ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃロメのコピー

亡くなられました。
残念です。
特にファンだったわけではありませんが、バカボンなんかは何度となく再放送で見ましたモンで・・・。
私に影響を与えた一人になるのではないかと。

 「おそ松くん」「天才バカボン」などの作品で人気を集めたギャグ漫画家、赤塚不二夫(あかつか・ふじお<本名・藤雄=ふじお>)さんが2日午後4時55分、肺炎のため死去した。72歳。葬儀の日取りは未定。自宅は東京都新宿区中落合1の3の15。喪主は長女りえ子(りえこ)さん。

 赤塚さんは1997年12月に自宅で吐血し食道がんであることが分かり、98年3月に記者会見で公表した。摘出手術を受けた後も急性硬膜下血腫などで入退院を繰り返す。02年4月に脳内出血を起こし、入院が続いたが、親しい知人の見舞いは受けていた。06年夏、看病していた妻眞知子さんに先立たれた。関係者によると、最期は病院の集中治療室でりえ子さんらの呼びかけに目で応え、息を引き取ったという。

 35年、旧満州(現中国東北部)生まれ。45年、引き揚げ後は奈良、新潟で育った。手塚治虫にあこがれて漫画家を志望し、中学卒業後の54年に上京、工員として働きながら漫画の投稿を続けた。このころ石ノ森章太郎の同人誌に加わるとともに、若い漫画家が集まった東京都豊島区のアパート、トキワ荘に移り住んだ。

 56年「嵐をこえて」でデビュー。一昨年、漫画家生活50周年を迎えた。62年に「少年サンデー」に連載し大ヒットした「おそ松くん」は、秩序を破壊するスピード感のあるナンセンスな笑いで、新しいギャグ漫画の世界を切り開いた。その後も「もーれつア太郎」「ひみつのアッコちゃん」「天才バカボン」などヒット作を連発した。

 65年「おそ松くん」で小学館漫画賞、97年に日本漫画家協会賞文部大臣賞。98年に紫綬褒章受章。03年、東京都青梅市に「青梅赤塚不二夫会館」が開設された。07年、「天才バカボン」誕生40周年記念でベスト版が刊行された。

 東京都新宿区の赤塚さんの自宅兼事務所には、午後11時過ぎ、同区内にあるジャズクラブ「J」の経営者のバードマン幸田さん(62)が駆けつけた。タレントのタモリさんとの共同経営の店で、赤塚さんがよく訪れていた。幸田さんは「信じられない。赤塚さんには助けられた。こんなにいい人は他にいない」と声を詰まらせていた。


「賛成の反対なのだ」というせりふはワタシテキには哲学の目覚めであったかと(笑)

あと気になるのは、今シーズンのコムデギャルソンの一連の赤塚シリーズのプリントものの行く末。
こういったシリーズは世間的にどう扱われるのでしょうか?

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



2日に肺炎で亡くなった漫画家、赤塚不二夫さん(享年72)をタモリ(62)が追悼した。4日、本名の森田一義でコメントを発表し「私の恩人でもある赤塚不二夫氏が亡くなりました。この世界に入ろうとした時に突然私の前に現れてデビューのきっかけを作り、その後の物心... Newsブログ検索結果BLOG【2008/08/05 11:28】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。