ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Biomech Stainless Steel Articulated Arm

「永遠」のカラダみたいなものが「キカイのカラダ」として銀河鉄道999で登場。
それ以前にもサイボーグ、人造人間、改造人間として石の森章太郎系では見てたんだよね私たちは。で、こんな人もいる。

ニューヨークに拠点を置くアーティスト、Christopher Conte氏は、義肢の設計を行なうほか、アマチュアのロボット技術者でもある。同氏は、バイオメカニクス(生体力学)を応用した精巧なオブジェを作成するマシニスト(機械主義者/機械工)。制作時には、めったに設計図やスケッチを使用せず、もっぱら自らの想像力を頼りとしている。

「作ってみたいものが頭の中に鮮明なアイデアとして浮かぶので、それに合わせて部品の調達を始める」と同氏は説明する。「私は古くなった部品を大量に持っているので、レゴで遊ぶようにそうしたものをいじっていると、たいていの場合、どのように組み合わせるかアイデアが浮かんでくる」

Conte氏の発想の源は、19世紀末から20世紀初頭にかけての技術や日本のブロンズによる作品だが、刺激を求めてB級のSF映画を見ることもあるという。「映画の中で気になるものを見かけると、『もしこれが存在したら素晴らしいのでは?』と考え、現実にしようと試みる」と同氏は言う。

ステンレス製バイオメカ多関節アーム
ステンレス鋼と真鍮製の部品を機械加工してできたオブジェ。この多関節アームは、人間の骨格構造に関する解剖学の知見をベースとしている。

この作品『Biomech Stainless Steel Articulated Arm』(ステンレス製バイオメカ多関節アーム)を2006年に制作する際に、Conte氏が制作の原動力にしたのは、自分の職歴と、8歳のころから胸に抱いてきた少年時代の夢だ。

「私は子供のころからロボットアームを作ってみたいと思っていた。もし義肢を使うことになるのなら、このようなものがいい」と同氏は語る。


NARUTOでも「暁」のサソリは自らの肉体を傀儡化してたりで、日本人はそういう概念ではかなり進んだ意識を持ってるようだ。(?)
でも、やっぱりナイーヴなところがあってこういったモノが現実的にはお目見えしない。
こういうのを平気でやるのは欧米人。

スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。