ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070531160328.gif


チャラチャチャ チャラチャ~♪         
チャラチャ チャ チャラチャ~~♪
チャラチャ チャラチャ チャチャチャララー♪
朝方、ニュースを見てまして、昨日は陣内♡紀香の披露宴やったんやなぁ~と見てましたら、ムーディさんがでてるではありませんか!
オールザッツマンザイのってホンマやったんやなぁとしみじみ見てました。(ニュースで見たんでウケたのかどうかは知らんが)
そんなムーディさんのブレイクまでの流れ・・・。

【きっかけ】
ダイアン津田の結婚披露宴パーティー会場にて「右から来たものを左へ受け流すの歌」を披露し、会場にいた芸人にバカうけする(この模様は、ヨシモトファンダンゴTVにて「ダイアン津田の結婚披露宴パーティー」という特番として放映された)。
そのため番組関係者からオファーが殺到し、今や売れっ子芸人となった。


右から来たものを左へ受け流すの歌 - ダイアン津田結婚披露宴より

【ブレイク】
オールザッツ漫才2006で「右から来たものを左へ受け流すの歌」を披露。審査員であった陣内智則、若槻千夏、ケンドーコバヤシは勝山の存在を知らなかったが、歌い終わった後、全員が爆笑し、見事陣内の結婚式2次会へ呼ばれることになった。しかし司会のサバンナ高橋は1次会へ勝山を呼び、「右から左へ入場しましょうよ」と言ったものの、陣内に「何で勝山きっかけで入場しなあかんねん」と断られた。

右から左へ受け流すの歌


そのとき陣内が「右から左だけなん?上から下はないん?」と聞くと、高橋と勝山は言葉を濁した。その数時間後、また勝山が登場し「上から下に落ちてくるものをただただ見ている男の歌」を披露すると、陣内は「悪い、知らんかった。後で歌うんやったら言うてくれたらええのに。ごめん。」と言い、ケンドーコバヤシは「さっきの陣内のフリにおどおどしてるなと思ってたらこういうことやったんか」と発言し、高橋は「録画してる皆さん。さっきふられたときの勝山君の慌ててる顔を見てください」と言われた。


上から落ちて来た物をただただ見てるの歌

自分的には唄とかビジュアルはド―――でもよくって、『右から左へ受け流す』っていうキャッチ~なコピーで笑えてます。

スポンサーサイト
20070531094134.gif


エースをねらえ!

スポーツに打ち込む少女の成長を描いた話というだけでは不十分で、選手を育てるコーチの苦悩と師弟愛を描いた話というのでも足りなくて・・・
世界を嘱望された選手が再起不能となり、さらに致命的な病気を持っていることが明らかになって余命いくばくもないコーチの物語でもあり、その上そのコーチは幼い頃、両親が離婚、病床で母は死に、再婚した父に愛されたい願望の裏返しに憎んだりしたが、それだからこそできるコーチを志し、それによって魂が解放される話でもある。また、そうした環境で主人公を支えた者たちのハナシでもあり、強くヒトを愛することの素晴しさを一人の女子高校生の周囲に配置した感動巨編である。

さらに後半に入ると、亡くなったコーチの代わりのコーチとともに世界を目指すハナシになるが、それでだけでは不十分で、心の支えであったコーチの死から慟哭にあった選手がそれを乗り越える涙ナシには読めない作品であり、代わりのコーチなる人物は、亡くなったコーチとは中学時代からの親友で、ともに世界を嘱望されたプレーヤーでありダブルスのペアであり親友を再起不能にさせた人物であり、亡くなったコーチの夢を実現させる為にすべてを捨てた男で、そのコーチの周りで周囲の人間も亡くなったコーチの夢の実現に奔走するハナシで、その選手は世界の待つウインブルドンへ旅たつという感動巨編である。

泣き所は前編では宗方コーチの死であり、それは前編の最終話までは予感程度にしか見えず、最後の最後は圧巻の筆致になっている。
後半では随所に泣き所がちりばめられており、前編で二人の絆を読み込んでいる読者はティッシュなしではいられないほどだ。前編のようなスリリングな展開なしに最終話は進むが、宗方コーチを思い出させる状況が用意されており、主人公ならずとも泣かずにはおられない見事なエンディングになっている。


20070531114816.gif


ミスユニバースを見ていて感じたこと。
『いったいなに人なんかわからん・・・・!』
みんな浅黒くお化粧して、アメリカ人のお好みよろしくアイラインとシャドウをバッチリ塗ったくって、プレイボーイのグラビア並のポーズや表情された日にゃ、まったく人種的な違いや魅力の再発見や評価なんて程遠く、アメ公好みのビッチ量産システムかと恐ろしく思うわけです。

Miss Universe 2007 - The 77 Delegates (1)
Miss Universe 2007 - The 77 Delegates (2)

優勝した日本の方には悪いですけど、このヒトは決してオーセンティックな日本的な美女ではないし、ワリとよくいる感じのヒトだ。世界大会で勝つために選ばれたという意味でなら、日本の審査員は素晴しいけど、こういうことをしていると自分たちの美的基準をアメリカ主導の世界標準とやらに塗り替えられてしまいません?

207.gif


随分男の子向けのデザインに振ったもんだ。
かわいらしさは唯一『車体の小ささ』のみのデザインに。それに走ってみるとかなり騒々しい。走るのが好きなヤローはいいけど、女の子に『カワイイ』といってもらえるクルマではなくなりました。
メンタマもボンネットに鎮座するロゴもなにかと大振りに・・・。いささかやりすぎの感もあります。流行るんかなぁ・・・?と疑問。

20070517195050.gif
2007/05/31(Thu) 10:45
Auto | trackBack(0) | Comments(0)
20070529181833.gif


R13指定にもかかわらず、6歳の息子と見ました。
息子大興奮!かなり面白かった模様。子供もわかってます。虚構の世界である事ぐらいは・・・。

それにしても、ディズニーって会社は、映画のためにパークを用意し、パークにあわせて映画を用意するっていう、なんだかどっちがメインってないんだね?世界観が完成されててどちらがどうってことなくスピンアウトするのも悪くないけど、やつらの手のひらで遊ばしてもらってる感じは若干気分が悪いぞ!なめんなよ!アメ公!(とかなんとか言ってみたりして)

でもね、よく出来てるんだ海賊。普通、どう考えても悪いじゃん!海賊!正義の海賊なんているわけないじゃん!それが、この映画を観てると自由人海賊!いいぞ!いけ!なんて賛美に回ってる自分が情けない・・・。海賊やで――!襲われて略奪されてるんやで~。そんなんムシのエンタテイメントにご都合主義のアメリカ主義にアタマくんなぁ~。

BMW116UK3.gif


サイドビューのイカツさは特筆モノ。窓のボリュームが小さく扉の下側の部分にヴォリュームがいってます。写真どおりのヴォリューム感。たくましいです。基本的にデザインの思想が他のハッチバックとは違っています。そういう意味でもこのクラスでの存在感は十分~。

窓の下と足元のプレスラインがビシッと気持ちいいです。それがタイヤのあたりで緩やかに消えてタイヤの存在感を誇示するように出っ張るあたり、後から効いてくるデザインですよ。結局のところ、1シリーズを買う人はBMWの名前を買う人(=ブランド買い)みたいに言われがちですが、その値打ちのある投資になるでしょう。また、ドライブの喜び(=走るだけで楽し―!)ってのも実はついてくる悪くない買い物です!(断言)ファミリーの大きな買い物には向いてないけどね・・・。

20070530105151.gif


甘口が多いとお嘆きの貴兄に辛口の菊正をお送りします。
♪やっぱり~俺は~、キクマサムネ~♪



Low_28album29.gif


デヴィッドボウイがカリスマと呼ばれる理由。
このアルバムのおかげ。
多用な音楽性を褒めるのも難しいけど、このヒトに関して言えば新しいものにハナが効くってトコでしょうか。常に新しいモンを拾ってきますよね。スゴイ才能です。

Bowie Tokyo 1978: Warszawa

20070525162357.gif


「音楽界の異端児」、「音楽界の変わり者」といわれるド天才。
自らの音楽をして『家具の音楽』と呼び、飲み屋の客の邪魔にならない演奏、家具のように存在している音楽という意味だそうだ。

Erik Satie - Gymnopédie No.1

そこにあるだけというコンセプトは『環境音楽』を決定的に動機づけたし、繰り返しは、『ミニマル・ミュージック』のコンセプトだ。ワタクシにしてみれば気がついたときにはいずれも既に誕生していたので、新しいものが誕生した!みたいなのはなかったんですが、文脈を捉えて改めて聴きなおすと凄く新鮮~。

Elton-John.gif


ゲイでハゲでジャンキーと音楽性は矛盾しないもんだ。
コンプレックスからか昔はけったいなカッコでおかしげなパフォーマンスも多くやってたけど最近はそうでもないのかなぁ・・・。

Elton John-Goodbye yellow brick road

相変わらず、おかしげな物言いでやはりワイドショー的な部分での露出はキープしてらっしゃるけど、やはり年齢的には落ち着かれたのでしょうか?男性と結婚されて幸せな生活を送ってるとヤバイ物言いの数もへるってモンで・・・。

20070427230138.gif


このたびの愛知での立てこもりについて考えてみた。

なくなった隊員の方はホントにお気の毒でした。なんで特殊急襲部隊が急襲しないで周りを取り囲んでじっとしていたのでしょうか?逃げ出してきた家族の話で犯人と人質ひとりというのがわかっていたのに?
狙撃してよしの状況かと。
狙撃体制を敷いて突入体制を敷いて、やられた味方の救出の援護もあわせて一気に解決という状況ではなかったのでしょうか?

1977年10月13日には、ダッカ日航機ハイジャック事件を模倣したと推測されるルフトハンザ航空機ハイジャック事件(モガディシオ事件)が発生しているが、西ドイツ(当時)の対テロ特殊部隊「GSG-9」(国境警備隊第9部隊)の突入によって解決したため、これを契機に日本でも特殊部隊の創設について議論されるようになった。

部隊創設にあたっては、先述のGSG-9や、イギリスのSASを参考にしており、1977年11月、極秘裏に警視庁と大阪府警察に特殊部隊が設置された。この際にGSG-9に隊員を研修派遣しており、現在でも交流があると言われている。また、フランスの「国家憲兵隊治安介入部隊」(GIGN)とも交流があると言われている。

創設当初、部隊の存在は極秘とされたが、1995年の出動において存在が明らかになった後、翌年の4月1日に「SAT」の正式名称を与えられて現在に至る。SATは思想的背景のある犯罪者や、テロリストを主に取り扱う警備部に所属しており、警視庁SATは警備部警備第一課に、大阪府警SATは警備部警備課に設置されている。また、他の道県警察SATも組織上、機動隊に設置されているが、運用は別個のものとなっている。


SAT_patch.gif


つまりはこういうことだ。どんなに訓練したスペシャリストを用意しても、その運用面において指揮官或いは指揮系統に問題がある場合はうまくはいかないと。
で、今不思議なのはここ数日でこうした事件の報道がぴたりと止んだことだな。

Divine.gif


醜悪であるということを藝術の域にもって言ったヒト。
悪趣味であることと下品であることがひとつのスタイルとして認知され、ある意味嫌悪と尊崇のアイドルとなった。


Amnesty_Logo.gif


国際人権救援機構。死刑に反対するヒトを表彰している。弁護士の安田好弘さんもその一人。人権の救済なんかを謳ってるんだからよほど素晴しいことをやっておられ、またそうした団体が表彰している人物なんだからよほど素晴しい弁護を行なっているのでしょう。

そんな、安田弁護士が今やっておられるのが、1999年4月に光市で起きた母子殺害事件の被告の弁護団。
お母さんを殺した跡で犯し、子供を床にたたきつけて殺した事件が、この人たちによると傷害致死なんだそうです。

●水道屋の格好したのはコスプレ趣味
●姿を消した母親の寂しさを紛らわす為、抱きついたら偶発的に起こった事件
●ママゴトのつもりで遊んでた
●泣き止ませようと思って首にリボンをちょうちょ結びにしてあげたら死んじゃった
●女性に抵抗されたから首を押さえたらなんか死んじゃった
●女性を生き返らせる為に死姦した
●精神の発達が遅れている 12歳児程度
●死姦は救命行為と主張」
●性行為は被害者の生命を救うための魔術的な儀式であり被告は精子が人間を復活させると信じていた

と破廉恥な主張を展開してくれています。逆に人権団体への嫌がらせのような主張では?この人たちは人権団体を胡散臭い団体にしようとしているのでは?原告の人権は?法廷を侮辱してるの?
いや、彼ら弁護団は『死刑廃止』の危うさを目に見える形で提示し国民の嫌悪感を画策しているのです。逆に死刑推進派なのです。



20070525162321.gif


『いまだ満たされざる』

という意味が込められていた、ダイエーの旧ロゴタイプ。
懐かしさと、中内氏へのリスペクトが凝縮されたかなりセンチメンタルな気分にさせてくれる時代の遺物になりました。

再建にでてきたイオンの岡田元也氏ですら『あのダイエーを再生するのはイオンにとって、日本の小売業にとって、非常に大事なことである』と語った。あのダイエーであるところがミソで、消費者の豊かさのためにという理念に突き進んだ中内氏のダイエーという意味でとても大事。

満たされた気になってる場合じゃないのよ。

20070523181657.gif


『日本は西洋覇道の道を行くのか、東洋王道の道を行くのか』


20070525125044.gif


今『となりのトトロ』の解釈について結構盛り上がってる様子。
こういった御伽噺というかファンタジーの重箱の隅をつつくようなハナシなら特にのらないんですが、解釈として面白いかな?なんて。

まず発端は作品の途中から、サツキちゃんとメイちゃんの「影」がなくなった。というもの。
それに対して『トトロが死神だ』とか、『メイちゃんは死んでる』という意見、見解(妄想)が出始めたわけです。
う~ん、このアタリは同でもいいんですよ。ばかばかしいなぁなんてね。
で、そういった質問に対してかなりまとまったハナシが出始めましたと。それが以下のような意見。Yahoo知恵袋の質問への回答。


さつきとメイは途中で本当は死んでしまい、
それを父親が想像で生きていたらこうなっていて欲しかったと
書いたのがとなりのトトロであり、
作中でずっと書いていたのはその原稿だという説。
まず、トトロというのは死神、冥界への使者であり、トトロに会った人は死が近い、
もしくは既に死んでいるという裏設定。
そして母親の入院していた七国山病院のモデルとなった
八国山病院という実際にあった病院は
末期患者や精神疾患患者を収容する場所であったという話。
メイが行方不明になって池でサンダルが見つかる騒ぎが途中でありますが、
あの時既にメイは池で水死しており、
真新しいメイのサンダルを見たさつきが
現実を認めたくない気持ちから「メイのじゃない・・・」と
ひきつった表情で嘘をついてしまいます。
そしてさつきはメイを探すため、メイがトトロに会ったという場所に行き、

「お願い・・・トトロに会わせて!!」

「トトロ、メイが迷子になっちゃったの。

探したけど見つからないの。

お願い、メイを探して!今頃・・・きっとどこかで泣いてるわ・・・

どうしたらいいか分からないの!」

「みんなには見えないんだ・・・」

というセリフから分かるように、さつきは自ら冥界への扉を開け、
魂を運ぶ乗り物である、猫バスに乗ってメイの元へ向かったのです。
さらに病院のシーンでは母親が

「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした」

と言う。なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がして、
尚且つ二人は近くまできているのにも関わらず、実際には両親に会わずに
メッセージ付きのトウモロコシを置いていったのでしょうか?
それは二人が既に死んでいるからです。

●メイが行方不明になった後から、メイの影がなくなっている。
●最後のシーンでは全員が若返っており、実はあれは後の話ではなく、生前の 昔のシーンをくっつけハッピーエンド風に仕立てただけ。
●物語の舞台は埼玉の所沢。この所沢で昭和60年代に姉妹が残虐された狭山 事件をモデルにしている。
●サツキ=五月(皐月かな?)
 メイ=May=五月
 狭山事件発生日が5月1日


まず妹が居なくなり、姉が必死に探している姿が目撃されている。
妹は翌日森の中で全身を16分割くらいのむごい殺され方をしていた。
そばで放心していた姉はひどいショックを受け、事情聴取に対しても
「猫のお化け」「大きな狸に会った」等々、意味不明な証言ばかりしていたという話。
母親は既に病死しており、片親だったなど共通点が多い。


Yahoo知恵袋の質問への回答のページはコチラ

こうなってくると、俄然恐ろしくなってくる。う~ん。怖いでしょ?
映画『となりのトトロ』は観ましたし、そんな怖い印象は受けなかったんですが、こう言われると考えてしまうよなぁ。
こどもに本で読んであげたときには『さつきもメイも五月って言う意味やで』と教えてあげたんだけど、今考えると不自然な設定やねぇ。なにか5月について語りたいという意思の表明と考えてもおかしくないよねぇ。

あと、やたらとコドモを一人にしてる部分とかもしっくりこない印象があったし、そういう意味ではこういった憶測を呼ぶあまい設定が多かったというか、わざとそうしたのかどちらかだしね・・・。

で、問題の狭山事件。
これがまたややこしい事件で、説明できないから読んでください!
かなり、ヤバイ事件だから!

『狭山事件』の詳細を書いてある無限回廊というHP

ちゃんと読んでみました?
かなり、怖いでしょ?大きく取り沙汰された部落差別という問題と冤罪という部分は私たちの本筋ではないので置いておいて、真犯人は誰?ってとこがいまだにわからない。つまり迷宮ですな。

実際のところワタシ的にはファンタジーのままでいいのですが、あえてこの話に乗るとしたらこうだ。
以下が私の見解。

狭山事件を下敷きに作られた御伽噺とも読める。
メイはなくなった次女、さつきは自殺した長女を投影。
またメイ=冥府ともとることが出来る。
死んだ妹を探す姉はやがて、事件の真相(=闇)につきあたり闇に飲み込まれてしまう、または自ら死を選ぶというメタファー。
精霊・妖精は死に近いものを暗示しており、日常の近いところに死のニオイがある(あった)世界観を示している。また精霊はすべてを見通しており、また死の扉の番人でもある。
作品中の時間は交錯しており、病院からの呼び出しで母は危篤状態、メイは死亡。後をおったさつきも亡くなっているが願望の世界で皆が出会えるというイメージ。エンディングは、過去の思い出という見方。
母の元に届けられたとうもろこしは英語でMaizeとなり迷路を表すMazeと同音であり、あとに謎が残ったというわけ。

どうでしょうか?

AC_Milan.gif


いや~やったね。よくやったですよ。まさかの決勝。まさかの優勝って感じ。
ミランを推してたのはカカがやるだろうという一点買いに近い感覚だったんですが、ベテラン勢がちゃんと仕事しました。素晴しい~。
みんな、さすがに年季が入っててコメントもよかったし。

20070525102902.gif


さすがに1発決められたときは『悪夢再び・・・。』とぞっとしましたが。
インザーギ。よかったです。こういうのは日本的にいえば『いぶし銀』っていうんだろな・・・。イタ語ではなんかそういうのあるんだろうか?マルディーニがいるうちに雪辱できてよかったなぁとしみじみ思います。
将来、アズーリの監督になったときに前回が呪いにならなくなったんでほっとしてます。

ありがと――――!

UCL2007Final.gif


さてと、いよいよ決勝というわけですね。
わたしは、付き合い上ミラン。どういったわけか決勝にまで行って当惑しております。

DavidMillermask33.gif


アンチヒーロー『ジェイソン』
このマスク見ただけで『ジェイソン』を連想させる恐ろしい認知度。
ホラー及びスプラッタの新しい愉しみ方は、次に誰がどうやって殺されるか?をワクワクしながらみるというものかなぁ・・・。

いずれにしても、ある作品においてこうしたアイコンがどこにでも普通にあるもので、こうして存在感をもてるというのはすごいことだなぁとひたすら感心するわけです。

Talisman_-Vayou_-Vaslav_N.gif


ニジンスキー・・・バレエの舞台で自慰(の振り付け)をした天才。
プロデューサー:セルゲイ・ディアギレフとは同性愛の関係。

『牧神の午後』でした性的な振り付け(上に書いた自慰ね)で世間の不評を買い、またストラヴィンスキーの『春の祭典』(1913年)も、足を内股にし、頭を曲げるという振り付けを行い、初演時の騒乱(観客が真っ二つに割れ口々に罵り合い音楽が聞こえなくなった)をおこした。が、しかし今の評価は20世紀バレエの幕開けといったものになっているんだから天才のやることってのはショッキングだということだ。

本人のダンサーとしての評価は完璧なもので、驚異的な脚力による『まるで空中で静止したような』跳躍、中性的な身のこなしなどにより伝説といわれてますな。舞台の中央からの跳躍で幕に姿を消したとか・・・(かなり、うろ覚え)また、ニジンスキーの舞踏の映像が一つも残されていないってのもミステリアス~。

昔、ニジンスキーを書いたマンガがあってね、そこにこうありました。
『翼を持つものは腕を持たない』
手だったかな?(これまたうろ覚え)・・・。まぁ、そういうことだ。
ダンスに天才的な才能を持ったものはその引き換えに普通の部分にかけているということだ。結局、ニジンスキーは精神的に病んで亡くなったんですよ。

20070427230130.gif


エコに対して真剣に考えると、インフラの問題に直面する。
電気自動車が普及しないのはなぜか?エコといえばハイブリッドカーがもはや代名詞のようになってるが、そこで止まる問題ではない。

電気自動車がなかなか普及しないのと対照的に、フォークリフトでは以前からバッテリー車がある程度普及している。これには次のような理由がある。

①倉庫・工場内など密閉された空間で使用されることが多いため排気による健康被害が野外で使用される自動車より深刻である。
②一定の事業所内だけで使用されることが多いので、電気スタンドのようなインフラを必要としない。長距離を走るわけではないので、万一バッテリー切れになっても、救援が簡単である。
③前車軸より前方に積む荷物と釣り合わせるための重し(カウンターウェイト)を車両後部に装備するほどなので、バッテリーによる重量増が問題になりにくい。

ここでわかってくるのは、エリアが限定された移動手段や道具にはバッテリーは有効であるということ。バスなんかイケるんじゃない?

Exorcist.gif


今思い返すも恐ろしい映画。
公開当時こんなのは(怖がりなんで)観たくもなかったけど、当然親も見せてくれないし、ただ怖いということについてはよく知っていた映画。大学生になってコドモの頃に見られなかった映画をレンタルして見たけど、ヤナ映画。真剣に怖えぇっす。
公開当時(小学生の頃)やたら子供の間では流行。このスパーダーウォークなんて、映画みたく階段で流行らないですけどみんな教室でやってたなぁ~。(多分見たことはないけど何故か知ってるぐらいでガキは真似するからなぁ・・・)

spider-walk.gif


コドモってばかだなぁ。

20070511192908.gif


Isiah Thomas. One of the greatest point guards in the history of the NBA

「NBA史上の偉大な50人の選手」であり、ワタシが心酔した最初のプレーヤー。

「バッドボーイズ」とよばれたチームの司令塔。こんな顔ゆえに『童顔の暗殺者(The Baby-Faced Assassin)』と呼ばれた。

「バッドボーイズ」の特徴は激しいディフェンス。とにかく荒っぽい。必要以上に『乱暴』で『卑怯』。
小柄ながら強気なトーマスは、得点やゲームメイクの面で、そして精神的な柱だった。たとえばマイケル・ジョーダンを「ジョーダン・ルール」というゴール下で数人がかりでツブすといったまさに『らしい』戦法を考えたりとかね。
ただ最後の幕がイケなかった。それは・・・↓

115対94でブルズの圧勝となったシリーズ最後の4試合目に、トーマスはのちに物議を醸す事件を起こした。ピストンズの敗戦が明らかになった試合終了間際、ベンチに下げられていたピストンズの主力メンバーは、試合が終わる前にトーマスに率いられてコートから退場した。相手選手と挨拶を交わすことなくブルズベンチの前を通りすぎる様を、多くのファンはいかにも「バッドボーイズ」の終焉らしい幕切れと考え、同様に多数の人々はスポーツマンシップに欠けた非礼な行為という印象を持った。この事件でトーマスは大きな批判を受けることになった。1992年に、トーマスがドリームチームのメンバーに選ばれなかったのはこの件が大きな要因になったとされる。

非常に残念です。遺憾です。

DetroitPistonsOld2.gif


20070517195301.gif


今、考える空間に必要なキーワード。ということで『Think!(2003SPR)』に載ってました。

①あえて他と違える。・・・自分の頭、手、足を使って個性を表現する
②新しくする。・・・これまでの形態、習慣が古くなっていないかチェックして
③刺激する。・・・常なる活性化には刺激は欠かせない。


と、そういうわけでございます。

ユニークであることが最近では一番大事かなぁ・・・。
そういったことを維持するのも、『大人社会』では大変なんだけどね。(笑)

20070329130832.gif


黒人指導者としてのスタート時はかなりラディカルな言動が目立つ。

「Xは、永遠に知り得ない真のアフリカの姓を象徴している。私にとってXという姓は、青い目の悪魔が私の父祖におしつけた姓、白人の奴隷所有者の姓である『リトル』にとってかわる姓なのだ」

まぁ、良くも悪くもこういった運動って過激でした。
今考えると、暴力性がおぞましくて、いまでは日本人は嫌悪感を持ってると思うんですけど、昔はみんなこういうのにあこがれていたんですよね。

「平等とか正義とかいったものは、誰かに与えられるものではない。もし、きみたちが人間なら、自分で奪い取るべきである。それがとれないというのなら、きみたちはこれを手にするに値しない人間なのだ」

えてして『啓蒙』的な指導者は身内に対しても苛立ちを隠さない。それでも、好感がもたれるところはそういうところ。自ら(自分たちのグループ)の襟を正すようなところかな?日本の政党でね、そんなところはないですよ。

「多くの黒人の麻薬常習者は、この白人のアメリカにおいて、黒人であるということを嫌悪して、そういう自分自身を麻痺させるためにクスリを使っている。だが実際には、麻薬をやっている黒人は『黒人はクズだ』と白人が証明するのを、いたずらに手助けしているのだ」

そういう人がメッカ巡礼後随分変わった。
こういうのを『転向』とでも言うんでしょうか?きっとそれまでの支持者からは許されないものであったのであろうかと思います。

「この国を救うのには真に深い友情Brotherhoodしかないということを学ぶのに、私はたいへんな回り道をした」

結局どういうことなんだろう?
アメリカ社会で宗教的なバックボーンが薄いとラディカルに走るんだろうか?いまだにアメリカの抱える病理がよく解らないとこもあるんですが、うすらぼんやりと歴史の薄さ、宗教性の希薄な部分を感じます。

「マルコムXは常に変化と成長の途上にある人間だった・・・人々が自由に尊厳を持って歩く世界という彼の夢の実現は・・・彼の暗殺によって・・・わずかの間は遅らされることになった・・・暗殺はその夢の提唱者を殺したが夢を殺すことはできなかった・・・その夢は彼がわれわれに残したものであった」ジョン・ヘンリック・クラーク「マルコムX-人間と彼の思想」より


20070517195403.gif


日本酒を最近は呑まなくなってきたが、一時期割と呑んでいました。
丁度大学受験の頃で勉強しながらラジオを聴いて呑んでました。
そのとき一番多く呑んだのが剣菱。
ラベルのかっこよさに一目ぼれ。まんまじゃ―――ん!剣菱~!サイコー。

BMW116UK1.gif


今回の写真は“BMW UK”から。いい写真です。カッコイイですネ~。
何処をどう撮ってもカッコいいクルマってのが世の中にはなんぼか存在していて、そういう連中はスーパーモデルのごとく美しい。グラビアアイドルのようにチャームポイントとか愛嬌にしてるエラーもなく、ひたすらに完璧。

1シリーズってそういうクルマではなく、不細工に撮ろうと思えばというか普通に不細工になってしまう不思議なクルマ。それにしてもBMWのホームページで各国で写真が違っていて、またその出来も違う~。
もっとうまく撮れよなぁ~。売りモンでしょ?


20070517123015.gif


「竹島問題でございますが、そもそも竹島問題というのは、これはどこまでいっても水掛け論でございまして、この水掛け論を終わらせるにはどうすればよいか。

水がなくなるまで掛け合うしかないのでございます。

つまり我が日本国は、竹島のみならず南北朝鮮もろとも返せと、半島そのものの返還を求める『半島の日』というものを制定いたしまして、徹底抗戦にでるという選択肢しかないのでございます。

お願いです。
しかるに私をテレビに出してください。切羽詰ってるんです。
限界なんです。」

映画「タナカヒロシのすべて」記者会見にて
記事はコチラ:MovieWalker2005.5.14

ネタとしてはいいんですけどね。
返還してほしくありません。

20070511175119.gif


アイム・ノット・イン・ラヴ

70年代不朽の名曲として10ccを代表する曲ですよね。だいたいのヒトは曲名やアーティストを知らなくても聴いたことはあるはず。

この曲はラジオDJから絶大な支持を得た様子を見たレコード会社がただちにシングル・カットをメンバーに要求したらしいんですが「ライヴであの楽曲のクオリティーを表現出来ない!」として最後までメンバーはシングルカットに難色を示した。というようなエピソードが残されてるんですが、『?』ですよね。ライブでするのとシングルカットと何の関係があるんだ?わからん。
誰か知ってたら教えてください。

バックに流れる幻想的なコーラスが凄く印象的な曲ですが、これは4人の声をテープ編集により256人分(!)に増幅して作成されたらしいですよ。

10cc- I'm not in love

「10cc」というバンド名の由来については諸説乱れ飛んでるようです。男性が一回に出す精液の量×4人分が、だいたい「10cc」という事でつけられたとか。正しいとされているのは「10cc」の所属レコード会社の社長、ジョナサン・キングが見た夢説で、ハマースミス・オデオン(またはウェンブリー・スタジアム)のカンバンに「世界で最も偉大なバンド、10cc」と書いてあり、「これは神のお告げかもしれない。」と思った彼が縁起を担ぎ「10cc」と名付けたという説。まぁそんなところか・・・。



800px-10ccband.gif



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。