ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

depechemode101.jpg

ある意味、僕も一緒に成長したような感覚のあるバンド。
ある時期に同じような変化があったり、ちょうどデビューから見てきたし。ビジュアルとかスタイリングとかにも共感が多いし、耽美的なトコもスキだったりと未だにビデオ見ても恥ずかしくならない80年代のひとってのも珍しい。

で101はそんな彼らがメジャー級になってもなくさない『何か』の黙示録。80年代の洋楽で育った30代は是非もっておけ!
そしてエブリシングカウンツのオリジナルにないフレーズとオーディエンスの合唱に涙せよ。

"Everything Counts" is Depeche Mode's eighth UK single (released on July 11, 1983) and third US single (released on November 2, 1983), from the then upcoming album Construction Time Again. The single is a pivotal release in the band's career, as the members attempted to transition from the pop numbers of their early years to a more sophisticated sound; it would be the first single of the transition period to hit the Top 10 on the UK Singles Chart. It was the first in a long line of industrial-inspired singles released by the band, and has been referred to as "arguably...the first English-language industrial pop hit."[1] The single was re-released (in live format) on February 13, 1989 (March 25, 1989 in the US) to support the live album, 101.

これほど長いことスキだったアーティストも多くはないし、こいつらがスキといっても恥ずかしくないかもだな。
そんな機会がないから言わないけど。
スポンサーサイト

テーマ:80年代洋楽 - ジャンル:音楽



h1p8v1emr0agj223

【2008/11/13 15:26】 URL | Cherry Johnson #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



管理人の承認後に表示されます【2006/08/04 22:26】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。