ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20071101083758.gif


彼らは帝国の広範囲にわたる惑星を迅速かつ正確に攻撃し、暴動を鎮圧し、秩序を維持する。ストームトルーパーは決して買収されず、誘惑も、恐喝も効果がない。これはクローン・トルーパーと同様に、育成段階でプログラミング的に入力される「オーダー」と呼ばれる規範教育によるもののようだ。

ワタシのデザインへの目覚めはスターウォーズにあったわけなんですが、とりわけ帝国軍に関する思い入れはありまして、連邦ださーい!ってカンジは小学生の頃からあったわけです。

なんていうんでしょう・・・今までにないデザインだ!とおもったわけです。ほんとに、今までこういうのは観たことがなかった。
衝撃的でしたね。太陽が二つあるなんて想像もしなかったように、こういった形の兵士をイメージしたことがなかったんです。
あとになってクローンだと言うことはしっかりとわかったわけですが、帝国軍においてダース・ヴェーダーほか一部を除いて、ほとんどがこの表情を持たない大勢というのは不気味であり恐ろしさをも感じたものでした。

帝国においてトルーパー達の生命は極めて軽い物とされ、下手をすれば高価で機能的なドロイドよりも低く扱われている様子すら見られ、帝国の主要な労働力ともなっている。彼らストームトルーパーの訓練は、新秩序の主義における完全な教化を強調されて行われ、各員は疑いを抱かず、他者の権利や自らの安全をも考えずに上官の命令に従うようになっている。彼らはその忠誠心と引き換えに個性と自らの意思を持たない兵士達である(もっとも中には自分の行いを恥じて反乱同盟軍に寝返った者もいるが)。トルーパーの装備は量産が可能なように標準化され、トルーパー自身も厳密な製造計画に拠って規格化されている。

全編を見てわかった部分と新しい発見っていうので、36年間過ごせたと言うのも楽しかったんですが、はじめてみた衝撃を延々と引きずっていたと言うのもまた事実。
実際何度観たことでしょうか(笑)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。