ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れて東京都民となりました(笑)

折りしも、その日文京区では一家心中の未遂事件があり、騒然としておりました。
大阪から東京の引越しはトラックは積み込みの翌日昼の東京着で、私たちは東京ドームホテルに一泊し、引越しのトラックから連絡が入るのを待っていたわけですが、ニュースやワイドショーは文京区小石川を連発。一気に萎えるキブン。

ホテルから我が家への歩く道すがらドームの脇をかすめていけば、Xジャパンのファンの皆様が集合中。異様な雰囲気だったですよ(なんか、中高年のお母様方が赤い髪を立たせてとぐろ巻いてるのはかなりブキミ)。すげぇなぁ・・・なんてみてました。

とにかく、4日間片付けまくり。
腕が痛いです。
指の指紋がなくなりました。

そういうことです。


スポンサーサイト



昨日まで大阪でパッキン詰め。4日間詰めに詰め、捨てまくり、それでもリビングが埋まってしまった。果たして新居に入りきるのか疑問~。
さて、今日はあさいちのANAで東京へ。伊丹空港では南ウイングの9番・10番辺りが東京行きのゲート。またそこにトイレがあるんですが、朝一ともあって行列。少ないうえに結構狭い。しばらくして入ったんですが、まずかばんを掛けてコートも掛けてで狭さを実感。ここで注意を後ろにひきつけて置かれた・・・。さて、立とうかとした瞬間、頭の上にパイプ類があって頭頂部を痛打!
再びしゃがみこむ私・・・。
くそぅ・・・。前にこんな罠があるとは・・・。
あんまりうしろに行ってはいけないと思わせておいて、こんな仕掛けが・・・。
こういった経験は私だけではないはず。

今日は大阪。
お休みとって4連休。のんびりとでも思っているのか?
今日は引越しの準備中で太ももの裏が攣りそうなくらいヘロヘロな状態なのだよ。
我が家はなんやかんやとモノが多く段ボールの数も尋常ではないのだ。
ハードカバー本と小説と新書と漫画は実家へ無条件で送りつけ。
雑誌は資料なのでとりあえず新居へ。入りきらなければ切り抜いてクリアファイルに。
ビジュアル本と豪華本やら写真集や画集はきちんと新居へ。
CDも段ボールで3箱に。こいつらもMP3にしちゃってと行きたいところだが、それもめんどくさいので・・・。さて、食器やらは奥さんがばんばん捨ててます。服なんかも古いやつは捨てる覚悟。
なんか、身軽になるなぁ・・・。
そんなもんかなぁ・・・。
さびしい気もするなぁ~。

ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン(Jean Anthelme Brillat-Savarin, 1755年4月1日 - 1826年2月2日)はフランスの法律家、政治家。ただし、何にもまして『美味礼讃』を著した食通として有名である。本来の姓は「ブリア」だが、サヴァランという女性が全財産を相続させる条件として自分の名前を受け継ぐことを要求したため、「ブリア=サヴァラン」を名乗った。

もっとも有名な著作である『美味礼讃』は1825年、死の2ヶ月前に出版された。原題は『味覚の生理学、或いは、超越的ガストロノミーをめぐる瞑想録;文科学の会員である一教授によりパリの食通たちに捧げられる理論的、歴史的、時事的著述』という。

原題は『Physiologie du Goût, ou Méditations de Gastronomie Transcendante; ouvrage théorique, historique et à l'ordre du jour, dédié aux Gastronomes parisiens, par un Professeur, membre de plusieurs sociétés littéraires et savantes


つい飲みすぎてしまいました。
お店を出たのが3時。
今日はかなりきついです。まだホテル暮らしだったので、奥さんには怒られませんでした。それぐらいがよかったことで、もういい年なのでこういうのみ方は慎もうと思いました。

ユネスコ白黒のコピー


戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない

国連の関係ってもひとつだよねぇ・・・。
上に上げたユネスコ憲章の前文ってのはご立派だけどね。

今回は国際連合教育科学文化機関(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)についてちょっと考えたことの一部を。

いやぁ、去年の視察でザルツブルグを調べてて、まぁ当然文化遺産とか調べたわけですが、どうでもいいとこなんだよねぇ、あの基準って。
「顕著で普遍的な価値」
ってのがね・・・。

どんなもんかっつ――――――と

文化遺産

(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
(5) 特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている、ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落または土地利用の際立った例。
(6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

自然遺産

(7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
(8)地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。
(9)陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
(10)生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

と、こんな具合。
で、ヨーロッパに偏って存在しているという(笑)
なんかバカバカしくなるよ?実際見てみると。しょーもなっ!っつ――――感じで。

とりあえずハンコをついたよ。
やれやれだ。
まぁ、そういうわけでお金を振り込んだりなんやかんやあるけど、ほぼきまり。
疲れたなぁ・・・。

beuysのコピー


ヨーゼフ・ボイス
(Joseph Beuys、1921年5月12日-1986年1月23日)は、ドイツの現代美術家・彫刻家・教育者・社会活動家。
初期のフルクサスに関わり、パフォーマンスアートやコンセプチュアル・アートの数々を演じ名を馳せたほか、ドローイング、彫刻、インスタレーション、ビデオアートなどの作品も数多く残している。脂肪やフェルト、石などといった素材をそのまま使った立体作品を制作したが、同時代のミニマルアートとは背景となる思想が異なり、素材などの形態よりもむしろそれらが観客に与えるイメージや意識改革を重視した。
また『社会彫刻』という概念を編み出し、彫刻や芸術の概念を「教育」や「社会変革」にまで拡張した。『自由国際大学』開設、『緑の党』結党などに関与し、その社会活動や政治活動はドイツ国内で賛否両論の激しい的となっている。しかしその思想と、『人間は誰でも芸術家であり、自分自身の自由さから、「未来の社会秩序」という「総合芸術作品」内における他者とのさまざまな位置を規定するのを学ぶのである』という言葉は、20世紀後半以降のさまざまな芸術に非常に重要な影響を残している。


はじめてパリに行ったのは、大学生のころ。
ふらふらと一人歩いていた。
ヨーゼフ・ボイスの展覧があってざっとみた。さっぱり理解できないものだった。
ただ習性でパンフはちゃんとかって帰った。

今、建築/インテリア/デザイン/商業にクロスオーバーした立ち位置で仕事をしているわけですが、最近なんとなくこの人が言ってることがわかりかけたような気がする。
こうした心境の変化もこの人の作品に向かって理解したものではなく、間に他人の解釈を入れてのことですが・・・。

それでも、人間の理解はそういうもんだとも思います。
思いません?


french_vogueのコピー


なんかこういう感じがいいなぁ・・・。
どう表現したらいいんだろう?

下卑た感じだけど嫌味がない?享楽的で明るくってそれでもって淫靡で?
リッチさがギリギリ許せる感じ?

Diabolo Bionda

ん――――――。
いや、まぁこんな感じがキブンなんだよね。サイキン。

YMOカラー


この間、サイバーパンクについてとりとめもなく話をしまして、で、結局のところサイバーパンクはどうなったのか?という疑問だけが残ってしまいました。
コンピューターが世の中に登場して間もないころ、コンピューターをいじってる姿には何かすごいオーラを感じたものでしたが、いまや小学生ですら触れるただの機械になってしまいました。

問題は機械としてのコンピュータではなく、どう使ってるのか?という人間の問題だなと・・・。
まぁ、いいです。

で、サイバーパンクなジャケットで私の中でのナンバーワンはこれだ。

Yellow Magic Orchestra - Rydeen

YMOの登場とともに、私の中の意識はかなり変革されたわけですが(当時小学生)、かなりショックでしたよね?じゃない?

YMO - Rydeen 1

YMO - Rydeen 2

YMO - Rydeen 3

そうした気分をいまだに思い出します。

あ、そうそう。
ZEPTOKYOでデュランデュランがヤルらしいですが、東京進出記念に友人がチケットとってくれました(笑)よ―――――し、笑いにいくぞ!
それにしても古い順に演ってくれたらいいのになぁ・・・。
余計な最近の曲なんてやらずにさぁ・・・。

一応東京に出てきましたよ。(ホテル住まいですが)
いろいろ忙しかったり、なんやらでこんな感じになってしまいました。スミマセン。
ちょっとの間、辛抱してくださいな。(いいわけがましいですが)
大丈夫です。
ちゃんとやれますから。


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。