ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木希典

ワタシの曽祖父は日露戦争に行っている。
軍服を着た曽祖父と祖母の写真がある。
祖母の父は日露戦争へ、結婚し旦那さん(祖父)は太平洋戦争へ。
いずれも帰還しているあたりが幸運だが、すごい人生だな。
祖母の話は私の子供に伝えなければならない。
祖父の軍隊での写真は子供に見せてやらねばならない。
父の防空壕での体験や疎開の話をするのは私の義務だ。


旅順攻略戦後にロシア軍旅順要塞司令長官アナトーリイ・ステッセリとの間で水師営の会見が行われた。そこでの乃木の紳士的で寡黙な雰囲気は、諸外国の記者が持つ日本人観に大きな影響を与えたといわれている。乃木はステッセルらロシア軍幕僚にも帯剣を許し、従軍記者たちの再三の要求にも関わらずロシア軍との会見風景は一枚しか撮影させず、彼らの武人としての名誉を重んじた。

乃木の姿勢は世界中から賞賛され、日本の国際的地位すら向上させたことから、やがて乃木は「旅順の凡将」から、東郷平八郎とならぶ日露戦争の英雄となり、その後、長く軍人精神の具現者と見なされるようになった。

乃木がこの戦争で二人の子息を失ったことへの同情や、旅順攻囲戦が極めて困難な作戦であったことが伝わったことから、乃木の凱旋は最も多くの国民が押し寄せたといわれる。

乃木は明治天皇からの信望が厚く、明治天皇が後継者と期待していた裕仁親王(後の昭和天皇)の教育係として学習院院長に命じられる。幼親王も乃木を慕い、乃木も聡明な親王に陽明学を勧めた。殉死の前日、乃木は親王に自ら写本した山鹿素行の『中朝事実』と『中興鑑言』を渡し、この本がいかに素晴らしいかを説き、熟読するよう念押しした。当時弱冠10歳の親王は、乃木のただならぬ気配に、これは遺言だと気付き、思わず「閣下はどこかに行ってしまわれるのですか?」と聞いたという。昭和天皇は晩年まで、生涯で最も尊敬する人物として乃木の名を挙げ続けた。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。