ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070525125044.gif


今『となりのトトロ』の解釈について結構盛り上がってる様子。
こういった御伽噺というかファンタジーの重箱の隅をつつくようなハナシなら特にのらないんですが、解釈として面白いかな?なんて。

まず発端は作品の途中から、サツキちゃんとメイちゃんの「影」がなくなった。というもの。
それに対して『トトロが死神だ』とか、『メイちゃんは死んでる』という意見、見解(妄想)が出始めたわけです。
う~ん、このアタリは同でもいいんですよ。ばかばかしいなぁなんてね。
で、そういった質問に対してかなりまとまったハナシが出始めましたと。それが以下のような意見。Yahoo知恵袋の質問への回答。


さつきとメイは途中で本当は死んでしまい、
それを父親が想像で生きていたらこうなっていて欲しかったと
書いたのがとなりのトトロであり、
作中でずっと書いていたのはその原稿だという説。
まず、トトロというのは死神、冥界への使者であり、トトロに会った人は死が近い、
もしくは既に死んでいるという裏設定。
そして母親の入院していた七国山病院のモデルとなった
八国山病院という実際にあった病院は
末期患者や精神疾患患者を収容する場所であったという話。
メイが行方不明になって池でサンダルが見つかる騒ぎが途中でありますが、
あの時既にメイは池で水死しており、
真新しいメイのサンダルを見たさつきが
現実を認めたくない気持ちから「メイのじゃない・・・」と
ひきつった表情で嘘をついてしまいます。
そしてさつきはメイを探すため、メイがトトロに会ったという場所に行き、

「お願い・・・トトロに会わせて!!」

「トトロ、メイが迷子になっちゃったの。

探したけど見つからないの。

お願い、メイを探して!今頃・・・きっとどこかで泣いてるわ・・・

どうしたらいいか分からないの!」

「みんなには見えないんだ・・・」

というセリフから分かるように、さつきは自ら冥界への扉を開け、
魂を運ぶ乗り物である、猫バスに乗ってメイの元へ向かったのです。
さらに病院のシーンでは母親が

「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした」

と言う。なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がして、
尚且つ二人は近くまできているのにも関わらず、実際には両親に会わずに
メッセージ付きのトウモロコシを置いていったのでしょうか?
それは二人が既に死んでいるからです。

●メイが行方不明になった後から、メイの影がなくなっている。
●最後のシーンでは全員が若返っており、実はあれは後の話ではなく、生前の 昔のシーンをくっつけハッピーエンド風に仕立てただけ。
●物語の舞台は埼玉の所沢。この所沢で昭和60年代に姉妹が残虐された狭山 事件をモデルにしている。
●サツキ=五月(皐月かな?)
 メイ=May=五月
 狭山事件発生日が5月1日


まず妹が居なくなり、姉が必死に探している姿が目撃されている。
妹は翌日森の中で全身を16分割くらいのむごい殺され方をしていた。
そばで放心していた姉はひどいショックを受け、事情聴取に対しても
「猫のお化け」「大きな狸に会った」等々、意味不明な証言ばかりしていたという話。
母親は既に病死しており、片親だったなど共通点が多い。


Yahoo知恵袋の質問への回答のページはコチラ

こうなってくると、俄然恐ろしくなってくる。う~ん。怖いでしょ?
映画『となりのトトロ』は観ましたし、そんな怖い印象は受けなかったんですが、こう言われると考えてしまうよなぁ。
こどもに本で読んであげたときには『さつきもメイも五月って言う意味やで』と教えてあげたんだけど、今考えると不自然な設定やねぇ。なにか5月について語りたいという意思の表明と考えてもおかしくないよねぇ。

あと、やたらとコドモを一人にしてる部分とかもしっくりこない印象があったし、そういう意味ではこういった憶測を呼ぶあまい設定が多かったというか、わざとそうしたのかどちらかだしね・・・。

で、問題の狭山事件。
これがまたややこしい事件で、説明できないから読んでください!
かなり、ヤバイ事件だから!

『狭山事件』の詳細を書いてある無限回廊というHP

ちゃんと読んでみました?
かなり、怖いでしょ?大きく取り沙汰された部落差別という問題と冤罪という部分は私たちの本筋ではないので置いておいて、真犯人は誰?ってとこがいまだにわからない。つまり迷宮ですな。

実際のところワタシ的にはファンタジーのままでいいのですが、あえてこの話に乗るとしたらこうだ。
以下が私の見解。

狭山事件を下敷きに作られた御伽噺とも読める。
メイはなくなった次女、さつきは自殺した長女を投影。
またメイ=冥府ともとることが出来る。
死んだ妹を探す姉はやがて、事件の真相(=闇)につきあたり闇に飲み込まれてしまう、または自ら死を選ぶというメタファー。
精霊・妖精は死に近いものを暗示しており、日常の近いところに死のニオイがある(あった)世界観を示している。また精霊はすべてを見通しており、また死の扉の番人でもある。
作品中の時間は交錯しており、病院からの呼び出しで母は危篤状態、メイは死亡。後をおったさつきも亡くなっているが願望の世界で皆が出会えるというイメージ。エンディングは、過去の思い出という見方。
母の元に届けられたとうもろこしは英語でMaizeとなり迷路を表すMazeと同音であり、あとに謎が残ったというわけ。

どうでしょうか?
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



麦わら帽子をかぶったメイちゃん♪黄色いバックを持ってお出掛けです。“今日はトトロ達に会えるかな?”サイズ:身長42cm・都市伝説となりのトトロからミステリーへ・スタジオジブリ日誌・ととろバス停・トトロトト~ロ・9月1日発売 新ブランド「decencia」製品発表記念イベ 【2007/09/08 14:25】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。