ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアンヌ


最近60年代のスタイリングがよくって、調べているうちにマリアンヌ・フェイスフルにあたりまして、サイコーにかっこいいのでファンになっちゃいました。

マリアンヌ・フェイスフル 
イギリス・ロンドン生まれ。父親は大学教授、母親はオーストリアの名門貴族の家系出身で、先祖がレオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホの血筋を引いてる。しかし家庭がそれほど裕福だったわけではなく、幼いころに両親が離婚しマリアンヌは修道院で育つ事になる。そして、17歳の時にジョン・ダンバーと結婚するが、ダンバーとローリング・ストーンズのマネージャーがちょうど知り合いであったがため、パーティに出席したのをきっかけに芸能界に入り、彼女のために用意された曲は「As Tears Go By(邦題:涙あふれて)」で、1964年にデビューする事になる。その後ポップ・アイドルとしての地位を確立し、その清らかな歌声とロリータ的な美貌で人気を博す。さらにジャン=リュック・ゴダールに見出され映画デビューも果たす。


Marianne Faithfull - As Tears Go By (Hullabaloo London 1965)

清楚なルックスと歌声で映画界からも声がかかり、ゴダール以外にも、アンナ・カリーナとセルジュ・ゲンズブールが主演のTV映画『アンナ』にも出演し、そこではディスコで歌うだけのシーンであったが、さらに大物俳優のアラン・ドロン主演の映画『あの胸にもういちど』という作品でヒロインに抜擢。ドロンと不倫に身を投じる女性を演じた。

その「あの胸にもう一度」のキャッチコピーがすごい・・・。

むせかえるような恋の陶酔に ひとつになって燃える男と女- 人気最高・ドロンの魅力がきらめく 華麗なる愛の名作!

だそうで・・・。

Girl On A Motorcycleのコピー


Girl on a Motorcycle (1968) Trailer

なお『あの胸にもういちど』のヒロインは『ルパン三世』に出てくる峰不二子のモデルになったと言われている。

そうか!
誰かに似てるなぁと思ってたんで解決~!
ふ~じこチャンか、そうか。

グラマラスです!
たまりません!
もう!

MARIANNE FAITHFULL, LONDON 1964のコピー


というわけで、そのふ~じこチャンの原型を堪能ください。
ジッパー口でくわえておろすシーンがサイコーです!

巨乳を革ジャンに押し込むシーン!
いいです。良すぎです。
美乳です。

Cinerama: Girl on a Motorcycle

ね?
イイでしょ?

でも、映画自体は最期が悲惨で・・・・。
ありえない結末。

GIRL ON A MOTORCYCLE ENDING

1960年代後半、全裸でオーバードーズになって倒れているところを警察に見つかり、さらに全裸写真が新聞にまで載るなど芸能界を揺るがすスキャンダルに巻き込まれた。この影響で当時は『地に堕ちた天使』『天使の顔をした娼婦』と言われていた。そのせいでブラックリストに名前が載り、それまでの可憐で清純だったイメージを捨てざるをえなくなり、この事件でマリアンヌのアイドル生命は終わったとされる。

ミック・ジャガーと付き合っていたが、騒動でさらに追い詰められ、流産と精神不安定から自殺未遂も繰り返したという。あまりにドラッグに手を出すマリアンヌを見かねたミックは止めさせようとするがうまくいかず、結局二人は1970年に破局。破局後は男性不信に陥りレズのパートナーも作っていたという。アルコール中毒にもなったりと1960年代末期から1970年代半ばまでがまさに人生で一番地獄を見た時期と言えよう。



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。