FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
20070525162357.gif


「音楽界の異端児」、「音楽界の変わり者」といわれるド天才。
自らの音楽をして『家具の音楽』と呼び、飲み屋の客の邪魔にならない演奏、家具のように存在している音楽という意味だそうだ。

Erik Satie - Gymnopédie No.1

そこにあるだけというコンセプトは『環境音楽』を決定的に動機づけたし、繰り返しは、『ミニマル・ミュージック』のコンセプトだ。ワタクシにしてみれば気がついたときにはいずれも既に誕生していたので、新しいものが誕生した!みたいなのはなかったんですが、文脈を捉えて改めて聴きなおすと凄く新鮮~。
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Design without design, All rights reserved.