ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万華鏡写輪眼

いよいようちはマダラの秘密に―――というわけで、
うちはマダラの万華鏡写輪眼。
うちはマダラのはちょっとトクベツ。ほかのとはちがうから覚えておこう!

サスケとイタチの対決も終わり、サスケの目標が大きく変わってしまうんですが、コミックの流れが大きく転換する前にワタクシの「ヨミ」でもご披露しておこうかと思います。


(※このページは43巻からではありません。マダラの万華鏡写輪眼がわかるようにほかから持ってきました。)

最終的にストーリーが完結したときに「俺は読みきっていた」状態を言いたいだけなんで、外れても知らんぷりしますけど(笑)

最重要なコトは、トビ=マダラ となったものの「マダラ」はホンモノか?ということに尽きると思いますよ。ストーリー的にはダレがこの「マダラ」と対決することになるのか?がミソ。たとえば「トビ=オビト」説もまだ消えてはいないんですが、そうであれば「マダラ」と対決するのはカカシでしょう?ほんとにマダラであれば、「マダラ」と対決するのはサスケでしょう?

話のキーににってるのはいくつかあって、トビ=マダラがいまだに左目を隠している点。ワタクシ的にはマダラが年齢的に生きているはずがないと思っているので、これはトビ=オビト=マダラ説になる。輪廻眼の秘密はまだ語られていないことがポイントで話の流れ次第でどんな威力を持ってくるか読めないのもあるんですが、少なくとも名前のとおり輪廻=生き返らせる力があるのでしょう。

とすると、カカシにあげたオビトの左目には輪廻眼が入っているのでは?
と思ってしまうわけです。そ―――すると死んだオビトのカラダにマダラを入れる?様なことも可能かと・・・?どうよ?

あと、マダラの眼はずっと万華鏡写輪眼のはずなのにトビの眼は普通の写輪眼だしね。
マダラが生きている説はちょっとありえない。
まぁこんな具合よ↓

middle_1207905078のコピー


な?マダラの眼が普通の写輪眼でしょ?
弟の目をもらってから永遠に万華鏡写輪眼になったんでしょ?

そのあたりのそれを裏付けるのが自来也が突き止めた「ホンモノはいない」というメッセージに帰結するかなぁ・・・。ペインの実体がない理由になりそうな予感。

さらにストーリー的には自来也も輪廻させられちゃうのでは?などと思ってしまうわけです。
自来也の死体はあがってないしね。
ストーリーとしてはNARUTOは最終的に誰と闘うのよ?という設定にはペイン化した自来也というわけですな。(ほかの複線については考えないでいると)

まぁ、そんなことを考えて楽しんでいるわけです。
43巻も楽しかったですよ。
カバーの絵がちょいちょいテイストがかわっててイヤなんだけどね。
細いペンのほうがいいよね。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。