FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
comme-des-garcons-logo.gif



持続する空間デザイン

商業空間のデザインは、それが果たすべき役割のイメージを、客に喚起させることが重要だ。企業と客をつなぐインターフェイス、またはコミュニケーションツールとして有効に機能することが求められる。ファッションブティックでは、その傾向が特に顕著だ。

その店で販売される商品は、まさにそのブランドが持つ意思や時代性を反映したイメージの集積であり、その空間はそれらをより強固に集約し、ひと目で伝える強いメッセージ性が必要となる。
ファッションの世界は、次々と新しいイメージを欲し、多くのインテリアデザイナーがそのイメージを具現化してきた。そのため、ブティックにおける空間デザインの消費は非常に早い。

その消費のスピードの中で、コムデギャルソンは大胆な商空間の提案をしつつも、その消費の競争の中に身をおくことを拒んできた。イメージを強く定着させる為には、空間の持続が必要だった。1999年に改装した青山店はリニューアルより7年の時間を経ながら、今もなお新しいイマジネーションを我々に訴えかけてくる。そうした店作りの発想はどこから来るものなのか。デザイナー川久保玲に話をきいた。

デスティネーションショップ

長らくNYソーホー地区に店を構えていたコムデギャルソンが、食肉工場などが並ぶ倉庫街であるウエストチェルシーにあるもと自動車修理工場へとショップを移転させたのは99年。青山店の改装と同年である。これは、海外資本のメガブランドによる出店が日本で加速し始めた頃と重なる。コムデギャルソンは『私たちの資本では、そうした海外資本によるメガブランドと同じ方法論で企業を拡大していくことは出来ません。そのため、いかにほかのブランドとは違うコムデギャルソン独自の世界観を展開するかということを再確認するきっかけとなった』という。

ニューヨーク店は地元メディアによって“デスティネーションショップ”と評された。偶然立ち寄ってもらうのでなく、“わざわざコムデギャルソンに来てもらう”ことに主眼をおいた立地への出店だからだ。店づくりのセオリーである、オープンで入りやすい空間を、あえて閉じたものへと変化させ、コムデギャルソン独自の空間作りの色合いをより強めていった。しかし、川久保玲は『これまでと考え方は同じ』と、素っ気なく答える。
『ニューヨークもパリも京都店、大阪店も同じ。わざわざ来ていただく、人通りの少ないところにあえて出店しています。人通りの多いポピュラーな場に出店することはないですね。青山店のように、結果としてヒトが多く通ることになることもあるけれども。コムデギャルソンの店というのは、興味のある人に向いている。ただ売ることだけを目的としたいわけではないんです。もちろん商売ですから売ることが前提ですけど、売ることが一番なのではなく、来て頂いて(コムデギャルソンのことを)理解していただいて、着たいと思っていただきたい。五感で愉しんで、考え方にも共鳴していただきたい。そういうことをすべて表現していくと、ああいう立地や空間になるわけです』

世界観を作るマテリアル

神戸店においても、『コンセプトは特にない』と簡潔に答える。
『今回、百貨店側からいただいた環境は、準路面店という位置づけで、展開を考えるにあたり、決してよい環境ではありませんでした。既に別の店舗がいくつも入居し、そこには、そうした店が持つ、まったく異なるイメージが既に付加されてしまっている。その環境に対し、私たちの世界観を出すには、普通のヒトが考えない強いポイントが必要でした。』

出店が決まるたびにまず自信で現場を訪れるという川久保が、神戸出店に当たってイメージを固めるきっかけになったのは、共用部にあるうち捨てられたような広い階段だった。『まったく使われていない裏側。それをポイントにして考えよう。それがはじまりであり、すべてです』これまで裏動線であった階段からコムデギャルソンへ単独で入ることが出来る、他の店舗とは全く別の入り口を作るということは、川久保の店作りに通底する“お客様に入っていただこう”というテーマに繋がる。
『階段を、堂々としたメーンの入り口にするため、劇場のように階段から入っていくイメージを用いて、シーンの切り替えを図っています。そこで階段の写真を貼っているわけですが、階段の写真のみでは、中との繋がりを見出しにくかったので、イメージを延長させ、店舗内部にまで貼っています。準路面店ですので、弊社のブランド(のライン)がいくつも売られます。ですからなるべく広く売場をとらなければならない。かつ商品量も入らなければならない。(ラインごとに)空間を仕切ることには仕切るんだけど、すべて繋がっている、と言う考え方になりました。すべてのデザインを考えてかっこいいことをやろうというのではなく、必要なものを押さえるからこそ生まれたデザインです』

存在する間だけ買える店

こうした店作りと並行して、青山骨董どおりではテンポラリーショップと称される期間限定の店舗が展開される。
これまで展開されたのは、コムデギャルソンのデザイナーの一人、渡辺淳弥がプロデュースした『ハッピー・アーミー・ショップ』、パリのセレクトショップ『コレット』とコラボレーションした『コレット・ミーツ・コムデギャルソン』そしてブリュッセルを拠点とした活動を行なう若手現代美術家ヤン・デ・コックによる彫刻そのものを店舗にした『ヤン・コムデギャルソン』。2006年9月には『ドーヴァーストリートマーケット東京』が新しくオープン。規模が大きな路面店を展開する一方で、こうした期間限定によるショップ展開も同時に行なっている。

『コムデギャルソンではいくつもの店を作っていますが、もちろんその中にはいろいろなスタイル主張の店があるわけです。それらの店の中にはないものをやらなくてはならない、というところからテンポラリーショップの発想が生まれました。これは、内装のデザインがどうだということではなく、ビジネスのひとつの形なのです』
極めて短命なファッションの性質を逆手に取ったこの戦略は、形を変えて海外でも展開されている。『ゲリラストア』とよばれるこれらの店は、どこも1年間の期間限定。経営に当たるのは、地元の大学教員や学生などの素人。地元の異分野の人々とパートナー契約し、経営を任せる。内装の指示などもなく、ただ商品の構成のみをコムデギャルソンがチョイスするというものだ。新作と過去の在庫品を取り混ぜた商品構成で、開店にかかる資金も抑えることが出来る。1号店であるベルリン店の内装造作費はわずか2500ユーロ。

既存店のない海外の都市への試験的な出店や、在庫品の整理など、ビジネス戦略として有効であり、かつ先進性を求める企業体として、文字通り有益なゲリラ活動となっている。こうした動きは米国の大手小売店『ターゲット』が、ロックフェラーセンターに6週間のみアイザックミズラヒのコレクションを販売するポップアップアウトレットをオープンさせたこととも通ずるところがあるが、コムデギャルソンは既に1店舗目であるベルリン店をはじめとするいくつかの店舗を閉め、世界各地に次々とゲリラショップを展開させている。確立されたファッションビジネスにおいて、川久保は新たなビジネスのスタイルを模索し続けている。

ひととぶつかるエネルギー

2004年にロンドンでオープンした『ドーヴァー・ストリート・マーケット』もまた、新しいビジネススタイルの提案である。メイフェアのボンドストリートにほど近いドーヴァーストリートに面したオフィスビルを改装した、売り場面積1200㎡弱の6階建ての複合ショップだ。ベルギーのメンズウェアデザイナーで、自らのシグネチャーラインのみならずジル・サンダーのデザイナーとしても起用されたラフ・シモンズやディオール・オムのスターデザイナー、エディ・スリマンといったファッションデザイナーから舞台美術家、写真家、骨董品店主などが、ひとつの建物に屋台を出店し店を構える。『これもやはり他にない店作りをしたいということが念頭にあります。売り方としてはコムデギャルソンの商品だけでもいいんですけど、もう少し幅広くありたい。いろんなひととぶつかるエネルギーが、店作りにとっては面白くそして強い結果を生むでしょう』

前述のテンポラリーショップとしてオープンした『ヤン・コムデギャルソン』は、2005年3月にオープンし、2006年7月に閉店した。年齢層を高めに設定した男性向けのブティックである。内部を埋め尽くす作品を手掛けたヤン・デ・コックは、ドーヴァーストリートマーケットのラフ・シモンズのブースを手掛けており、それがきっかけとなった。コムデギャルソンにはこれまでも京都や大阪、ディエチ・コルソ・コモなどでアーティストを起用してきた。ただこうしたアーティストの選定に基準はなく『その時々で気に入ったものを選んでいるだけ』だという。もちろん自らとは異なる別のクリエーションに対する期待はある。神戸でも、壁面に貼られた写真の出典である雑誌『ワールドオブインテリア』は、川久保自身が『一番好きな雑誌』だから選ばれた。

『ただ単純に別のクリエーションをぶつけるから、おもしろいものができるだりろうと思っているわけではない。もちろん結果としてそうしたことはおきるでしょう。みなさん、よくそういった質問をされるから、そうお答えするけども、作っているときはそんなに難しいことを考えているわけではない。やりたいことをやっているだけです。できあがったすべてはただの結果に過ぎないのです。ヤンの場合もアートを採り入れようと思っているわけではない。自分の中ではそれほど計算しているわけではないし、ロジカルに考えているわけではないんです』

新しい表現と言う欲求

近年、コムデギャルソンは社員に向けた展示会『コムデギャルソンのためのコムデギャルソン』を幾度も社内で行なっている。それは創業から30年を超え、これまでコムデギャルソンが歩んできた道を知らない社員が多くなってきたことに起因する。今年8月に行なわれた4回目となる『コムデギャルソンのためのコムデギャルソン』展では、80年代から近年の作品まで100点近い洋服のパターンとシーチングで作られたトワルを展示した。

その展示内のメッセージにこんな一文がある。
『時代とともに価値観が変わり、私たちの生活も変化していきます。しかし、いつの時代も、新しい表現をしたい、見たい、着たいという人間らしい欲求は変わることがないと思います』
短いインタヴューの中で、最後に『店を作るときに一番大切にしていることは?』という抽象的な質問をした。川久保の答えは、まさにクリエイターの誰しもがそう志しながらも、しかし最も難しいこと、であった。
『一番新しく、かっこいいものを作りたい。自分でそう思え、感じるものを創ることが一番大事なことです』
だからこそ、コムデギャルソンは今もアヴァンギャルドであり続けるのではないだろうか?

商店建築 Vol.51 (2006年10月号 商店建築社)

スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



関連する映画 ロバート・アルトマン(''Robert Altman'')製作・監督作品『プレタポルテ』(''Pr?t-?-Porter'')マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン主演、(1994年)[http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10926/]。作品中に、ジャン・ポール・ゴルティエ、ソ ブランドを考える【2007/03/04 17:56】
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければクリスチャン・ディオールについて情報交換しませんか? ファッション・アクセサリー・香水【2006/12/19 14:20】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Design without design, All rights reserved.