FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Jonathan-Demme.gif


映画界で一発屋と呼ばれる監督も珍しいんじゃないか?
そう、ジョナサン・デミ、その人だ!
『羊たちの沈黙』でベルリン国際映画祭監督賞とアカデミー監督賞をダブル受賞~。その後ぱっとしないこの人。
どうしてるんでしょうか?

さて、そんな風に呼ばれるジョナサン・デミですが、音楽のほうのアプローチから行けば実はスゴイオッサンで、トーキング・ヘッズの『ストップ・メイキング・センス』をとったオッサン!斬新なところがトーキング・ヘッズのアイデアが多いのかジョナサン・デミのアイデアが多いのかは不明ですが、その『ストップ・メイキング・センス』で全米映画批評家協会ドキュメンタリー映画賞を受賞~!で、その後の躍進(=羊たちの沈黙)へと続くわけです。


stop-making-sense.gif



Talking Heads-Psycho Killer- Live!

Talking Heads - Life During Wartime

Talking Heads - Burning Down The House

Talking Heads-Once in a Lifetime-live!

さて、そんなジョナサン・デミですが、知ってる人はもっと知っている。実はニューオーダーのパーフェクトキッスもこの人の監督~。
ビジュアルにすると冴えないニューオーダーですが、こういうドキュメンタリー風のピリピリした映像だと恐ろしくリアル。
下手さが尚、身近さを感じさせる要因になるもんですね(笑)
なんて、そんな感じなんだよ。

New order - Perfect kiss

さて、そんなニューオーダーですがこの人らのライヴへの意気込みのなさは、そんなもんだろう的なカンジとしても、見逃さずにおれないのは、そのたんびに違うアレンジ。
聞き逃すと二度ときけないかも!とか、アルバムとシングルと12インチで全部違うというねんの入れよう。しかもベスト版とかでも違う・・・。とかね。このビデオ用のはこないだ出たベストには入れてくれててよかったです。

この曲には(ライブ版以外の)バージョンが3つある。1つは最初に発表された12inchで、リズムマシンのパーカッションから始まり、フッキーのベースソロが絡むイントロが特徴的なもの。 2つめは前述のアルバム、他ベストなどに収録されているもので、12inch版を編集してつくられたと類推されるもの。このバージョンでは大サビの部分が丸々カットされているというおよそ考えられない編集がされており、(編集部分をよく聞くと大サビに入る部分が一瞬残っている事に気付く。)その部分の歌詞にこそ、「Perfect Kissとは?」というこの曲のテーマが説明されているので、アルバムしか聞いた事の無いリスナーとシングルも聞いた事のあるリスナーではこの曲に対する印象も大分違う。 3つめは彼らの第一期とも言われるTrue Faithを発表するまでのシングルを集めた「SUBSTANCE」というアルバムに収録されているバージョンで、最後のフッキーのベースソロの部分のバッキングのシンセのリフが、12inchで発表された最初のバージョンとは異なっているものである。(12inchではシンセのリフパターンは2つあるが、SUBSTANCEのバージョンでは同じリフが続く)

New Order Perfect Kiss Leuven 1985

さて、どうだ?




スポンサーサイト



20071101083758.gif


彼らは帝国の広範囲にわたる惑星を迅速かつ正確に攻撃し、暴動を鎮圧し、秩序を維持する。ストームトルーパーは決して買収されず、誘惑も、恐喝も効果がない。これはクローン・トルーパーと同様に、育成段階でプログラミング的に入力される「オーダー」と呼ばれる規範教育によるもののようだ。

ワタシのデザインへの目覚めはスターウォーズにあったわけなんですが、とりわけ帝国軍に関する思い入れはありまして、連邦ださーい!ってカンジは小学生の頃からあったわけです。

なんていうんでしょう・・・今までにないデザインだ!とおもったわけです。ほんとに、今までこういうのは観たことがなかった。
衝撃的でしたね。太陽が二つあるなんて想像もしなかったように、こういった形の兵士をイメージしたことがなかったんです。
あとになってクローンだと言うことはしっかりとわかったわけですが、帝国軍においてダース・ヴェーダーほか一部を除いて、ほとんどがこの表情を持たない大勢というのは不気味であり恐ろしさをも感じたものでした。

帝国においてトルーパー達の生命は極めて軽い物とされ、下手をすれば高価で機能的なドロイドよりも低く扱われている様子すら見られ、帝国の主要な労働力ともなっている。彼らストームトルーパーの訓練は、新秩序の主義における完全な教化を強調されて行われ、各員は疑いを抱かず、他者の権利や自らの安全をも考えずに上官の命令に従うようになっている。彼らはその忠誠心と引き換えに個性と自らの意思を持たない兵士達である(もっとも中には自分の行いを恥じて反乱同盟軍に寝返った者もいるが)。トルーパーの装備は量産が可能なように標準化され、トルーパー自身も厳密な製造計画に拠って規格化されている。

全編を見てわかった部分と新しい発見っていうので、36年間過ごせたと言うのも楽しかったんですが、はじめてみた衝撃を延々と引きずっていたと言うのもまた事実。
実際何度観たことでしょうか(笑)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Design without design, All rights reserved.