ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070711094824.gif


赤い彗星の人。
特別塗装の専用機っていうのが最大の魅力。しかも汎用機の色違いってだけでスペックはみんなと同じなのに誰よりも速いとか強いのがサイコーにかっこいい。

よく考えるもんだと思ってたら、モデルがいたのね・・・。

200px-Red_Baron.gif



マンフレート・フォン・リヒトホーフェン(Manfred Albrecht von Richthofen,1892年5月2日 - 1918年4月21日)は第一次世界大戦における『エースの中のエース』と賞賛されているドイツのエース・パイロット

空中戦において前人未到の80スコアを挙げ、彼の紳士的な態度は天駆ける騎士と賞賛される。数々の異名を持つ人物であり、ドイツでは『Der rote Kampfflieger (赤い戦闘機乗り)』、敵国のフランスでは『Le petit rouge (小さな赤)』、『Diable Rouge (赤い悪魔)』と、イギリスでは『Red Knight (赤い騎士)』、あるいは『Red Baron (赤い男爵)』と呼ばれた。数々の異名に赤いと付くのは彼の戦闘機が真っ赤に塗られていたことに起因している。しかし彼が赤く塗装したのは最後に乗ったフォッカーDr.I のみであるともいわれる。リヒトホーフェンと言われるとピンと来ないが「赤い戦闘機に乗っていたエース」、「レッドバロン」と言われるとあまり詳しく知らない人も知っている場合が多い。現在、彼のイメージについて一般的に言われている事は、騎士道精神、ケンカ好き、背が低い、ハンサム、プライドが高い、自信家(自身の機体をわざと目立つ赤色で塗装した事から)、撃墜した敵機の残骸をコレクションしていた、撃墜した敵パイロットも手厚くもてなした、などである。

リヒトホーフェンの愛機フォッカーDr.I今のフランスでも『Baron Rouge (赤い男爵)』として人気がある。特に自家用飛行クラブなどに行けば、待合ラウンジなどに彼のことを説明した本が置いてある。その長い歴史で犬猿の仲の独仏であり、第一次大戦でも血で血を洗った間柄の両国なのに、リヒトホーフェンはそんな恩讐とは無関係でフランスでも英雄扱いである。


戦場で目立つ格好をしてるのは今となってはナンセンスな行為ですが、当時まではそうでもなかったんだね。これ以前の戦争のコスチュームってきらびやかだったりするし、甲冑なんかも大将クラスは意匠も凝ってたりカラーリングもイメージカラーがあったりね。
そのあたりがこのマンガが男の子のココロをくすぐったんでしょうな。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



赤ワインなんですが、キンキンに冷やして飲むと美味しいという評価だったので迷わず。ドイツの赤ワインというのも珍しいので。昨日飲みましたぁ。軽い感じでした。個人的にはもう少し濃い感じが好きなので、ちょっと物足りなかったかも。料理をこってりにすればもっと美味し ドイツの思い入れ【2007/08/04 01:01】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。