ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gwyneth-Paltrow.gif


Gwyneth-Paltrow

ワタシは女性の白い肌と、細い黒い糸とのコントラストが好きです。
女性は肌が白いのは最も美徳としていいでしょう。
それくらい白い肌が好きです。

女性が身につけているものを脱がすとき、一枚一枚剥いでいくという表現は文学的で美しく感じます。
そうした中で、受動的なる女性は自ら、下着を剥ぎ取ってはいけません。そこでは男性に身をゆだねるのです。抵抗するべきタイミングはまだ後からやってきます。いまは、男性の好きにさせておくべきでしょう。男性はゆっくりと、そして丁寧に一枚一枚剥ぎ取っていかねばなりません。
そこでは、男性は或いは暴力的な面も見せてもいいのです!その女性の素養にもよるのですが男の子の兄弟がいる場合問題はないです。または父親が男性的な要素が強い場合むしろプラスに働きます。オトコとは女性にとって理解しがたいほど暴力的な存在なのです。

男性はゆっくりとそして易しく出来るのであれば、その柔らかいヴェールのうえから、触ることを許可されます。いいのです。しなさい!あなたは彼女のプライヴェートなスペースに入ることを許可されたのです。やりなはれ!

そしてその下着から柔らかい彼女の本体を引きずり出して、肉体としての彼女の部分を感じさせるのです!
彼女はもう覚悟しているのです!(まだ、胸の部分ですが)
唇で彼女の乳首を愛撫してもいいのです。SEXはまだ先のことです。まだまだ先の話です。彼女の胸の周辺と首筋と唇を愛撫しなさい。
彼女をオトスのはまだサキノ(10分後の)話ですが、いまあなたにはやることがある!愛情を、ほとばしる愛情を激情をぶつけることです。

あぁ、こんな風にかいてて感じてきてしまいました。
最近こんな感じのシチュエーションに乏しいのです!
結局のトコ、レースの下着のエロティック性についてかいておきたかったんですが、エロ小説みたいになってしまいました。




スポンサーサイト
今日は実は休日出勤。
管理職なんで休日もクソもないんですが、理由はイタって簡単。
今日は子供の運動会だったんですが、大阪地方は雨。で、順延したのが来週の平日。で、代わりにシゴトを進めとかんとえらいことになるというので、事務所にノコノコ出てきて仕事。

とはいえ、考えるのがシゴトなんで作業が進捗したというモノでもなく、ダラダラと考えるばかり。
ちょっとぐらいは出来上がってるんだけど、ソレは来週のプレゼンの資料で、プレゼンしないかもしれないという微妙なクライアントのものなんで、やらなくてもいいかもしれない。それは、FEEの問題抜きで、やるもんでもないかもしれないクライアントという認識。なので、適当にやってもよさそう。で、前回の別物件でのプレゼンを見込んでの“依頼”に変化したので、コチラに主導権があるので、Feeしだいで、するかしないかは自由。前回のプレゼン前(先週)に聞いていた仕事だけど、プレゼンにの評価が高くって、向こうから依頼してきたのであれば、コチラからのください的な営業業務性は薄れて、お願いしますね的な、前回までの態度や口の聞き方はスルーでね。(ごめんなさい。わからんでしょう?このあたりの駆け引きは、クライアントとの付き合いの度合いで微妙。こんだけの説明ではわからん話でしょうがそういうビミューな世界もあるということで。)

で、今日のメインは別のコト。非常に重要な問題で会社の経営と方向性。さらにそこで問題なのは、ワタクシが経営陣でもないのに、会社の時期の政策を考えるチームに入ってること。わが社は最近ヘンな傾向にあって、経営陣はろくに経営方針を立てない。それどころか、我々に考えさせる。とはいっても、(クライアントの方針や運営理念やグランド・コンセプトを建てているので、そんなに困るほどではないが)勝手なこと言われるよりは自分で考える方がいいかなぁとも思ってたりしてヤル気はあるという事。でも、自ら鬱と―――し―――シゴトを自分ではしたくない(ていうか率先してやらなくてもいいはずの)微妙な立場。
何でかというと、自分の生活基盤を脅かすことを自分で提案しなければならないことになるかもしれないから。

さて、ワタシは関西在住ですが、業務のクライアントの大半が東京になってしまった。
経費的なハナシは置いといて、じゃあ東京行けば?見たいなハナシとか、最先端の部分の業務を任されといて関西?でいいのか?的な物言いとかを自分でしなければならないジレンマ・・・。
そして、家庭・・・。
辛いなぁ~。
イイシゴトもしたいし、いい家庭も築きたい・・・。
『オレはもっとできる』なんて思ってるし、関西でファミリーの為にしたいこともいっぱいある。(其のうち大半は東京でも出来るが)

悩ましい休日なわけだよ・・・。
どうでもいいことを書いてしまいましたが、時々リアルなトコを入れて血の通ったブログを目指します(笑)
私のブログであがってるトピックスは、シゴトネタ。
仕事しながら聴いてた音楽とか、ふっと思いついたこととか、やってる仕事の中で考えたことをまとめてかいてます。
だから、暇な仕事をしながらやってるわけではないと!決して。
ちょっと、書いてみました(笑)こういう話を聞きたくない人もいるわけですが、ま、たまにはいいじゃない?

Lou-Reed.gif


ルーといえば誰よ?
岡山県立岡山一宮高校の6期生ならクロダさんだけどね(笑)
いや懐かしいわ(笑)
一般人なら“ルー大柴”ってとこか?
また最近復活してて、テレビでもよく観るよな。どう――でもいいような類のタレントだよ・・・。『寝耳にウォーター』って、なんか、もうどうでもイイヨってカンジで・・・だるいデス。

さて、ロックなヤローは“ルー・リード”だろう?!
ルーといえばルーリードだ!

ヴェルベット・アンダーグランド時代もよし、ソロもよし。
まずは聴いとけ!

PVではないけどうまくまとまってていい感じのV↓
A Walk On The Wild Side
うまいこと雰囲気を出してるよな!ワイルドサイドを歩けっ!ってカンジで。

オススメその2はサテライトオブラヴだ!メロディーの美しさとバックが印象的なマスタナンバーだす。

Satellite of Love - Lou Reed

とても、ヤク中だったオッサンの書く曲とは思えない美しさ!

ライヴでやるとこんなアレンジで、ワタクシ的にはもひとつか。
昔のルーのスタイルからすると、最近の抜けた感じのテンションの低さは許しがたいものですが、まぁそんなもんだろうと諦めてます。
ジジイのやるロックでキツイのりだとシンドイしね・・・。観客もトシ喰ってるからついてけネ――――よってカンジで(笑)

lou Reed - Satellite Of Love

よっぽどカヴァーしたいヒトもいて、U2のカヴァーもなかなか。

U2 - ZooTV Sydney - Satellite Of Love

唄は確実にボノのほうが上手。
でも、ルーにはソレを含めても、外しがたい何かがあるんだよ!
アウトサイダー的なスネてみた感というか、いろいろやったよ的なホンモノの凄味というかね・・・。わかるかなぁ・・・。

bonjovirunaway.gif


青春当時のアーティストが年食ってると自分の年齢を思い知らされます。

She don't know me - Bon Jovi

若さ=切なさだねぇ なんてしみじみ思うよ。
こういうのを30超えてはね・・・(笑)



20070928193147.gif


あんまりヘビメタとかハードロックとかは聴かないんですがメジャーどころは、さわりだけ知っておりまして、例えばこんなの。

Black Sabbath - Iron Man (Ozzfest)

一人で聴く分にはほとんどこういったのは聴かないけど、パーティー的なときには好んで流すのよねぇ・・・。
バカっぽいパーティーロックにはうってつけのへヴィーメタル!
現場の盛り上げ役にサイコーです!オススメ~。

さて、オジーセンセイといえばしばらく前に大ブームになったのは記憶に新しいトコ。あれっきり日本では聞かないんですが、まだ人気あんのかねぇ?アメリカでの人気も継続してるんでしょうか?

20070928193207.gif


自分っちのバカっぷりをさらけ出して家族もデヴュー!
ムスコもムスメもよ―――考えよ・・・と心配してましたが、どうなったことやら。ま、どうでもい―――んですがね。

dietrich.gif


タバコといえばデートリッヒ。
かっこいいっすよね。タバコ吸うのが様になってるっす。

最近の禁煙区域の拡大というか、喫煙者締め出しというか、嫌煙者によるタバコ締め出しの動きはたまりませんわな。東京出張言って何が辛いかって外でタバコを吸うところが少ないこと。当然室内はまず禁煙だしね。喫茶店で禁煙なのもハラたつけど、こないだ赤坂見附のマクドナルドでも全席禁煙なのはアタマきました。

タバコとコーヒーが必要なのです。
悪く言えば依存してるんです。でも、本人が許容してるんです!
吸わせてください。吸えるところを増やしてください!

ちなみに我が家は禁煙(笑)
室内が真っ白なんでそんなところでタバコは吸いません。
ルーフバルコニーに指定席を用意してます。真夏と真冬は辛いけどね・・・。タバコのついでに金魚のえさとカブトムシの幼虫の成長観察と植木の水遣りがほぼ日課に・・・(笑)

World_cup.gif


日本の引き分けの試合見ました?
ちょっと感動しました。ラグビーは心が熱くなるなぁ・・・。

20070927172326.gif


たぶん最初に好きになったワルモノ。
全身ブラックの、ワタシの今のスタイルを決定付けた師匠。
脳ミソスケルトンという衝撃的なスペック。
そしてスカーフェイス。幸薄そうな薄い唇。愛情をこれっぽちも感じさせない冷たい目。サイコーです!
あんたサイコーだ!

でも、ふっと思いついてあげたんですがストーリーを何も思い出せないっ!そもそもハカイダーってなんなんだっけ?
というわけで、調べてみました。

ちょっと引用。
引用ネタはコチラ平安楽土~夢幻の如くなり~ありがとうございま~す。(御礼)

ハカイダーはキカイダーを倒すためにダーク科学陣が開発した戦闘用サイボーグである。キカイダーの強さの源は「良心回路」という独自の命令系統であると考えたダークは、いわば「悪の良心回路」を開発した。それが「悪魔回路」である。良心回路と悪魔回路の機能は基本的に同じと考えられる。簡単に言えば、与えられた使命を遂行するために、自らの行動を決定する機能である。「俺はお前等のように命令通り動く低能ロボットではない。」というハカイダーの台詞からもそれがうかがえる。しかし、良心回路と全く同じものをつくり出す技術のなかったダーク科学陣は、人間の脳を組み込むことで、この問題を解決した。その脳は、優秀な人間の脳であるほどよい。そこで目をつけたのが、キカイダーの生みの親・光明寺博士の脳である。悪魔回路の機能を十分に発揮できるし、人質としての効果もある。まさに一石二鳥である。緒戦においては、ハカイダーが圧倒的なパワーでキカイダーを追いつめる。最期のとどめという瞬間、ハカイダーに血液交換の時間がやってくる。ハカイダーがその能力を維持するためには、一定時間内に光明寺博士の体との血液交換をしなければならない。そうしなければ脳が壊死し、悪魔回路が機能しなくなるのだ。この時点では、キカイダーはハカイダーの頭部に光明寺博士の脳があることを知らない。したがってこの戦いは、両者による最初で最後のフルパワーでのぶつかりあいであった。結果は前述のとおり、ハカイダーの圧倒的勝利であった。

お―――スゲ―――。世の中にはこういうのをちゃんと作ってるヒトがいるもんなんだねぇ・・・。
スバラシ―――。
で、なんか『人造人間ハカイダー』なんてDVDもあったりして・・・。なんか新しくなってる!えらいカッコええやん!

20070927172406.gif


なんか、子供の頃のこういうヒーローモノって根強いなぁ・・・。
まぁ、アメコミのスーパーマンやバットマンも何度も映画になってるし、そんなノリなんでしょう。
見には行かないけど(笑)

Swatch.gif


80年代の仇花・・・スウォッチ。
最近はスウォッチビジューとかで、アクセサリーも展開。
コレが意外とかわいいです。
まぁ、いま普通に考えるとスウォッチになんかいかないけど、ちょっと見てみれば?

pete_2.gif


いや――――お恥ずかしいハナシですが、高校生の頃の私の神様。
前にも一回ピックアップしたにゃア~。
今回はコレです。

Dead or Alive - Turn Around & Count 2 Ten (Disco Dream Mix)

この曲をもってしてユーロビートの潮目が変わった!
フィナーレを飾るにふさわしいドラマチックなユーロビートの王道的な楽曲であり、ユー・スピン・ミー・ラウンドで幕を開けたユーロビートの幕を下ろすにふさわしいバンドというわけですな。
ディスコからクラブへ・・・。
バブルが終焉を迎えたわけです。

それと歩調をあわせるかのようにデッド・オア・アライヴもフィナーレに。
ユーロビートって言うジャンルがない初期のうちは、ハイエナジーとか言ってたんだよ。知ってた?デッド・オア・アライヴのアルバムで言うと『美醜の館』のころ。もう少しファンクっぽかったり、ディスコのメジャーをカヴァーしたりね。それがユース・クエイクでブレイク。マッド・バッド・アンド・デンジャラス・トゥー・ノウでは様式美ってかんじのウレセンバンドに。
プロデューサーのストック・エイトケン・ウォーターマンは超売れっ子に。日本は当時バブルだったし、女の人はイケイケだったし(笑)。

ピート・バーンズはおかしな感じにメタモルフォーゼしたと。そういう感じ~。時代ってこんなカンジで終わるんだなぁという感慨を込めて・・・。


402px-Matrix_reloaded_ver14.gif


マトリックス自体はたいした話はないんですが、この映画にね、ワタクシ好みのワルモノがいまして、そちらについて少々お話してみたいかなぁと思いまして・・・・。

Matrix Reloaded Trailer

ワルモノ=黒であったのはずいぶん過去の話なんですが、ココに来て悪者が白いってのは凄く新鮮でした~。

thetwins.gif


ニール・レイメントとエイドリアン・レイメントの双子さん。
イギリス生まれの松涛館空手のインストラクターだそうな・・・。本国イギリスではお茶の間番組の人気者だそうだ(笑)

そんなのはどうでもいいんですが、ドレッドの白いのってイカスなぁ・・・。惚れ惚れしますよ♡センス抜群だな。
あと、額のハゲあがりがチャーミングだ!

Matrix Reloaded - Entire Freeway Chase Unedited

基本的に双子ってのも、ワタシ的にはナニでしてね。(今回は双子ちゃんどころか、同じ顔だらけで興奮)で、髪が長くってしかもドレッドで真っ白けのスタイリングってのがショッキングでした。普段のワタシの戦闘服は基本全身黒なんですが(夏場のシーズンのプライベートを除く)、このときばかりは白くしようかなぁ・・・と真剣悩んだほど。でも、髪の毛を白く出来なくて(する根性がなくて)やめましたけどね。

549px-Nietzsche187a.gif


“Also sprach Zarathustra”
Friedrich Wilhelm Nietzsche

きちんとニーチェの著書が読めてないのが非常に残念なんですが、ワリとこのヒトが好き。
と、言うようになったのも西尾幹二(センセイ)の新書を読んだから(笑)。
どうも哲学書ってのは退屈で読めないんだよね。
ダイジェストで充分なんて思ってます。

ところで当時は『神は死んだ』なんてかなり挑発的な文章だったらしいですが、今ではロックも死んだし、あらゆるものが死んじゃったので、あまりショッキングじゃないですね(笑)
でも、オリジナルが持っている力強さとカッコよさは永遠~♪
そういう文章としての美しさというかコピーライティングのセンスがサイコー!こういうのをパクって言い換えたりなんかするのが知的なコンセプト作り!などとほざいて最近はこんなカンジのが多くなったなぁ・・・。


DB.gif


ワタシがどれほどこのデヴィッドボウイさんに傾倒していたかはみなさん知るヨシもないところでしょうが、このブログではちょいちょい彼をピックアップしてます。

“メジャーなカリスマ”と呼ばれる彼の恐ろしいところは、このカリスマ性を維持していること。(維持していたのほうが正しいか?)そしてその方法論としては、タイトルにも上げた『変容』にあるというのは間違いないでしょう。まぁ、本人もそれに近いことを言ってるし。

面白いこととか興味の対象に向かうことに躊躇がないって言うか、悪く言うと節操がないぐらいでね、その嗅覚ってのが先ずすごいし、その面白いアクションに対する彼の反応ってのは、さらにそれ以上、オリジナルのムーヴメントの萌芽を凌ぐものってのが才能なんでしょうね。

David Bowie's "Space Oddity"

面白いものを見つけてくる才能っていうのは欲しいなぁなんてあこがれるところですし、ひょっとしたら少しぐらいはあるんだろうなぁなんて思ったりもするけど、それが時代に乗っかるようなムーヴメントになるかといったら、それはソレ、ねぇ・・・。

まずは舞台に出ないと。
注目されるような舞台を選ばないとだめだなぁとしみじみ思います。
このあたりの感想は、銀座のプレゼンをして思ったんですけどね。舞台が大きかったり、グレードを持ってると予算が同好なんていわないもんだと・・・そういうことです。
大阪でいるのも悪くはないんだけど、仕事の質やクライアントの質はやっぱり東京だなぁ・・・なんてね。思いました。

20070925130152.gif


久しぶりの新宿。
物件の打合せとかプレゼンで東京に来てたんですけど時間を無理やり作って新宿へ。お目当ては伊勢丹。

前回改装途中の本館は見たんですがその後どうなったかというわけ。
で、
凄かったっす~。やるなぁ伊勢丹ってカンジでしたよ。

で、メンズのほうも観てきたわけですが、そのレジテンツってやつはう~ん、どうだろう論評が難しいっす。ワタクシはタバコをたっぷり吸うヒトなんですが、メンズサロンのお茶飲むとこが禁煙って・・・。
雰囲気はよかったですよ。
さすがはってカンジで。

難点はその下のフロアかなぁ・・・。
2階なんか最強にバージョンアップしてんのに、なんかゴルフウェアとかね、そういうフロアがもひとつかなぁ(ずっと変わらず其のままなんでがっくり)ここをバツ―――ンって変えて欲しいいなぁ・・・。

20070914180417.gif


さて先週の帰郷でナーゲルのポストカード発見以来何枚か出してみましたが、いやぁ懐かしいですね。
80年代の香り全開でしたねぇ~。いやぁ・・いいわぁ・・・。って

当時のイラストレーションって国内のもこんな感じだたよねぇ。
江口寿史とかは、すでに大御所だったけど『ツルモク・・・』のとか『右曲がりの・・・』とかこういった風だったよね。
当時ワタシ的には上條敦士の『TO-Y』がマストでしたが・・・。

もう、あんまりナーゲルばっかりなのもどうかと思ったのでコレが最後。むかし、ホントにナーゲルが好きで女の子にこのイラストを送ったことがあるんだよ~(恥)
今考えるとね、女の子にポスターあげるのもどうかと思うし、貰ったほうは困っただろうなぁ・・・。で、どうなったんだろうなぁ、あのポスター。すぐに捨てられたんだろうなぁ・・・。

と、そういう過去を思い出したんでかいときました。
今の今まで忘れてたのに、ポストカードを見てうわっ!なんかコレだれかにあげたよな?!なんて一気に過去が甦りました。こういう記憶の取りもどしかたってあるんだなぁという感嘆と恥ずかしさでいっぱいです。

20070913164128.gif


80年代てのは新しい美の基準が発見された時代であらゆるものをニューウェーヴというカテゴリーで消化してましたな。
そんな80年のブラックビューティー。グレース・ジョーンズ。

際立った個性がゆえに当時のもっとも鋭角な部分のファッションなんで今見るときついんですが、当時の一級の資料です。

Grace Jones - Slave To The Rhythm
1986: Best Female Video for "Slave to the Rhythm": Nomination

こいういう経過を経て、ブラックの地位とか美の基準とかがきちんと個性として認められたというわけですな。


20070914171751.gif


いや~すみません。
東京出張2daysで、まったく何も出来ませんでして、それと言うのも2つプレゼンこなしてって感じでね。
東京も暑かったっすよ・・・。で、初日の夜からトバして呑んじゃったし・・・。
でね、九段下~新宿~銀座~御徒町~馬喰横山~渋谷とかなり頑張ったよ・・・。詳しくは今後な。

nikki--barris,-ny-1996.gif


またまた、エレン・フォン・アンワース。
今回もエロス全開~。
恍惚の表情であられもない姿でいい様にされて・・・。

この写真でいちばん好きなところは男性の左腕で、押し上げ潰されている左胸のかんじ。こういうトコロがワタシはスキなんです。

sexpistols.gif


年頃の諸君の通過儀礼としてパンクをオススメする。
現代の中学生の諸君や高校生の諸兄に特に推薦するものである。
ただし決してこのように生きてみろというものではない。こういうのでいいんだよ。という易しい解答だからだ。

音楽産業がロックによってポピュラー化がすすみ、産業として肥大化していく中であらゆる実験的なことが了承され、あらゆる行動が神話伝説化されていく中で、抵抗、破壊、自滅すらも産業な取り込まれてしまったという当時の状況でパンクは終焉を迎えたわけですが、その後の音楽的進歩は目覚しいものでありとあらゆる新しいものがニューウェーヴとして送り出されたわけです。
そのような萌芽はすべてパンク時期に種がまかれていたのであり、ニューウェーヴで名をはせる人たちがバンドを組むきっかけとなったのは、パンクのライヴで感動したからというのが圧倒的だったわけです。
あんまり簡単に書くと、単純なのでちゃんとしたのを引用すると・・・。

ビートルズなどを経てさまざまなミュージシャン、アーティストの試行錯誤により音楽的に高度化、洗練された1970年代頃のロックの楽曲は、すでに難解な音楽理論を必要とするものが多くなっていた。ロックの持つ元来の精神性は、若者の社会への主義主張が多くを占めていたが、速いテンポでの音数の多いギターソロなどに代表される高度な演奏技術をも使う楽曲を、昨日今日に楽器を始めた若者に演奏できるはずもなく、さらにロックミュージシャン達の軒並みの高年齢化、商業主義による精神性の形骸化も進み、それら若者の主義主張、社会批判手段としてのロックの側面は薄れていく。パンク・ロックはこれらへの不満を基に、どんな若者でも演奏できる音楽、転じて「若者達の叫び」としてのロックの回帰を核として生まれた。後にニューヨークから英国へブームメントが飛び火しロンドン・パンクが商業的成功をおさめ、世界的に音楽のみならずファッション面や思想面でも大きな影響を与えた。演奏テクニックや理論を重視する音楽に対する反発から、スリーコード中心のシンプルな曲調を基本とし、テクニックよりも勢いを重視した攻撃的な演奏がメイン。この特徴はパンク・ロックの前に勃興したグラムロックの手法を受け継いでいる面もある。ミドルからやや速めのテンポの曲が多い。また、反システムや反暴力、差別の撤廃などを訴える政治的・社会的なメッセージを込めた歌詞が特徴として挙げられる。

ということだそうだ。
まぁ、そんな感じ。それでも、そんなに高尚なもんはなくってめちゃくちゃやってるぐらいの感じだったなぁ。
さぁ、そこでゴッド・セイヴ・ザ・クィーン~!
いいですか、国家と々名前を持った曲ですよ?!

godsavethequeen.gif


アメリカに渡り準メンバーとしてニューヨーク・ドールズに関わったマルコム・マクラレン(後にアダム&ジ・アンツ、バウ・ワウ・ワウのマネージャーを勤める。)が、ロンドンで、アートスクールの仲間ヴィヴィアン・ウエストウッドの店SEXに出入りしていた若者を集め、店の宣伝のために、1975年、セックス・ピストルズが結成された。テレヴィジョンのリチャードのファッション、破れたシャツ、安全ピン、逆立てた髪を真似、傍若無人な言動を繰り返す彼らはイギリスで話題になり、パンクがアンダーグラウンドから一躍、メジャーなものとなった。それまで大学のキャンパスでしか口にされることのなかった、Anarchyと言うフランス語源の言葉をポップ音楽の中に取り入れた。

スタイルとしてのパンクはとても田舎じゃ真似できないもんだったですが、ロンドンには随分あこがれたもんです。
なんせ、東京にいくより早くロンドンに言ったもんね!(笑)

Sex Pistols - God Save the Queen

今見ても尚新鮮なこのエイゾー!
仕掛けとか映像エフェクトなんてなんもなし、ストレート!
やっぱり単純なのがいちばん強いな。
強烈だ!

20070914171232.gif


同時に保守的思想の愛国主義者からはその言動や楽曲、ファッションまでが敵視され演奏会場の提供拒否や排斥運動が起こる事態となった。 彼らに対する拒否反応は最終的にはメンバーが右翼の暴漢に襲われて重傷を負うまでに高まった。MI5(英国機密情報局)本部のテロリスト・諜報部員などの監視を行う部署には、『1977年コンテンポラリーミュージック破壊活動分子』と云うタイトルの付いた膨大な量の資料の入ったファイルがあり、中の書類は、全てセックスピストルズに関するものだったと元MI5部員の証言もある。

sex pistols-anarchy in uk

アナーキーってな日本のバンドもあったな(笑)

それにしても、このPVスゴイね!やばい!
当時はこういったのは雑誌の記事での写真ぐらいでしか観たことがなかったっすよ!

イギリスでは、失業者の増加と言う社会問題と相まって社会や体制に対する反抗的な姿勢、怒り、乱暴な演奏などによって大きな社会現象となる。後の音楽はもとより、ファッション、芸術、文学に至るまでその波は広がっていくことになる。しかし、話題性とファッションだけが先行し、さらにブームの火付役であったセックス・ピストルズの初のアメリカツアーが失敗に終わり、オリジナルアルバム1枚を残しただけで解散する。その後、セックス・ピストルズ以上に髪を逆立たせ、服を破いたスタイルのロンドン・パンク・ファッションは世界に広がっていった。

sex-pistols.gif


若者諸君!
若いうちにこういったビデオなり映画だの見て48~38ぐらいのオッサンの青春を知っておけ!
会社に入ってカラオケでアナーキー・イン・ザ・UK 謳えばヒーローだ!オッサンのココロを捕まえて出世の道を切り開け!

2007_Judo_World_Championshi.gif


「こんなの柔道じゃねぇ!」

全日本男子の監督斎藤仁が吼えました。
この連休にテレビも見ましたのでそうだよな?おかしいよな?という話を考えてたんですが、ヤワラママの金メダルを見て気が変わりました。

問題のこんなの柔道じゃねぇ発言は男子鈴木と井上の試合後に出たコメント。いずれも日本選手の技にかかったあと相手選手の捨て身のワザがポイントになって、日本選手は負けたというもの。
VTRみても確かに技はかけてるし、そのあとムリクリに(力技で)日本選手を倒してる。それがおかしいという論調。

どうも柔道は日本国内の見方と世界での見方が変わってきており、なんで宗家の日本のルールが世界のルールにならんか?と思ってました。
日本のは先に技を出してるのが認められて、世界のは後のワザのほうというもの。そんなんじゃぁ、正しい柔道がなくなると思ってました。
少なくとも後のポイントとるなら先のポイントも取れよと。
ワザのかかり具合でも、とりあえず技ありレベルなんじゃないかな?なんておもってました。

でもね、考え直したよ。日本の柔道は一本勝ちする柔道なんでしょ?
じゃあ、ポイントがどうこう言う前に相手が返しワザするまもないくらいの一本決めないと・・・。
日本の柔道は世界から研究されてるわけだし、勝ち残ろうとするなら常に進歩しないと。と思ったわけです。第一、谷(ヤワラママ)はずっと研究されてきたわけでしょ?で、今回勝ち残ったわけでしょ?
国内で勝ち抜くのも大変だったろうケド、代わりに若手が出てたら優勝するのかといえばそうでもない。

ひとつのワザを極めていくのと同時に多彩なワザを自分のものとして、相手が研究してきてもさらに高い位置にいる日本!
そうなって欲しいと思うものであります。

柔道連盟の会長選で山下が負けたとかで、日本柔道から柔道が離れて行ってると思ってたので、世界の柔道が本来の柔道から変質してると思ったのですが、あくまで日本柔道は一本勝ちという本質にこだわる姿勢で、がんばって欲しいと思いますし、そうした部分で尊敬を勝ち取って欲しいと思います。



20070914180505.gif


個人的には髪の短いオンナはあまり興味の対象にならない。
自分の髪が肩甲骨辺りまで伸ばしているくらい長い髪好きというのもあるが、髪を短く切っていてキレイでいられるオンナはそんなにいない。
と思っています。
このイラストレーションみたく襟足の処理は日本人の髪質では難しいのだそうだよ。10年来の付き合いの美容師曰く。

そうした部分はおいといて、「ケツ」である。
若い男の子は、まず胸に目が行くものですが、年を重ねるにつれ「尻」の魅力というのがわかってくるもんです。
味わい深いパーツ・・・・「尻」!

細くくびれたウエストから横へ張り出した腰部へ、そこからボリュームと贅沢な曲線を駆使した臀部へ!一定の重みを持たせ大腿部へ切り込まれるように流れ落ちていくカーブ!ゆっくりとやわらかさを落としつつふくらはぎで最後の緩やかさを見せつけながらもそぎ落とされたアキレスへ!
この一連の流れの中で尻の担う役割は大きい。

因みにワタクシは薄い薄い尻をむしろ憎んでおり、デニムを穿いたときのぺったんこの女性の尻が何より醜いと考えておるモノである!
また、極端に横幅のないウエストそのままのサイズで製造された尻には哀しさを感じるモノである!そういった尻の持ち主はスカートを穿けばよいではないか?何故ジーンズを穿くか?!と説教がしたい。
パンツスタイルがよければ折り目についたパンツを穿けばよいではないか!よっぽど尻がでかいオンナよりきれいに穿けるぞと。

きれいに見えるスタイルを選択すればよいのに!と。
ワタシは力を込めて言う!
私は尻が好きであるが、尻だけが好きなわけではない!
尻を見せるのならきれいに見せるべきだといっているのである。


Swingoutbreak.gif


最近のコマーシャルでSOSの曲が使われてたのを見たんですが、まだやってるんですね。この人ら・・・。けっこうがんばるな・・・。

でもやっぱりこの人らが一番良かったのは最初だな!
コリーンの自然さが溢れたこのPVがサイコー!

Swing Out Sister - Breakout

昔はおしゃれだのなんだのって感じだったんですけど、音楽的にもちゃんとしてたんだなぁと感心します。

それにしても、このブレイクアウトのジャケはかっこいいなぁ・・・。

Philips.gif


この会社柔軟性があるなぁ・・・。注目~!
スワロフスキーとのコラボみました?
今月のファッション紙で取り上げられてるので知ってると思いますが、すごい!
たとえばヘッドフォンやUSBだとか。
フィリップスがすごいのか、スワロフスキがすごいのか?っていうとたぶんスワロフスキなんだけどね。

20070914171613.gif


精神が病んでるのか?
それかそういう嗜好性なのか?
最近目に付くものや、はっとするものには危険なイメージのものが多いんですよ。

20070914171700.gif


法事で実家に帰ってるんですがあるわあるわ。
パトリック・ナーゲルのポストカード・・・。

80年代を代表するイラストレーターでデュランデュランのリオのジャケットで有名。当時絶頂期には中山美穂のジャケットも描いてたよね。
今ざっと見渡すと、この当時この手のイラストおおかったっすよね・・・。


frente!.gif


まさかの『ビザール・ラブ・トライアングル』のアコースティック。
初めて聴いたときには、しみじみとありがたかったです。

ほのぼのした声がたまらないですね。

Frente! - Bizarre Love Triangle

こういうのを聴いた後に、ちゃんと本家本元『ビザールラブトライアングル』いきましょう!ビデオはロバート・ロンゴ!
う~ん、アーティスティック!

New Order - Bizarre Love Triangle

サイコーです。
それにしてもわざわざ日本語訳にしてみましたが、ヘンなの!

04.gif


よく、中性的な魅力などといいますが、果たしてアレは褒め言葉なんでしょうか?男性に対してはオンナっぽい、女性に対してはボーイッシュだというところで言ってるくらいが関の山。

ホントに中性的って性別不明ってぐらいじゃないとね。
まったく性的なものをカンジさせないとか…。
そうじゃない?

Jane-Birkin.gif


エルメスのバーキンを持ってるのってカッコイイですが、本家本元ジェーン・バーキンの“バーキン”はストラップも外して、ステッカーでチューンしてあって死ぬほどカッコイイ。
もっとも庶民にとってはお高い買い物なんで、そりゃぁ大事に大事にしかも丁寧に使うのもよくわかる・・・。(しみじみ)
でもなぁ、そもそもバーキンなんて、なんでもバカスカ詰め込んでって用にわざわざエルメスの会長が作らせたこのヒトのためのコンセプトモデルなんだゼ?それぐらいの根性で持て!と。

かくいうワタクシの最近のバッグはLVのソミュール(L)。既に廃盤なので、もう売ってないですよ。で、同じようにステッカーチューンしようと思ったのですが、やっぱり出来ませんでした。
は~庶民ってヤツぁ・・・・。

で、そんなバーキンですが奔放なイメージですよね。
タブン間違いなく奔放な方でしょう。
でも、また美容整形はあたり前とされる芸能界にいらっしゃるわりには、顔にメスを入れる抵抗感から整形を頑なに拒否してたり、同じように、コラーゲン注入・皺取りなどのいわゆる"美容医療"も不自然でなじまないとの理由で拒否したりと、こういうところがなんかスキ。




B00007L4MJ.01.LZZZZZZZ.gif


メトロポリス』(Metropolis)フリッツ・ラング監督(1926年製作)
不遇の名作~。哀しいかな政治によってズダボロにされて、もうもとの姿を見ることが出来ないという残念な運命~。モノクロサイレント映画で、ワイマール共和政時代に製作されたドイツ映画なんですが・・・、

製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降多数のSF作品に多大な影響を与え、世界初のSF映画とされる『月世界旅行』が示した「映画におけるサイエンス・フィクション」の可能性を飛躍的に向上させたSF映画黎明期の傑作とされている。

原作となる脚本は、フリッツ・ラングと彼の妻テア・フォン・ハルボウの共同で映画のため1924年に書かれたものだが、1926年にハルボウ名義の原作小説として出版された(ハルボウはその後ナチスを支持するようになり、ユダヤ人だったラングとは1932年に離婚している)。

1926年に制作されたオリジナル作品は大長編映画だが、完成後すぐアメリカのパラマウント社に持ち込まれ、興行的な理由と「共産主義的な傾向を本質的に持っている字幕があった」という政治的な理由により、ラングの許諾無しに徹底的にカットされ、継ぎはぎの編集が為されたコンパクトなアメリカン・バージョンとして公開された。

1927年にオリジナル全長版をプレミア公開したドイツのウーファー社も、結局はアメリカ編集バージョンに追従した。上映回数を増やし利益を上げるためであったが、それでも莫大な制作費を回収することができず、倒産するに至った。そうした混乱のため、上映時間は世界中で様々なバージョンが存在した。

その後、第二次世界大戦の混乱などでオリジナルフィルムは世界各地に散らばり、フィルムが現存するかどうかも定かではないためオリジナルの完全版を観ることは不可能とされた。

SFサイレント映画「幻の名作」として長い間知られていた本作だが、この作品の熱狂的ファンである著名な作曲家ジョルジオ・モロダーが、世界各地のコレクターからフィルムを購入して再編集し、自ら作曲したロック調の音楽をサウンドトラックにしたジョルジオ・モロダー版『メトロポリス』を完成させて1984年に公開した。

ジョルジオ・モロダー版の『メトロポリス』は、一部がカラー化された90分のバージョンで、音楽の要素が濃い作品になっている。そのため、オリジナル作品とは異なる作品という評価が一般的である。


Metropolis (trailer)



あらすじはこんなカンジ・・・。

2026年、ゴシック調の摩天楼がそびえ立ちメトロポリスと呼ばれる未来都市では、高度な文明によって平和と繁栄がもたらされている様に見えたが、その実態は摩天楼の上層階に住む限られた知識指導者階級と、地下で過酷な労働に耐える労働者階級に二極分化した徹底的な階級社会だった。

ある日、支配的権力者の息子・フレーダーは労働者階級の娘(マリア)と出逢い、初めて抑圧された地下社会の実態を知る。マリアが階級社会の矛盾を説き、脳(知識指導者階級)と手(労働者階級)の調停者の出現を予言すると、労働者達にストライキの気運が生じる。

この様子をこっそり見ていたフレーダーの父であり支配的権力者のフレーダーセンは危機感を抱き、発明家のロトワングに相談したところ、ロトワングはマリアを誘拐してマリアに似せたヒューマノイドを作り出す。このヒューマノイドをマリアの身代わりロボットとして地下社会へ送り込み、労働者達をコントロールしようという魂胆である。

ヒューマノイドは男達の羨望の的となるが次第に暴走し始め、階級闘争を扇動するようになる。地下から地上へ群集となって押し寄せた労働者達は工場を破壊し、地下の居住地区に大量の水を流し込んでしまう。扇動による行為が自分達の首を絞める事であると気付いた労働者達は、マリアの身代わりロボットを糾弾し火あぶりにする。

地下に残された子供達を救い出し、時計台の上でロトワングとの決着をつけたフレーダーは、調停者として父と労働者達との仲介を図るのだった


ロボットと人間の対立という図式は今でも通用しているプロットで、このようにかいてみても新しさのかけらも見出せないんですが、まぁコレが最初だということで理解すべきでしょう。
映画自体は意外とキレイよ。
なにがいいって、ヒューマノイドのデザイン!これはあのスターウォーズのC3POのデザインにも影響を及ぼしたという恐るべきデザイン。そしていまだにロボットデザインの中でいちばん美しいといわれている!

観てもイイ映画だと思います。

vampires1,ny1996.gif


おなじみエレン・フォン・アンワースの写真。
“VAMPIRES 1,NY 1996”

退廃的でイイですね~。ナイスですね~。
デカダン臭全開です!
基本的にマユない!目の周りまっくろっ!サイコーです。
シャンパンでベロベロに酔っ払ってシャツの前のボタンぶわ―――ーって開けっ放してこんなトコにいたいです~。デカダンな夜ってのはどっかにないもんかなぁ・・・。
コレを見ていてやっぱり思うのは、私はくりくりの巻き毛がスキってこと。特にガイジンさんの髪の毛は超細い!
もうぅ!コレですっ!

それにしても不思議なのは、こういう感じの写真でボインなのとか豊満なのとかぽっちゃりさんなのを見たことがないということ。特に見たいわけじゃないけど、そもそもそういう人種が存在すんのかなぁ?



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。