ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070326101918.gif


久々にテレビの前に釘付けになってしまった。
こんなにドキドキしたのも久しぶり。
フィギュアの世界選手権(=テレビでは世界フィギュア)の女子には、本当に手に汗握ってしまった。
きっちり二日見てしまいました。

金メダルに安藤、銀メダルに浅田と素晴しい結果。
いや~よかったです。コーフンしました。
今回は安藤の復活劇というトコロでいいのではないでしょうか?
人気ともに甲乙つけがたい二人ですが、これからが楽しみといったところですな(笑)

ソノ素晴しい成果は置いといて、エキシビジョンについて。
どうも日本の選手のエキシビジョンは見劣りするなぁ・・・・。
なんというか、エンターテイメント性にかけるというか、ある意味、ショーとしての魅せかたが下手なのか、それとも他の国(欧米ですが)の連中はそれ用にすべりを用意してるのか?

本チャンでの緊張感とか、演目をちゃんと滑り上げるかとかいったところとは違うところにフィギュアスケートの本質はあって、バレエと同じで『技術』から先にある『愉しませる』とか『優雅さで魅了させる』とか『イメージを表現する』といったところで、エキシビジョンはかなり辛かったです・・・(苦笑)

安藤が最後に4回転サルコーをもっていって失敗したのは御愛嬌で、そういうのもアリかな?とも思いましたが・・・。
それにしても、なんか絢香がでてきて・・・って演出がテレビ的なあざとさ(=絢香と安藤の夢の共演!とか)がいやでいやでたまらないです。
最近のスポーツ中継に対するテレビの姿勢は考え直したほうがイイんじゃないの?
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。