ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

goya1のコピー


「学習された無力感」というのがある。

『犬を縛り付けておいて、電気ショックを与え続ける。

最初のうち犬は必死でもがくが、縛られている為に電気ショックから逃れる事が出来ない。これを数週間続けるうちに犬は「自分は無能で何をやってもムダだ」という感覚が植え付けられ、そのうち 電気ショックを受けてももがかなくなり、ひたすら衝撃をガマンするだけになった』

これを心理学では「学習された無力感」と言う。

『極度の無気力状態に陥った事が確認された後、セリグマンは犬の縄をほどいて逃げられるようにしてやったが、それでも犬は黙って電気ショックを与えられるがままで、逃げだそうとはしなかった。 努力をムダだと信じ込んでしまった為「逃げる」という選択肢を失ってしまった。そしてセリグマンは、 犬を抱き上げたり押したりして、電気ショックを受けない所まで動かしてやり「逃げれば助かる」という事を再度学習させた後、再び元の場所に戻し電気ショックを与えた。犬は逃げれば痛くないと判ったはずなのに、やはり動こうとはしなかった。一度無気力状態になった犬は、「さっ 痛くなかったのは 誰かが助けてくれたせいで、自分では何も出来ない」と信じていたのだ』

これは人でも同じ。「あれをしてはいけない、これをしてはいけない」と言われ続けた人間は消極的な性格になる。

怖い話。
今陥っているのはコレに近い感じか?
電気ショックのような衝撃ではないもののじわりじわりと首を絞められている。
それが常態化している。



スポンサーサイト

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。