FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
WBCカップ

やった!
よかった。ほっとしたデスヨ。
ホントに。

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
キタ・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:(゚∀゚):*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・!
キタ.。・゚ *:.。.:*・゜゚・\(^◇^)/.。*・゜゚・*:.。.。*・ !!!!!
キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆
コナイワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘д‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

ってカンジで。

WBC:世界制した原監督「うまい監督ならもう少し点取れた」
 ◇原辰徳監督の談話
 (イチローの)あのセンター前ヒットは生涯忘れない。岩隈も最高のいいピッチングだった。(投手陣)13人みんなの思いが送り出したと思う。

 (今日の試合については)うまい監督さんならもう少したくさん点を取れたでしょう。それでも辛抱しながらやった。とにかく我々の目的は勝つということで、声援を頂きました。プレッシャーにつぶされそうになったけれども、全員ではねのけて喜びを分かち合えるということは日本のためにも良かったと思います。


      ┌─┐  ┌─┐ にっぽん!.        ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│.        にっぽん! │●│  │●│
      └─┤  └─┤.  __      __  ├─┘  ├─┘
      _   ∩   _  ∩  |. ● |     |. ● |  ∩   _   ∩    _
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡.  ̄ ̄|      | ̄ ̄   ミ(゚∀゚ )  ミ(゚∀゚ )
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡      ヽ(・∀・)ノ      ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐
 |●|    |●|                         |●|    |●|
 └─┘    └─┘                         └─┘    └─┘

そうだね。
上手い監督なら・・・っていうのは止めよう。優勝したんだし。
それでも、九回のダルビッシュはないでしょう?
うちのヨメから悲痛な叫びのメールが幾度となく届きました。
なぜ球児じゃないのか?
たぶん、明日の新聞の一面を飾るのに球児の顔よりダルビッシュの顔を選んだと。

イチロー

<WBC>イチロー「最後に神が降りた」
3月24日15時34分配信 毎日新聞
 ◇イチロー選手の談話

 ありがとうございます。いやーもう、苦しいところから始まって、苦しさからつらさになって、つらさを超えたら心の痛みになった。最後は笑顔になれた。最後の打席では神が降りてきましたね。自分(の心の中)で実況しながら打席に入った。一つ壁を越えた。

 (「今大会は山あり谷ありでしたが」と質問され)谷しかなかった。最後に山が来ました。これからシャンパンファイト、思いっきり浴びてきます。


イチロー②

イチローV打「イキかけました」/WBC
3月24日15時28分配信 日刊スポーツ


<WBC:日本5-3韓国>◇23日(日本時間24日)◇決勝◇米カリフォルニア州ロサンゼルス、ドジャースタジアム
 決勝タイムリーを放ったイチロー外野手(35=マリナーズ)の試合後のコメント。
 「やあ、もう苦しいところから始まって、苦しいがつらいになって、心が痛んで、最終的に笑顔になった。日本のファンの人たちに笑顔が届けられて最高です」。
 試合後ドジャースタジアムを大きな日の丸を持って1周。
 「気持ち良かったですねえ。ほぼ、いきかけました。日本のすべての方に感謝したい」。
 10回の決勝タイムリーについて。
 「僕は持ってますね。神が降りてきたという感じ。日本中のみんなが注目しているだろうと思って、自分の中で実況して、普段は結果が出ないんだけど、それで結果が出て、壁を越えたと思います」。



 イヤッホォ      ∧_∧
            ((´∀` /^)
            /⌒   ノ  ニッポンニッポン!!!
         γ (,_,丿ソ′
         i,_,ノ
     おめでとう!!おめでと~!!
   ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
 (^(,, ´∀`)) ・∀・)(ヽ    )')((・∀・ /')
  ヽ    /ヽ    ノ ヽ    ノ  ノ   ノ
   ノ  r ヽ /    | /  O | ( -、 ヽ
  (_,ハ_,),_,/´i,_,ノ (,_,/´i,_,ノ  し' ヽ,_,)



こうなるんだろうなという予想はあった。
このまま終わらんというのもあった。
ダルビッシュで同点にされたとき、その予感は確信だった。きっとやる!とそう思った。
さすがは役者やのぉ――。ってカンジね。

優勝

それにしても、なんかね。
こんな川柳が出てます。

WBC川柳

中韓韓
キュー韓キュー韓
アメリ韓


韓国うぜえ。



スポンサーサイト



東京マラソンのコピー

なんでそんなにマラソンなのよ?

ってぐらいランニングブームですな。知ってる人だけでも軽く10人は走ってる。
さぁそこでマラソンです。
みんなそんなに好きなのか?ってどうでもいいんですが、なんか俄かランナーがそんなん出ても怪我するだけですよ。なんていってましたら案の定。


22日(日)に開催された東京マラソンに出場した際、意識を失い病院に搬送、一時は心肺停止と伝えられたお笑いタレント・松村邦洋の病状について、所属事務所が23日(月)、ファックスにて「急性心筋梗塞による心室細動が原因」であったと明らかにした。

 所属事務所は「この度はご報告が遅くなり、誠に申し訳ございません」と陳謝した上で「3月22日午前11時25分頃、品川区高輪にて、マラソン中に一時立ち止まり、ストレッチしようとした時に突然意識消失いたしました」と当時の状況を説明。現在は意識も取り戻しているが、心疾患の検査措置には安静状態が必要なため医師による鎮静措置を施しているという。

 松村は2年前からマラソントレーニングを始め、フルマラソン挑戦は今年4回目。過去にゴールドコーストマラソンで制限時間内に完走も果たしたことがあり、念願の東京マラソン完走を目指して準備をしており、健康にも留意してきたという。

 最後に所属事務所は「心疾患には合併症を伴う危険性があります。そのため現時点で確定した病状をお伝えすることができません。しかし、このような事態に対し、多くの皆様のおかげで、最適な処置を受けることができました。この場をお借りしまして、心よりお礼申し上げます」としている。


どうも洒落にならんみたいです。
松村のモノマネは結構好きだったので、心配です。
大丈夫なのか?

松村邦洋、急性心筋こうそく…予断許さず
3月24日7時52分配信 サンケイスポーツ

 22日に行われた東京マラソンに出場し、意識不明で一時心肺停止状態と伝えられたタレント、松村邦洋(41)の病状は、急性心筋梗塞(こうそく)による心室細動だったことが23日、分かった。所属事務所が発表した。都内の病院に入院中の松村は現在、医師による処置で眠らされた状態という。事務所は「心疾患には合併症を伴う危険性があり、現時点では確定した情報を伝えることができない」と話している。

 号砲から約2時間20分後、15キロ地点手前で突然倒れ、救急車で都内の病院に運ばれた松村。一夜明けたこの日、所属事務所の太田プロがファクスなどで現状を報告した。

 同プロによると、病院で検査と処置を受けた結果、意識消失は急性心筋梗塞による心室細動が原因だったことが判明。搬送中に一時、意識を取り戻したものの、入院以来、集中治療室(ICU)に入ったままで、現在医師によって鎮静処置を施され、眠っている状態。この日は一度も目を覚ましていないという。

 さらに、「合併症を伴う危険性があり、楽観論から悲観論まで現時点では何ひとつはっきりしたことがいえない」(太田プロ)といい、予断を許さない状況が続いているようだ。近日中に医師による会見を予定している。

 1メートル64、128キロの巨漢で、その体格自体がセールスポイントでもある松村だが、3年前に医師から「痛風と糖尿が“マジック1”」と注意されたことをきっかけにダイエットに挑戦。体重を141キロから90キロ台までに落としたこともあった。

 2年前からは、マラソンのトレーニングをはじめ、今回が4回目のフルマラソン挑戦。一昨年7月の豪ゴールド・コーストマラソンで完走したものの、7時間10分の制限時間には間に合わず(9時間9分6秒)、昨年の同大会では完走(6時間51分40秒)し、リベンジを果たした。

 東京マラソン出場は東京MXテレビ「Tokyo, Boy」の番組企画で、昨年に続き2度目。同プロは「ここ数年は常日頃から健康状態には注意を払っていた」といい、予想不可能なアクシデントだったようだ。

 松村のテレビ、ラジオのレギュラー&準番組はTBS系「アッコにおまかせ!」など9本。容体次第では降板などの可能性もあるが、「局やスタッフと相談しなければならず、現時点では何も決まっていない」と同プロ。松村の東京マラソン企画を放送する予定だった4月12日の「Tokyo-」は、松村の部分をカットして放送する。


ね。
やっぱり、マラソンは危険だって。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 Design without design, All rights reserved.