ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S2S.gif


ビートの求道者ジャジーB。
ユーロの4ツ打ちの全盛から当時ブラコンはニュージャックスイングに・・・。そうした商業的な流れにリアルなビートを持ち込んだ男。

音楽にも発明がつき物だけど、この『グランドビート』と呼ばれる重くて暗い流れは、『ダブ』以降の重要なベースラインとなったよね。
いまではR&Bの基本ラインはこのあたりが発祥か?(なんて)
重要な点はグランドビートとサンプリングとフィーチャーされるヴォーカリスト。あくまで感覚はDJセレクトっていう固定化されないユニット性。このあたりはブランニューヘビーズあたりにも影響。
楽だろうね。ヴォーカルをゲストにするのは(笑)

Soul II Soul - Keep On Movin'

Soul II Soul - Back To Life (LIVE)

Soul II Soul - Get a Life

Missing You Soul II Soul featuring Kym Mazelle

Soul II Soul - Joy

こういったバンド(?)の形態も発明したジャジーBをリスペクト。
このあたりから、世界の音楽は音楽家の手を離れて行ったよね。パンクの時代はコード3つでやれたけど、それすらも必要なくなったもんね。
アイデア一発、センス充満なら知らん間にヒットメーカーなんて時代になっちゃいました。

WHEN SOUL II SOUL HIT NO.1
London DJ/Photographer Normski tells it like it was growing up with Soul II Soul.

'Memories of Soul II Soul's early success evoke huge nostalgia for the early days of hip hop in London.'
Channel 4, Four Docs

Directed by Cath Le Couteur
Camera by Tom Townend
Stills/Story by Normski

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。