FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Prefabsprout.gif


トーマスドルビーによるプロデュースでブレイク。
僕の中でもソングライターとしては上位に位置する。
パディーマクアルーンは『ありきたりなメロディーを書いてはいけない』と強迫観念に脅かされていたらしい。それがここでは打ち払われて才能が開花したといっていいでしょう。

Prefab Sprout - Hey Manhattan!

「ニューヨークのことをよく知らないのに、こんな歌を作ってみんなに聴いてもらうのは申しわけないんだけど。僕は5番街を歩いていても、カーライルホテルがどこにあるか本で見なきゃなんないほどこの街について何にも知らないんだ。この歌の中で歌われているのはカンサスの田舎から出てきた18、9の少年で、彼にとってはニューヨークで暮らすってことがすべてなんだ。新しい場所、子供のころに見たあらゆるラッキーなチャンスが転がっているニューヨークで生きるってことがね。でもラッキーなチャンスなんてあっという間に過ぎ去ってしまうもんなんだよ。」(Sounds, May 14, 1988)

10年ほどまえに初めてニューヨークにいくときこんな感じかなぁなんて訊いてたけど、テメェ行ってへんかったんかいっ!コロす!

「この曲はぜひアメリカ人の歌手に歌ってほしかったんだけどうまくいかなかったね。アイザック・ヘイズがぴったりだと思って、彼に頼もうとしたらレコード会社にだめだって言われたよ。」(Epic promo flier, 1995)

でも、彼の声で正解だったと思うよ。フレッシュだし。
結果オーライでしょ?

Prefab Sprout - The Sound of Crying

「どんなに近代化された世の中であっても、災害はいつの時代も起こってるってことに対する感情を表現してみたんだ。僕はわずらわしいからいつもはこういった大きなテーマとは距離を置いてるんだけど、今回の場合はマイケル・ジャクソンについてのいろんな曲を書いててそれをちょうどあきらめたところだったんだ。歌詞は彼を誤解してるすべてのことが書いてあって、僕は"ヨルダン:ザ・カムバック"でのエルビスみたいに何曲かを創作して1曲作ったんだ。でもこれをリリースするには'Only the boogie music/Will never, ever let you down.'(ディスコミュージックだけは決して君を裏切らないだろう)って部分が(マイケルとの?)コーラスにならなきゃならなかった。 それからとうとう僕の神経が参ってしまって、どんなにイメージをかき乱すような歌詞が思い浮かんでも、そのコーラス部分が気になってしまうんだ。」(Creem, 年月日不明)

When Love breaks down - Prefab Sprout

よくまとまったHPがあります。是非ご覧ください。
Looking For PREFAB SPROUT


スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Design without design, All rights reserved.