ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【12月25日 AFP】ニューヨーク市内のファッション工科大学美術館(The Museum at FIT)で09年2月21日まで、“黒”や“死”をモチーフにしたゴシック・ファッションに焦点をあてた展覧会『ゴシック:ダーク グラマー(Gothic: Dark Glamour)』が開かれている。会場には、ヴィクトリア時代の衣装や、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)やリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)らが手がけたオートクチュール作品など、18世紀から現在までの幅広い作品が並ぶ。開催に際し、キュレーターのヴァレリー・スティール(Valerie Steele)が展覧会について語った。(c)AFP/parismodes.tv

の本も出てます。

"や"破壊"、"腐敗"といったネガティブなイメージを彷彿とさせ、18世紀ホーラー文芸の起源から、恐怖やエロティックな気味の悪さを形容するかのように用いられてきた「ゴシック」。現在では映画やアート、音楽などにも取り入れられ、サイバーゴス等サブカルチャ−的なスタイルから、A.マックイーンやJ.ガリアーノ、R.オウエンス、O.ティスケンスといったハイ・ファッションのデザイナーらも取りあげている。この度、NYのファッション工科大学(FIT)付属美術館で開催された「ゴシック:ダーク・グラマー」展では、ゴシックの歴史を紐解くとともに、ヴィクトリア王朝時代の黒衣やジュエリー、ロック信仰者たちのファッションや、アルバムジャケット、現代デザイナーのユニークなクリエイション等75点を展示。本書はそのカタログとなる。ゴシックがファッションに与えた影響について、深く考察した初めての試みであり、文化的なルーツとその永続的な効力を示唆した貴重な資料となっている。\7560

日本人デザイナーの作品も入ってます。
注目なんですが、やっぱりNYにはいけませんでした(笑)
なんかうまい具合に出張でもあれば・・・!とか、奇跡を期待してました。
本を買うことにします。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。