FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
comme-des-garcons-logo.gif


コムデギャルソン神戸は大丸神戸店旧居留地38番館の2階に位置する。神戸大丸本館に隣接する旧居留地38番館は、日本で数多くの西洋建築を手掛けた建築家ヴォーリズによる、イオニア式円柱や石積みの外壁によるアメリカルネッサンス様式の近代建築である。1929年に銀行として建築され、80年代に旧居留地を再生させるきっかけとなった。

その2階に入店することとなったコムデギャルソンは、世界各国のインテリアを取り上げるイギリスの雑誌『ザ・ワールド・オブ・インテリア』より、川久保玲氏がピックアップしたいくつモノ邸宅の写真を壁面に貼った。楕円にくりぬかれたパーティション越しに覗くそれらの写真は、現実感を失わせ、まるでその中に入り込んでゆくように錯覚させる。

今回の取り組みは、そこに映りこむ空間だけでなく、そこで暮らす人々のライフスタイルまでをも取り込むことを意識したという。あえてコムデギャルソンの指向する美とは、異なるベクトルに向いた美を取り込むことで、コムデギャルソン自身に更なる多様性を持たせ、巾を広げた試みと言える。

(商店建築2006年10月号)


相変わらず心酔してしまうクリエイティビティー!
いま、業界のおよそ状況を語ればワールドなんかは大型の複合店を志向し郊外型の大型SCではこれでもかと新しいプロトタイプを送り込んでくる状況で、そんな中で大きい面積をどう繋げていくかのひとつの指針が『ルーム・トゥ・ルーム』という考え方。

別のブランドあるいは別のカテゴリーをどのようにして一体化させるかに腐心しているんですけど、こういうの見せられると、わたしなぞ、力なくうなだれてしまいます。
それにしてもすげえなぁ・・・・。

20061129125129.gif

20061129125144.gif

20061129125201.gif

20061129125217.gif

20061129125233.gif

スポンサーサイト






競走馬(笑)
そうですね、競走馬ですね(笑)
まわりを気にせずひたすら食えと(笑)

artも入れていきますよ。
でもね、モノクロに画像を変換するのに無理があったりして実は悩んでいる分野(笑)

特に何か紹介しようとか、人さまを啓蒙しようとかじゃなくて、自分のアーカイブぐらいの気分でやってる割には悩んでるところです。
【2006/12/01 09:56】 URL | phactory #sSHoJftA[ 編集]

一蘭! 行きましたか。
私はどーも、あの競馬馬になったような気分がなじまなくて一回きりに(笑)
やはり屋台で食べるのが好きでした。
っていっても、もうめったに行けないですから懐かしいです(*⌒-⌒*)

「art」のカテゴリ更新楽しみにしています。勝手に♪
【2006/11/30 08:54】 URL | senoby #-[ 編集]

ほう、九州ですか?
うちの会社も九州にも事業本部があってよく行ってましたが、最近行ってないなぁ・・・。
会社から博多駅までの帰りに一蘭によってズゾゾと食べてました。
【2006/11/29 17:07】 URL | phactory #sSHoJftA[ 編集]

こんにちは

す、すごい・・・
こういう素晴らしい空間は、どこに立ってもどこに視線を持っていっても、自分を違う世界に連れて行ってくれますね・・

それから、ラーメン。
九州人の私としては、コテコテとんこつが当たり前でして
自分の中でそれ以外はラーメンじゃなかったりします(笑)
舌の習慣性って怖いですね(*⌒-⌒*)
【2006/11/29 15:42】 URL | senoby #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Design without design, All rights reserved.