ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

616px-NewOrderBlueMonday.gif


暗鬱な月曜日・・・ブルーマンデー。

だめだ遂にやってしまった。
禁を破ってしまいました。・・・・・。
コレだけはモノクロに出来ませんでした。
リスペクトがMAXで・・・。
っていうか、恐れ多くってってじゃなくってモノクロでは表現しきれない限界を感じました。
今後、モノクロをやめるのかどうかはというものではないので、できればこれが最初で最後になればなと・・・。

それにしても今日は憂鬱な月曜日。
先週の金曜日以来フラストレーションはほぼMAXの状態で維持されています。大きな仕事を進める上で、ディベロッパーのデザイン・コンサルに入ってるオサーンと衝突。コチラサイドで言わせると『たちの悪い』オサーンで、業務の進行の妨げになるわ、プロセスに口出しするわ、デザインの前段階をまとめていないわでアッタマきている状況!
あ――――イライラする!

というサイアクの月曜日です。

さて、ニューオーダー。
そんな朝は『ブルーマンデー』

前身のバンド、ジョイ・ディヴィジョンのヴォーカルであったイアン・カーティスの自殺への心境を曲にしたもので、メンバーがその自殺を知った月曜日をギミックなリズムのトラックに乗せて、戸惑うようなヴォーカルで歌っている。バーナード・サムナーが新しい日本製ドラムマシンをいじっているうちに思いついたというイントロの16分で刻むバスドラムのパターンが非常に印象的。その非常にクールなイントロだけを抽出しても、その後のテクノ・ダンスミュージックのアーティストに少なからず影響を及ぼしたはずである。実際にまったく同じバスドラのパターンを使用した楽曲も存在する。『24アワー・パーティー・ピープル』内でその作曲風景が描かれているが、本来のブルー・マンデーとは対象的にギターサウンドである。また、ほとんどのシンセの音色はプリセットであったという。この曲が世界的にヒットしたことにより、ニュー・オーダーはクラブ・シーンをリードするグループとなった。

あとからあとからいろいろリミックスされるんですが、1983当時のオリジナルのほうがすき。

New Order - Blue Monday Original 1983 video with remastered audio

当時所属していたファクトリー・レコードの興亡を描いた『24アワー・パーティー・ピープル』によると、フロッピー・ディスクを模したデザインの12インチ・シングルは、デザイン的に施された型抜き部分の加工と、黒い色を出すために黒のインクを使わずカラーインクを混色させた黒を使用した。そのためジャケットにコストがかかり、1枚売れるごとに2ペンスの損失という皮肉な形となった。しかし、当時の社長トニー・ウィルソンはデザイン性を重視しこの形でのシングル発売を決行。このジャケットのデザインは、ニュー・オーダーのデビュー当時から現在に至るまでの一切のレコード・ジャケットのデザインを手がけているピーター・サヴィル。ピーター・サヴィルはファクトリー・レコードの共同経営者でもあったため、バンドに密着してデザインコンセプトを考えることが可能であった。

今日の写真で使ってるのが、そのジャケットなんですが、12inchを中学生の頃、買ったんですが『なんじゃこりゃ?』的なインパクト。そりゃそうだ、当時の中学生はフロッピーなんて知らないし見たこともなかった。コンピューターなんて学校にもなかったんだよ。

New Order - Blue Monday

デザイナーのピーター・サヴィルはこの曲のデモテープを聞き、あまりの新しさに驚いたという。ロック、ダンス、ポップの見事な融合。こういう新しい音楽にはバンドが使用していたシーケンサーのフロッピーディスク(クレス・オルデンバーグスタイルのフロッピーディスク)のメタファーが必要だと思った。らしい。ジャケットにはタイトル、バンド名などの文字表記はいっさい記されていない。かわりに、ジャケットの右端にカラーコードが配置されている。ちなみに各色に対応する文字を当てはめていくと表面からFAC73 BLUE MONDAY AND 裏面はTHE BEACH NEW ORDERと読み取ることができる。この手法は『権力の美学』、12インチシングル「confusion」にも用いられている。

私の場合、音楽に対してはいろいろ聴きあさったものの音楽の道にはすすみませんで(笑)デザインを志したわけです。
そしてそのキーワードはレコードジャケットであって、そのマストにいたのがこのピーター・サヴィルであったというわけですな。
その後、プロモーションビデオを監督するアーティストに興味を覚え、映像なんかもいろいろ考えながら、その奥行を端的に創造する内部空間(=インテリア)を生業にするようになったと・・・。

New Order live performance of 'Blue Monday' at BBC Radio 1 studios, 1984

こないだDVDを買ったのですが、いまの彼らはビジュアル的にとても見られたもんではなく辛いものもありましたが、過去の未発表映像が入っておりそれはよかった。
っつ―――のがコレなんですが、バーナードサムナーのショートパンツがキモチワリぃ~。

New Order - Blue Monday, live in Barcelona, 1984 for Estoc de Pop. (last one of four)

時代性ってのは無視できない要素で、こうした経験がワタクシのベースになっているんですね。それにしてもコレをマンチェスターで体験できてたらなぁ・・・なんて今でも思うよ。


How does it feel
To treat me like you do
When you've laid your hands upon me
And told me who you are

I thought I was mistaken
I thought I heard your words
Tell me how do I feel
Tell me now how do I feel

Those who came before me
Lived through their vocations
From the past until completion
They will turn away no more

And I still find it so hard
To say what I need to say
But I'm quite sure that you'll tell me
Just how I should feel today

I see a ship in the harbor
I can and shall obey
But if it wasn't for your misfortunes
I'd be a heavenly person today

And I thought I was mistaken
And I thought I heard you speak
Tell me how do I feel
Tell me now how should I feel

Now I stand here waiting

I thought I told you to leave me
While I walked down to the beach
Tell me how does it feel
When your heart grows cold
(grows cold, grows cold, grows cold)
スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。