FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
20061024194311.gif


『パリ・シンドローム(パリ症候群)』

精神科医のエルベ・ベナム医師
『精神的に弱い旅行者が、こういった状況に陥るのです。想像していたパリと全く違う現実を見たとき、ものすごいショックを受けてしまうのです』


【ワタクシのパリの感想】

●小便臭と乞食のスエタ臭いの都
●物乞いの都
●ほっとけば口を利かずに一週間ぐらい過ごせる孤独の都
●オシャレなヤツなんてほとんどいない
●地味で暗くて汚くてよれよれの服を着てるひとばかりの華のない都
●何かにつけて鼻持ちならない連中が巣食う都
●あたりまえに差別がある都

と、そういうもんが都会だと思ったので、シンドロームには罹らんかったけどね・・・。別にキライじゃないけど、大して面白くもないよね。

「日本では『お客様は神様です』みたいな考え方がありますが、パリの店のスタッフは客のことなどほとんど気に掛けません。日本人にとっては、バスなどの公共交通機関を利用しているパリ市民でさえ、とてもつめたい人に見えるのです。市内で発生しているひったくり事件なども、そういった悪いイメージを増幅する要因となっています」

実は普通にそんなもんで、日本以外の外国なんて何処に行ってもそんなもんだよ。それをパリだけそんな風に美化してる人に問題があるよな。

●世間知らずが妄想膨らまして夢破れるお花畑系
●そういう情報は既に出回っているのに気がつかないオメデタイ人

いずれにせよ、観光客ではなくって憧れて憧れて住み着こうと思ってるヤツの話で、少なくとも弾丸でパリ中を走り回る『観光客』についてではない。



スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Design without design, All rights reserved.