ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a9008c10c3ddd8a6のコピー


案外な(?)知的さに惚れ惚れするマリリン・マンソン。
そのへんと、猥雑さのミックス具合がいいんだなぁ・・・。
このビデオは秀逸。

Tainted Love (Uncensored) - Marilyn Manson

最初に出会ったのはEurythmics(ユーリズミックス)」のSweet Dreams (Are Made of This)」のカバー。ほかにはDepeche Mode(デペッシュ・モード)のPersonal Jesusあたりは良かったです。それでも元曲のまんまじゃん!って感じでしたが。

SWEET DREAMS - Marilyn Manson

Marilyn Manson - Personal Jesus: Blurred Clean Version

アルバムごとに雰囲気が変わるので、なんかあると確認しとかないといけないという、ほっとけないアーティスト。

スポンサーサイト
BerguetGのコピー


Gilles Berquet

フランスの写真家なんですが独特の世界観。
ウツクシー!
基本的にはボンテージとかフェチなんですが、飲尿とかのお写真が出ます。コチラではお見せすることができません。
何度もいうようですが、写真で見る分にはいいんですけどね。
実際にナマでこういうのを見るとかなりハズカシーんだろな・・・。なんて想像してます。

Sous influence / Under the influence : video show




呆然としていて仕事が出来ません。
あ~しんどいわぁ~・・・。
しないといけないこともいっぱいあって、もう大変・・・。
イヤになってます。
ホントはこういうときこそがんばれるんだけど、今日ぐらいはいいでしょうと。

Old Man Riverのコピー


車の中ではFMが多い我が家。なぜかというとそうでもしないと新しい曲を聴くことがないから。で、もっぱらFM802(大阪)。
そんな最近よく聴くのがオールドマンリバー。
子供もくちづさめてイイカンジなんですが、どう?

Old Man River - La

日曜日はこういったもんを訊きながら「ドゥライヴ」したいところですが、翌日の月曜日は東京でプレゼンテーション。しかも、まだ「ちゃんとできるのか皆目見当がつかない」状態。
たすけてくでェ・・・。

酷い仕打ちだったです。なんと、雪の中エリア探訪してきました。
まずは二子玉川。
思ってたのとちょっと違う。郊外のにおいが・・・、ちがうなぁ。
芦屋ぐらいのイメージしてたのに、どちらかといえば武庫川沿いの西宮の印象。
それにしても会社までが遠い・・・。OTL
田園都市線からそのまま半蔵門線で銀座線に乗り換えて上野広小路。
だめだとおもいました。

で、大江戸線春日。地名だと小石川がいいなぁ。
いいとこでした。なんか中のほうに入っていくと、阪急六甲の北側みたいなカンジで。
ただ、高いなぁ。格安物件探さないとだな。

中目黒はいけませんでした。其のうち行ってみるけど期待薄。

さて、来月には決めないとダメなんですがどうなっているでしょう。
どこかに超穴場ないもんかなぁ・・・。

マールブルグ


う~ん、こないだのドイツをまとめるのに悶絶中の日々ですが、そんな中些細な知識を得て喜んでいるんですが、ドイツ4大大学という「いいよう」があるようです。べつに学問に興味もないし、留学する予定もないのでどうでもいいちゃいいし、別に大学のことを調べていたわけでもない。引っかかった点は「4大ナントカ」っていう言い方。
ホンマにそんな風にゆっとんかいな?トイまでも半信半疑。

ちなみにどこかといいますと、ハイデルベルク大学、テュービンゲン大学、ゲッティンゲン大学、マールブルク大学と。かろうじてハイデルベルクはわかるけどあとは「?」
ベルリンとかミュンヘンとかじゃないのね・・・。
で、どういった理由で4大大学なんかはわかりません。(笑)




いやぁ~来るんですね。
いかないですけど。

Claudia Cardinale 2のコピー


女優さんがある種活動の広告塔になるのはよくあること。
それでも某宗教団体の広告塔みたいな どうしようもないものもあれば、ソコソコのものも世の中にはままある。国連がやってるのなんかはもっともハクがつくもので、黒柳徹子なんて、なんかすごい文化人のイメージがあるもんなぁ・・・。

さて、そこでユネスコ親善大使(UNESCO Goodwill Ambassador)。

ユネスコ親善大使(ゆねすこしんぜんたいし、UNESCO Goodwill Ambassador)は、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の目指す理想や考え方を広げる役割を担った親善大使である。マスメディアの注目を得ている著名人がその任に着く場合もある。「大使」との名称を用いているが、国際法・国内法上の外交官である大使(特命全権大使など)ではない。


どんなヒトがなってるのかと思ってみてみたら・・・
なんと!
クラウディアカルディナーレ!?
60年代のセックスシンボル!
ブリジット・バルドー(BB)、マリリン・モンロー(MM)らと並ぶセクシー女優
なんで?

クラウディア・カルディナーレは「教育を通した女性の権利保護」についての大使らしい。
ふ~ん。
ちょっと違うなぁ・・・。
ま、いいけど。
最近見ないんですが、どんな容貌になってらっしゃるのでしょうか。
日本には来ないのでしょうか?

ワタシ的にはフェリーニの「8 1/2」以来。
こういう流れを引き寄せられた女優さんはいいよね。




ここ数日でいちばん笑ったニュースがコチラ。

【1月10日 AFP】米サンフランシスコ(San Francisco)、英ロンドン(London)で開催されこれまで話題となってきたイベント「マスターベータソン(Masturbate-a-Thon)」が、5月31日にデンマークの首都コペンハーゲン(Copenhagen)で開催される。主催者が9日、明らかにした。

 同イベントは、マスターベーションに向けられる根強いタブー感覚をぬぐい去ることを目的としている。コペンハーゲンのセクソロジー(性科学)研究者Pia Struck MadsenさんはAFPの取材に対し、あらゆる背景を持つ男女が「快楽、安らぎ、性的自己発見」を約束するイベントに参加し、一緒にオーガズムに達するのを見るのが目的だと語る。「マスターベーションは前向きで安全なもうひとつの性愛行動だ」とMadsenさんはいう。

 会場は未定で、男性のみ、女性のみ、混合の3エリアが用意される。

 このイベントの第1回は1998年にサンフランシスコで開催され、参加者たちが資金を集めた。現在は毎年恒例のイベントとなり、2006年には類似のイベントもロンドンで開催された。(c)AFP


題にしてる「マスターベーションは前向きで安全なもうひとつの性愛行動だ」については、別に問題ないんだけどね。みんなでやるあたり笑わせますな。

しかも、ホモとレズも分けてってあたりいい感じです。
それにしても、においとか出た汁の処理とかかなりいや~な感じになりそー。

それにしてもロゴの意味がワカランですな!

berquet01のコピー


基本的にいたいのは大嫌い。
こと、自分にされるのは絶対イヤ!
でも見るのはスキという変態ぶり・・・。病院にいくと医療器具とか食い入るように見てしまいます(笑)こういう心理をなんていうのか知りませんが、軽度のサドぐらいでしょうか?

刺青とかもする気はさらさらないんですが、そういう写真集は見ちゃうんだよねぇ・・・。

20071029200050.gif


80年代の鬼才玖保キリコセンセの「シニカル・ヒステリー・アワー」で登場した頭が混乱した状態を表現した珠玉のオコトバ。それが“アタマがキュアー”

そういう80年代も、もうすでに20年も前の話。
思えば遠くに来たもんだ(笑)
ただのビジュアル先行のバンドじゃないよ。まぁいっぺん聴いてみなはれ。
こういう感じのはコイツラが出てくるまではなかったんだから。
中でもオススメがこの3曲!


the cure - love cats

The Cure - Lovesong

The Cure-Just Like Heaven



ん~そしてアルバムジャケットならコレ!
いい味でてるなぁ・・・。

20070928165413.gif






20070928192645.gif


ナニゲに家にあった「なすび」の形をした白い皿が気に入っていてよくつかっていました。
白い皿がすきなのですが、この皿に関してはデザインも気に入っていたのです。
ウラを見るとジノリでした。
どうしたのか訊くと結婚式の引き出物だそうです。
シンプルだしユニークだしこういうのはいいなぁと思いました。

1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が自領であるドッチアに磁器窯を開き創業。当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させた。開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。

1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなる。1956年、ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。

ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれている。また、1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛される。

また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされている。


で、しらべてみたらなすびではなくて「ベッキオホワイトピクルス」という商品でした。
\.4200!
いい品物だったんだなぁ・・・。

sibusawa0のコピー


ちょうど今、今月末締め切りの視察レポートをまとめてまして、そのまとめ方とかを検討してたりしながらレポートも書いたりしてるんですが、正月に澁澤龍彦センセの本をまとめヨミ。普通の(ありきたりの)まとめ方が嫌だったので何か面白い視点から見れないものかと思ってたんですが、かなりマニアックだったようでレポートチームのほか3名からの理解が得られませんでした。ん―――そうかぁ?マニアックですかぁ?

というわけで、時間をかけて考えたワリにはあっさり却下されてしまったわけです。

ん―――この澁澤センセですが、高校生の頃にひとかどの人間に見られたくていろいろ読んだなぁという印象。どの本がとかどう言い回しがとか言うところはあんまりなくて、むしろコレクションとかビジュアル的なところの影響が大きいように思います。
あと、シブタツの名前をいいコトにエロいのを読み漁ったりとか(笑)
なので、エロ小説に関しては高尚なのを結構読んでるんだなぁ、これが(笑)
てゆうか、エロに高尚も何もあったもんじゃないんですが。


Brigitte Bardotのコピー


まぁ、なんと言ったらいいんでしょう。
このお方、ブリジット・バルドー。初期のこのセクシーな頃からすると現在の動物愛護運動家っていう肩書きが似つかわしくないほどの急転回振り。
もともとそういうヒトだったんでしょうが、それにしても女性としての愛嬌を超えたところにまで行ってしまった感がありますね。
まさに運動家。

女性の「運動家」ってやつにはどうもヒステリーじみたところがあってスキになれないワタクシなんですが、理論を勝手に超越し暴走するアタリがポイントでしょうか。
ナニ振りかまわぬ信仰ぶりは見てるほうがドン引きします。

こういう言い方をするとフェミニストの方は嫌がるかもしれませんが、男性が考えた運動のやり方で狂信的になるのは女性上位信仰とは外れているので、女性が考えたやり方でやっとほうがいいでしょう。理論を感情的な部分を除いて展開し、弁論で言い負かすのは男性的だなぁ・・・。なんか、優しくって愛嬌のあるものを展開するほうがいいんじゃない?

いや~遅くなっちゃってすみません。
実家に帰省してましたもんで。
なんか最近日記めいた事ばかり書いてて申し訳ないです。もう少ししたら元の姿に戻りますからね。もう少々お待ちください。

あと、東京の情報期待してます。
ネットで情報取るのも大変です。高いし・・・。

あとBMWちゃん(116)はもって行きますよ。意地でも乗る!とりあえず3年は乗る!
駐車場も高えじゃねえか!
やべえな・・・。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。