ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

garage11のコピー

漫画文化がもともとあったところでは、日本のマンガの浸透が厚いとききました。
フランスではそういうのがあって、スタイルが確立されていますね。

ジャン・ジロー(Jean Giraud、男性、1938年5月8日 - )は、フランスの漫画家である。

ジローは彼自身の本名のみにとどまらず、ペンネームのメビウス (Moebius) においても世界的な成功を収めており、更にジル (Gir) の名でもある程度の人気を得ている。

ジャン・アンリ・ガストン・ジローは、1938年にパリ郊外のノジャン・シュル・マルヌで生まれた。16歳で、ジローはArts Appliqués(応用美術)の独習を開始した。18歳の時に、ジローの漫画作品『Frank et Jeremie』がFar West誌に掲載された。1961年に、ジローは当時のヨーロッパを代表する漫画家であったジジェの許に弟子入りし、『Jerry Spring』の制作に加わった。1962年にジローは原作者のジャン・ミシェル・シャルリエと共に、Pilote 誌で『Fort Navajo』の連載を開始した。この作品は大きな成功を収め、1974年まで中断されることなく続いた。ジローとシャルリエにより『Fort Navajo』で登場したブルーベリー中尉はたちまち人気キャラクターとなり、ブルーベリー中尉が活躍するスピンオフ西部劇作品『Blueberry』はジローの生地フランスで最も知名度の高いジローの作品となった。フランスにおけるジローの名声は極めて高いものであり、彼を記念する郵便切手が発行されたほどであった。また、ジローは彼の本名とジル(Gir)の筆名で、オークレールやタルディなどの他の作家のために多数の原作を手掛けた。


ジャン・ジロー。
団次郎(帰ってきたウルトラマン)ではない(笑)よくにてるけど。
そのジャンジローですが風の谷のナウシカのファンで娘の名前をナウシカにしちゃってるそうだ。
宮崎駿もジャンジローをリスペクトしてたりの関係。

宮崎駿といえばこないだ海老蔵がテレビで宮崎駿ファンだっていってたな。
ポニョとか封切り一週間で3回見たとか。
宮崎駿が使った鉛筆もらって涙ぐんでました。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。