ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無敵艦隊


44年も優勝から遠ざかってましたか(笑)
ワールドカップ以来テレビのアナウンサーが無敵艦隊、無敵艦隊って連呼するのでよっぽどの無敵ぶりかと思いきやさにあらず。そんなもんでした。
とりあえずスペインの知ってる名前付けて盛り上がってんじゃねえ!(笑)

しかもこの名称は、『この艦隊を壊滅させたイングランド人が、皮肉をこめて考案した通称』ってわけで、むしろ皮肉みたいなもんで、よく在日スペイン人も黙ってたな~(笑)

1588年5月28日、22隻のガレオン船、108隻の商船に3万人以上を乗船させたメディナ・シドニア率いる無敵艦隊がリスボンを出発。イギリス上陸を考えていた為、3万人中2万人は陸戦隊だった。7月末プリマス沖の海戦、8月8日グレイブラインの海戦を行い敗北。スコットランドを迂回して帰還を目指すも更に半分を喪失し大敗。結局スペインに帰還したのは54隻だった。死傷者は2万におよび無敵艦隊は壊滅しスペイン衰退の予兆となった。この一連の戦闘を「アルマダの海戦」と呼ぶ。

スペインの無敵艦隊は1000トン級の大型船で多数の重砲を装備していた。それに対するイギリス艦隊は小型船で破壊力に劣る軽砲を主力としていたが射程距離は長かった(ただし重量の基準が双方で異なるため、船の大小は単純比較できない)。スペイン艦隊が、伝統的な接舷しての白兵戦に拘ったのに対し、イギリス艦隊は距離をとって砲撃を集中する戦法をとった。イギリス艦隊を指揮したのは海賊上がりのドレーク提督である。

「Armada」本来の意味は上記のスペイン艦隊であるが、転じて大艦隊の威容をあらわす比喩的な名称となった。


それにしても、スペインとは予想はずれ・・・。
ワタシ的には今回はポルトガルだったんですがね。
それにしてもオランダにはびっくりさせられて、やっぱりな!ほらな!(笑)なユーロでした。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。