好まない。(ブログでは結構悩んでるんですが、ソトヅラはそうでもない)

そこで奥さんはこういうのだ。
『次はアルファにしよう』と、
そうじゃないでしょ~。ちがうでしょぉ~。
コンテクスト(文脈)を大事にするワタシにとってソレは違うのだ。
私のクルマ歴においてそうじゃないのですと。

初めて車を買ったのは初期型ゴルフいわゆるゴルフⅠだ。つづいてアウディーそして10年を経てBMWと。つまり『ゲルマン魂』を乗り継いできたのだよと。
そういう流れなのだ。

いったいいつ次の車を買うのか知らんがそのときはゲルマン魂の究極でなければならないのだと。
そしてそれは、(買うのが今だったとするならば)ポルシェであり現時点においてはカイエンなのだよと。
奥さんは辟易としていました。

20070418214657.gif


20070423092604.gif



アメリカ西海岸発ブランド“イングリッシュ・ランドリー”イギリスの洗濯屋という名の通りクタクタしたカンジ。
アバクロをパンクのテイストで構築しなおした“細くてギスギスした”カンジといえばわかるかなぁ・・・。
1960~1970年代のイギリスをイメージに
『Elegant(上品)であり、Arrogant(傲慢)なイギリス』
というテイストをコンセプトとして生まれたブランド。


Astaroth.gif


パタリロを知ってるヒトでかなりの愛読者ならわかる話。
作品中ではちょいちょいオカルトモノがでてくるんですが、御先祖が悪魔に魂を売り渡して・・・ってシリーズがあり、そこでの中心人物がアスタロト公爵。魔夜峰央の作品らしく端正に書かれておりそうした世界観になじむようになったのはこのヒトのおかげ。

マンガを読んで興味を持てば調べて本を漁ってってのがワタクシのスタイルなんですが、最近は“Wikipedia”で間に合ってしまう(笑)
当時はまだWikipediaも、そもそもパソコンなんてなかったしね(笑)おもに、澁澤龍彦で研究しましたよ。
いま、こうしてブログに溜め込んでいるので改めて入れ込んで保存しておこうと・・・。

アスタロト (Astaroth) は、グリモワール(中世ヨーロッパで流布した呪術書)に登場する高位の悪魔。日本語ではアスタロスやアシュタロスとも表記される。ウガリット神話の豊穣の女神アシュタロトを前身とする。

悪魔学によるとソロモン72柱の魔神の1柱で、40の悪霊の軍団を率い、序列29番に位置する大公爵。サタンに従う魔界の4大実力者の一人である。堕とされる以前は座天使であった。 コラン・ド・プランシーによれば地獄帝国の大主計。

巨大な蛇に跨り、右手には毒蛇を持ち、口からは毒ガスを吐き出すとされ、過去と未来を見通す能力を持つ。同じく4大実力者の一人である蝿の王ベルゼブブのそばに、ロバの姿で現れることもあるという。

質問者に学術を教授することもある。天地創造から天使が如何にして堕天したかと言うことも語るが、天使として自分が受けた罰が不当であるとも主張する。

一方、初期のアスタロトは後代のそれと全く異なっており、黒い服を着た美しい姿だが非常に残忍な性格で、唇からは一筋の血を流し続け、他人の苦痛に微笑む、という。アシュタロテ女神は、カナン神話のアナトなどに見られるような、美しくも勇猛、残忍な争いの女神としての側面を持っている。初期のアスタロトも、こうした神格を反映した悪魔だったのだろう。
Wikipedia




Hannibalrisingposter.gif


ついにハンニバル・レクターがどのように生まれたかが見られるわけですな。なんか怖いですが、見なければならない!

会社で一時期、大量殺人とかFBI特別捜査官の本が数冊まわっててワタクシもバッチリ読んだんですが、そういう人たちの精神性?というか精神状態に魅入られると自分も異常者なんじゃないか?と疑ってみたりしたんですが、もうすっかり忘れました。
面白かったですけどね。

さぁそこでハンニバル・レクター。
トレイラーをみて戦慄しました。やばいかも・・・こんなカンジ。

第二次世界大戦中の1944年、ドイツ軍に家族を惨殺される。特に最愛の妹ミーシャを敗残のドイツ兵たちによって殺され食料にされた体験が、彼の異常な人格を決定的にしたとされる。ただし、このことのみによって異常な人格が形成されているわけではなく、生まれつき「異常」であったのである。

成人後アメリカに渡り医学を修得。しばらくは病院の救急外来嘱託医などをしていたが、1970年ごろに独立、精神科を開業した。その治療手腕は評判となり、多くの有名人や上流階級の人間が患者となった。こういった人種との享楽的な付き合いや非常識ぶりが、彼の眠っていた欲望や凶暴性を目覚めさせたらしく、自分の患者を殺害してはその肉を食うという連続猟奇殺人が始まった。
Wikipedia

Hannibal Rising Trailer

いままでのストーリーでどういう組み立てになっているのかを確認すると以下の通り。
いやぁ、“Wikipedia”って凄いよね。随分使ってるわぁ~。

1975年3月22日、患者であったボルティモア・フィルハーモニック・オーケストラのフルート奏者、ベンジャミン・ルネ・ラスペイルを殺害した際には、彼の臓器を調理して、ゲストとして招いたオーケストラの理事たちに振舞った。

1978年、FBIの捜査顧問であったウィル・グレアムに犯行を突き止められたが、グレアムに瀕死の重傷を負わせて逃亡。それからの9日間で更に3人を殺害している。

1979年、ようやく逮捕され9人に対する第一級殺人罪で起訴された。ところが拘置されていた精神病院で、拘束を解かれた一瞬の隙を突いて看護婦に噛み付き、その顎を噛み砕いた。あまりの凶暴かつ異常な行動に、裁判所はチェサピーク州立病院ボルティモア精神異常犯罪者診療所への終身拘束を決定。狭い独房に閉じ込められることになったが、料理書からファッション誌まで多数の書籍を購読、最厳重監視病棟の囚人の身ながら、臨床精神病理学会誌や精神医学会誌に論文を発表するなど、世間に影響を与え続けた。

1981年、グレアムは連続殺人犯フランシス・ダラハイドの捜査協力をレクターに求めてきたが、レクターは逆にダラハイドをけしかけてグレアムと家族を襲わせた。命は助かったものの、グレアムは顔をズタズタに切り刻まれる重症を負った(『レッド・ドラゴン』)。このように、レクターには他人を心理的に操作して罪を犯させる驚異的な能力があるとされる。

1983年、連続誘拐殺人犯ジェイム・ガムに対する捜査協力を求めてきた、当時FBIアカデミーの学生であったクラリス・スターリング捜査官の訪問を受ける。ガムに娘を誘拐されたマーティン上院議員への情報提供の見返りとして条件の良い特殊監房に移ったが、2人の看守を殺害して逃亡。スターリングが事件を解決する頃には南米にまで逃れた(『羊たちの沈黙』)。行方不明の逃亡期間中、ブラジルでバカンス中だった州立病院のチルトン院長を殺害した模様。また目立たなくするためか多指症を手術し6本目の指を取り除いている。

1990年、レクターはダンテ研究者のフェル博士という偽名でフィレンツェに現れる。この時は峻厳をもって鳴る専門家連中を満足させるほどの深い知識を披露していた。パッツィ刑事は彼を連続殺人鬼ハンニバルではないかと疑い捜査していたが、ヴェッキオ宮殿で先祖の例に倣って殺害されてしまう。その後、ツアー旅行者にまじってアメリカに帰国する。ところが、被害患者であった大富豪のメイスン・ヴァージャー一味に拉致される。レクターの趣味嗜好から高級奢侈品に網を張っていたスターリングの捜査はレクターを寸前まで追い詰めたが、メイスンらに囚われていたレクターを助け出すことになってしまう。レクターはヴァージャー、次いでスターリングのライバルである司法省のクレンドラーも殺害し、更にスターリングを誘拐して再び行方をくらますことに成功した。スターリングまでもがレクターに洗脳されてしまったとの噂もある。また、スターリングは自らの意思でレクターと共に生活している可能性を示唆する記述もある(『ハンニバル』)。


と、この“ハンニバル・ライジング”を見る前におさらいをしたので心して見に行こう。



20070417140144.gif


「麒麟枠」としてM-1グランプリ2002の決勝にまで進出し、一躍注目を集める。M-1グランプリ2003では、最終決戦まで進出し2位となった。この時、決勝1回戦で「奈良県立歴史民俗博物館」のネタを披露し、ファンの間では「伝説のネタ」とまで評されている。この時、審査委員長の島田紳助がつけた「99点」はM-1史上での最高得点であり、1位のフットボールアワーには僅差で敗れたものの、M-1史上最高傑作のネタと評価する人も多い。

笑い飯 『民族博物館』M-1グランプリ2003

それまではむさくるしいルックスから、またヘンな名前から特に興味はなかった『笑い飯』だったが、この日を境にチェックすべき漫才師に格上げになりました。
ボケツッコミが高速で入れ替わるスタイルは、笑い飯だけのもの(今のところ)で余韻もなく 掘り下げることもなく ちぎっては投げちぎっては投げの『ボケ倒し』は圧巻のひとことだ。

そして、そのスピード感に中で同じボケをアレンジして繰り返すパターンは『地獄の笑い』に(このネタでは『ええ土やぁ~』がソレ)。
ここんとこのM-1では常連になっていて円熟の話芸を堪能できるが、最初のこの笑いの衝撃が未だに忘れられません。


VIRGIN.gif


リチャード・ブランソン(Richard Branson)最もアグレッシヴな経営者の一人だったけど、最近ニュースがないなぁ・・・?
どうしちゃったんでしょう。

一代でコングロマリット、ヴァージン・グループを築き上げた手腕というか運なのか恐ろしいものがあります。

「やってみなければ、結局は失敗と同じ」
なんてわかってても一歩踏み出せない一般市民のワタシからすると豪胆な人物というか、迷いがないなぁと感心するばかり。
「Nothing ventured, Nothing gained.リスクを冒さなければ、何も得られない」
というセリフも決まってるし。

企業の内容まで触れるものではないのですが、ことイメージに関して言えばこの秀逸なロゴのおかげもあってかなとも思います。
わかり安い名前と企業イメージと戦略。
「音楽もビジネスも、クリエイトする際に、自分自身か友人達のために創るべきで、お金儲けを目的としてビジネスしても、そうは問屋がおろさない。ハートから出たものじゃないと、なかなかうまくいかないと思う。一瞬の成功なんて長続きしないものだよ。」
こういう感じ。ビジネスのスケールは大きいんだけど無味乾燥じゃない当たりかなぁ。人間味とか。
凄いねぇ・・・ビル・ゲイツよりこのヒトのほうが好きです。

「私がビジネスをしたいという意志の根底には“楽しさ”がありそれがはじめからやってきたことのすべての核心をなしている」

日々楽しさを創り上げられてるかなぁ?オレ。






20070420104541.gif


ヒーローのイコンとしては秀逸なモノ。
実に良く出来ていると感心しております。
艶かしさとか、様式とか。

TOKYO-MUIDTOWN.gif


鳴り物入りの『東京ミッドタウン』
その実態はどうだ?とちょろっと見てきました。
リーシング用のスペースが工事期間中脇に建てられていて、模型やらビデオやらでこの物件の素晴しさをアピールしてたんですが、そのときの金のかけようも恐ろしいくらいだったんで、かなり期待はしてました。

テーマとしてあるのが『日本』と『アート』で、さて どういった表現がされているのか?どんなもんじゃい?とキモチは勇んでおりました。

で、どうよ?
たいしたことないですよ。ミッドタウン。
かなり実用を重視した『手堅い』施設・・・。この上のマンションが恐ろしい価格で取引されているとは思えない『普通さ』・・・・?・・・こんなもんで好いのか?的な拍子抜け企画。
まずは構成かな~。
全体の構成として建築をかためたのが果たしてよかったの?という印象。庭園部分がまだ手付かずの更地に見えるよ?いいの?ってかんじ。
で、新しさを感じないな。庭と建物の関係性に・・・。もう安藤やめてよってぐらいの見飽きた風情・・・っつ―――か風情も感じない!もうっイヤ!
そろそろ潮時なんでしょう。

で、商業部分に関してはあまりにもフラットかなぁ。
ヒネリがないって言うか、あくまでオーソドックスというか、もっと何でも出来たんじゃないか?とイライラします。
お堅い『三井不動産』ですからこんなもんといえばこんなもんなんでしょうが、まったくがっかりさせんなよ!と。
ガレリア部分については吹き抜けを大きく確保して開放感を十分演出できてるし光もよく入ってくるし通路部分の巾もゆったりと広めに作ってありストレスはまったくないんだけど、それがゆえに『ドキドキ』するような展開は起こらないし、各店舗のファサードも統制が取れていて平板な印象から抜け出せない。2層を使ったリステアもガレリア側からは見えないときたら、こじんまりしたショップの羅列にしか感じられないです。ららぽーとのプレステージ版だと思えば良く出来てますがね(笑)

六本木ヒルズの商空間とは雲泥の差。
非常に残念です。

まぁ、それもハードとしてのハナシで、アートでドコまでコンテンツを作れるかも次の流れになるんでしょう。
ちょっとぐらいは期待しておきます。

20070410130633.gif


最近、家で飲むときはビールと酎ハイ。
で、カルピス味のとかいろいろ挑戦中。
寝る前にアルコール入れないと寝れないので何でもいいってぐらいの感覚なので新しい味の発見に努めております。

それにしても、最近ランキングが下がってるなぁ・・・。
目安のつもりでつけてはみたものの、あまりに低いと残念なもんだ。
もうちょっとマシな文章をじっくり書けるようにしよ――。
がんばろ―――っと。


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。