FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
20060801112356.jpg

July31.2006
さてと、こんなに危ない橋を渡ったのは初めて。土日を完全休暇にする為に金曜は遅くまでプレゼンの仕事をしたにもかかわらず最終は本日31日に仕上げというギリギリの準備。しかもちゃんとできてるのかはわからないパース。でもなんとかなりまして一路岐阜へ。名古屋まで『のぞみ』で移動してバックするカタチ。今回は名古屋鉄道・・・通称名鉄での移動。で、名古屋駅で待ってると新鋭車両『せんとりゃ~』号がホームに滑り込んできた。う~ん。いままでのババちい車両から一新。なかなかキレイだ。でも他の車両がうるさいよ、名鉄・・・・。地下駅で音楽鳴らしながら入ってくんなよ・・・うるさいから。あと、ブレーキも磨り減ってるのか整備不良じゃないの?やたらとうるさいです。

今回のプレゼンテーションは銀行さんの『プライベートバンキング』のためのサテライトの企画。4社がコンペになっており当社が一番最後のプレゼン。他社は従来の銀行の設計で勝手知ったる面々。当社はディベロッパー側から『商業的なアプローチ』から『新しい顔作り』を期待されて推薦されたわけだ。既に他社の企画を見ている銀行マンの予想から大きく飛躍したプラン(想像の範囲外)をど―――んとプレゼンしてきたわけです。

反応はやはり、『インパクトがあった』とか『考えもつかなかった』とか『どうやっていいのかわからない』とかいった感じのもので、窓口のカウンターまでのストロークに一発○○がはいった(←ここがミソだが言えません)斬新な構成になっている。それにしても、やはり銀行さんも自分たちこことを『シロウト』といってるそのとおり、店舗としてどう構成するかとかお客さんからどう見えるのか?なんてことは、まったくズレているし、銀行マンの感覚はかなり現実離れしており、このプランが通用するのか?ヤル気をだせるのかはまったく不明だ。

わたしらとしては、そのあとディベロッパーサイドへも『ご挨拶』して当社プランを一部置いて『ひとオシ』してもらおうと(笑)。そのあとお疲れさんということで、『世界の山ちゃん』で『幻の手羽先』をタラフク食らい、最終の『のぞみ』で新大阪に帰ったわけです。
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Design without design, All rights reserved.