ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Astaroth.gif


パタリロを知ってるヒトでかなりの愛読者ならわかる話。
作品中ではちょいちょいオカルトモノがでてくるんですが、御先祖が悪魔に魂を売り渡して・・・ってシリーズがあり、そこでの中心人物がアスタロト公爵。魔夜峰央の作品らしく端正に書かれておりそうした世界観になじむようになったのはこのヒトのおかげ。

マンガを読んで興味を持てば調べて本を漁ってってのがワタクシのスタイルなんですが、最近は“Wikipedia”で間に合ってしまう(笑)
当時はまだWikipediaも、そもそもパソコンなんてなかったしね(笑)おもに、澁澤龍彦で研究しましたよ。
いま、こうしてブログに溜め込んでいるので改めて入れ込んで保存しておこうと・・・。

アスタロト (Astaroth) は、グリモワール(中世ヨーロッパで流布した呪術書)に登場する高位の悪魔。日本語ではアスタロスやアシュタロスとも表記される。ウガリット神話の豊穣の女神アシュタロトを前身とする。

悪魔学によるとソロモン72柱の魔神の1柱で、40の悪霊の軍団を率い、序列29番に位置する大公爵。サタンに従う魔界の4大実力者の一人である。堕とされる以前は座天使であった。 コラン・ド・プランシーによれば地獄帝国の大主計。

巨大な蛇に跨り、右手には毒蛇を持ち、口からは毒ガスを吐き出すとされ、過去と未来を見通す能力を持つ。同じく4大実力者の一人である蝿の王ベルゼブブのそばに、ロバの姿で現れることもあるという。

質問者に学術を教授することもある。天地創造から天使が如何にして堕天したかと言うことも語るが、天使として自分が受けた罰が不当であるとも主張する。

一方、初期のアスタロトは後代のそれと全く異なっており、黒い服を着た美しい姿だが非常に残忍な性格で、唇からは一筋の血を流し続け、他人の苦痛に微笑む、という。アシュタロテ女神は、カナン神話のアナトなどに見られるような、美しくも勇猛、残忍な争いの女神としての側面を持っている。初期のアスタロトも、こうした神格を反映した悪魔だったのだろう。
Wikipedia



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。