ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070511175119.gif


アイム・ノット・イン・ラヴ

70年代不朽の名曲として10ccを代表する曲ですよね。だいたいのヒトは曲名やアーティストを知らなくても聴いたことはあるはず。

この曲はラジオDJから絶大な支持を得た様子を見たレコード会社がただちにシングル・カットをメンバーに要求したらしいんですが「ライヴであの楽曲のクオリティーを表現出来ない!」として最後までメンバーはシングルカットに難色を示した。というようなエピソードが残されてるんですが、『?』ですよね。ライブでするのとシングルカットと何の関係があるんだ?わからん。
誰か知ってたら教えてください。

バックに流れる幻想的なコーラスが凄く印象的な曲ですが、これは4人の声をテープ編集により256人分(!)に増幅して作成されたらしいですよ。

10cc- I'm not in love

「10cc」というバンド名の由来については諸説乱れ飛んでるようです。男性が一回に出す精液の量×4人分が、だいたい「10cc」という事でつけられたとか。正しいとされているのは「10cc」の所属レコード会社の社長、ジョナサン・キングが見た夢説で、ハマースミス・オデオン(またはウェンブリー・スタジアム)のカンバンに「世界で最も偉大なバンド、10cc」と書いてあり、「これは神のお告げかもしれない。」と思った彼が縁起を担ぎ「10cc」と名付けたという説。まぁそんなところか・・・。



800px-10ccband.gif

スポンサーサイト




そう。
あまりにも下品すぎてね(笑)
【2007/05/17 12:43】 URL | phactory #sSHoJftA[ 編集]

グループ名の由来、聞いたことあります。
精液のほうね!(笑)

こんな美しい曲を作るヒトたちのグループ名が
そこから来てるなんて、と衝撃に思った記憶があります。
【2007/05/17 11:44】 URL | コルレオーネ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。