ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20071022174139.gif


夜ご飯にどうしてもラーメンが食べたくなって、しかもめちゃめちゃおなかが空いてて遠くまで遠征する余裕もない。
というわけで、近所のラーメンを食べに行くということになったのですが、いつものラーメンっつ―――のも芸がないので、今まで行ったことのない『京鴨らーめん陣』(福島店)へ。
一応ネットで情報は入手・・・・。

《「陣」素材へのこだわり》【すーぷ】京都・宇治の京鴨と魚介のWスープ【京鴨】飼育期間・発育環境・エサなど沢山のこだわりをもって育てられた京鴨【麺】小麦の味が活きた極太麺【水】NASAで開発された逆浸透膜を使用した真水【ちゃーしゅー】厳選された豚をじっくり煮込み、秘伝の醤油ダレと香味野菜で味付け

京鴨つけめん(あつもり・ふつうもり) 750円陣の原点!京鴨と魚介のうまみが生きたダブルスープ。コクがあって濃厚なのに、後味サッパリ。


だ、そうだ。まぁいい。なんでもいい。
旨いかまずいかは自分の舌で判断する!と、勇んで駅前まで歩いたのでした。奥さんと子供が普通のラーメン。ワタシはつけ麺に。
出てきたラーメンのスープを吸って早くも大後悔~。
好意的に書いてあるっつーか、そのまま紹介してあるネットでは上に書いたようなカンジなんですが、ラーメン通のブログでは酷評だらけなのがよくわかるマズさ・・・。しかも、みなさん的確!

スープは京鴨ガラのダシと3種の削り節(なんて書いてあったかわすれた)からなる魚介ダシを合わせた濃い目の醤油スープってふれこみなんですが、『かつおだし』の粉末っぽい味で、その味しかしない・・・。うどんの出しでもこんなにキツクシナイっといった強烈なシロモノ。イノシン酸で舌がしびれる感覚・・・。
麺は恐ろしく太い!
つけ麺の麺に到っては『細うどん』・・・。

ひどいラーメンでした。
二度と行くことはないでしょう。

そして、この悔しさでラーメンを喰らい続けることになるとは・・・。

(第二夜に続く)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。