FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
mark-king-live.gif


レベル42のベーシスト、マーク・キング。
バンド名を冠して語られるより、『ベーシスト』として多く語られる

Mark King developing and popularized the slap and pop style of playing the bass guitar. The slapping and popping style was developed in the 1970s by funk bassists such Larry Graham and further developed by jazz fusion bassists such as Stanley Clarke. King developed a rapid playing speed using this technique and introduced technical elements that enabled him to produce a mix of percussive effects while still playing a bass line. King's bass playing style is largely based on continuous 16th notes, a "machine-gun-style."

マーク・キングは、“スラップ・アンド・ポップ”の弾き方を生み出し一般的にしたと。
その演奏法は、1970年代にラリー・グレアムが生み出し、スタンリー・クラークがジャズフュージョンの環境で発展させたと。
それに『速さ』を加え、ベースラインを弾きながら、パーカッション的な効果を取り込んだと。
ま、それでキングのベースは16ビートのマシンガンスタイルといわれるようになったと。
(意訳:Phactory)

こういうのは百聞は一見に如かずだ。
見てください。すごいです。どこがどうなって音がでてるのかわからないですから。

level 42 mark king bass solo

すごいでしょ?
感動モンだし、鳥肌モンですよ・・・。


スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Design without design, All rights reserved.