ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乃木希典

ワタシの曽祖父は日露戦争に行っている。
軍服を着た曽祖父と祖母の写真がある。
祖母の父は日露戦争へ、結婚し旦那さん(祖父)は太平洋戦争へ。
いずれも帰還しているあたりが幸運だが、すごい人生だな。
祖母の話は私の子供に伝えなければならない。
祖父の軍隊での写真は子供に見せてやらねばならない。
父の防空壕での体験や疎開の話をするのは私の義務だ。


旅順攻略戦後にロシア軍旅順要塞司令長官アナトーリイ・ステッセリとの間で水師営の会見が行われた。そこでの乃木の紳士的で寡黙な雰囲気は、諸外国の記者が持つ日本人観に大きな影響を与えたといわれている。乃木はステッセルらロシア軍幕僚にも帯剣を許し、従軍記者たちの再三の要求にも関わらずロシア軍との会見風景は一枚しか撮影させず、彼らの武人としての名誉を重んじた。

乃木の姿勢は世界中から賞賛され、日本の国際的地位すら向上させたことから、やがて乃木は「旅順の凡将」から、東郷平八郎とならぶ日露戦争の英雄となり、その後、長く軍人精神の具現者と見なされるようになった。

乃木がこの戦争で二人の子息を失ったことへの同情や、旅順攻囲戦が極めて困難な作戦であったことが伝わったことから、乃木の凱旋は最も多くの国民が押し寄せたといわれる。

乃木は明治天皇からの信望が厚く、明治天皇が後継者と期待していた裕仁親王(後の昭和天皇)の教育係として学習院院長に命じられる。幼親王も乃木を慕い、乃木も聡明な親王に陽明学を勧めた。殉死の前日、乃木は親王に自ら写本した山鹿素行の『中朝事実』と『中興鑑言』を渡し、この本がいかに素晴らしいかを説き、熟読するよう念押しした。当時弱冠10歳の親王は、乃木のただならぬ気配に、これは遺言だと気付き、思わず「閣下はどこかに行ってしまわれるのですか?」と聞いたという。昭和天皇は晩年まで、生涯で最も尊敬する人物として乃木の名を挙げ続けた。



この映画を見ますとニューヨークに行きたくなりますねぇ。

さて、ウチのカミさんはこのあたりにはハマってましてね。まぁわたしもドラマのほうでは追っかけてみていたんですが、映画となると別にって感じなんですが、それでもお付き合いで結局見てしまうというね、なにかもう、まぁそんな感じです。

映画で見るとなんていうんでしょうかいまさら感がただようというか、はい。
マニアウケというかね、リアルさにかけるというか後日談でしょ?

そんなに入れ込んでない人にとっては、ハイハイとでも言うような脱力感。

既に「懐かしいねェ~」とでも言うべき・・・ね?


チャーチル

混迷が続く日本の政治ですが、別に崇高なものを目指しているわけでもなく、さりとて腐敗を許すわけでもないし、それでも思うのは政治家の癖に顔色を変えたりするなよといったトコでしょうか。なんか小物でイヤです。いったいどんな人間が政治をして欲しいのかというとこういう人だ。

日常ではジョークの名手かつ毒舌家であり、ある女性議員から「私があなたの妻だったらあなたの飲む紅茶に毒を入れるでしょう」と皮肉られたところ、「私があなたの夫だったら喜んでその紅茶を飲むでしょう」と平然と言い返したという話は有名。貴女と顔を会わせなくても良くなるなら、毒入りの紅茶を飲む方が良いと切り返して、女性議員を悔しがらせた伝えられる。

なお、彼が優秀な政治家の条件として挙げたのは「将来何が起こるかを予言する能力」と「予言が当たらなかったとき、それを弁解する能力」である。


平然とジョークにはジョークで皮肉には皮肉で返す。
大人というか洗練されているというかそういう成熟した人間を求めています。

バッジョ

1994年アメリカ大会。

こんなに残酷な結末をワタシは今まで見たことが無いし、そして今まで心に残っている。


「イタリアの至宝」

1990年イタリア大会、グループリーグ第3戦目のチェコスロバキア戦において、中盤から単独ドリブル突破を仕掛け、ディフェンダーを次々と抜き去ってゴールを決めた。この得点は、大会のベストゴールのひとつと数えられ、バッジョはイタリア代表の新たな旗手として世界に名を知られることになった。

1994年アメリカ大会、前年の1993年にバロンドールを受賞していたこともあって、周囲の期待は大いに高まっていた。ところが本大会直前に右足に怪我を負ってしまう。精彩を欠くバッジョへの風当たりは厳しかった。決勝トーナメント1回戦のナイジェリア戦でも先制を許し、反撃の切り札で投入したゾラが退場処分となり1点を追い掛ける苦しい展開になる。しかし、試合終了直前の89分、ついにバッジョが劇的な同点弾を決め、延長戦でもPKを沈めてエースの真価を証明した。同点弾は冷静にゴール右隅を狙ったバッジョらしいシュートで、地元新聞は「アズーリを帰りの飛行機のタラップから引きずり下ろした」と見出しを打って賞賛した。

その後も、眠りから醒めたようにバッジョはゴールを量産した。準々決勝のスペイン戦でも再び終了直前にカウンターから決勝点をあげて、2-1で勝利。準決勝のブルガリア戦でも続けざまに芸術的な2得点を挙げて2-1と勝利した。決勝トーナメントの準決勝までの3試合でチーム6得点中5得点、どのゴールも試合を逆転・決定するもので、酷評から一転して救世主扱いとなった。

決勝のブラジル戦はバッジョとロマーリオのエースFW対決(大会得点王争い)が見所のひとつであった。灼熱のようなむせ返るほど高い気温の中、バッジョは強行出場したものの精彩を欠き、試合はワールドカップ決勝史上初のPK戦となった。ブラジルがリードを保ったまま最終キッカーであるバッジョの番となるが、彼はゴール左上にはるか高く打ち上げてしまう。これによってイタリアは優勝を逃した。



バッジョ2

2010年のジャパンが負けたとき思い出した。
ずいぶんと重みは違うけど・・・。

「PKを決めても誰も覚えていないが、外したら誰もが忘れない」

不屈のライオン

奇跡を見た!
後半は祈りっぱなしだった。
ワールドカップで初めて歓喜した!

相手がどんな状況であれ、コチラがどんな状況であったとしてもワールドカップでは勝ち点がすべて。よくやっただの、惜しかっただの、善戦がどうのこうのとか、そういったのは聞き飽きてた。あと、夢みたいなことばかりいってるのにも辟易していた。ベスト4なんか言うからしらけてしまった。
私たちに必要なのは、現実をちゃんと見ることだった。
それがようやくできた(ような気がする。)
日本がこの舞台で勝つには守って守って守り抜かないといけない。
相手がミスしたり慌てたりしたらもうけもの。
相手が連携が悪かったり、うまく機能してなければラッキー。
それを勝ち星につなげなきゃ。

それにしても、本田。
見た目にはアタマ悪そうなのに、なかなかクレバー。
しっかりしてるな。
あとの2試合で何をしてくれるか楽しみ。



War is over

われわれのとなりには、戦争が終わっていない国があるのですが、こないだも一触即発の状況かと思いきや案外そうでもない様子。どうも、連絡系統にも問題があるようで軍の中でも報告に改ざんがあった様子。

さて、本日よりワールドカップが始まりますね。
もひとつ盛り上がってなかったんですが、始まるとなればちょっと変わってきました。
非常に楽しみ。

さておき、こちら。
メッセージがいちばん強かった時代のアートの最新形(だったもの)。
今ではすべて商業的に消費されてしまいました。(←こういう言い回しも最近異常にイヤになってきた。)



シチュエーションだったり、ハプニングだったり、いまではもうお馴染みの広告手法に成り下がった感のこれら。ああ、望みが叶うもんなら、この時代へタイムトラベルしてみたいですな。




Yoko-Ad-2のコピー

ヘルメット




千葉真一のコピー


いつも色々な調べものをしていて、最終的には画像検索までしてイメージを固めるのが仕事(の一部)。
なぜか脱線が多いが、今回はワロタ。
 
千葉ちゃん若い!
全盛期やね。

ルイヴィトン

まぁワタシ、何が好きかというとモノグラム。
鞄とか買うにしても安い商品を見には行くものの、常にもうひとつ感にさいなまれるのでありまして、で、結局新しいのを買わずに過去の鞄を引っ張り出して使うという生活でして、それがモノグラムモノ。

それがヤバイ。
ソミュールのラージを大学生の頃はやって以来所持しておりましたが、最近ヘビーに使いすぎてボロボロに。
さすがにショルダーのストラップが千切れそうになってしまっていて、とりあえず最近は使わないようにしてるんですが、やっぱり直しに持っていこうかしらと思案中。

今欲しいカタチの鞄が無く、どうしてもコレばっかり使ってしまうんだなぁ・・・。



前回のスケートの話ですが、コメントでバカウヨといわれました。
べつに右翼じゃないよ。
国粋主義的なことはいってないんだけどなぁ・・・。
ただ、アノ人に批判的にしてみただけなんですが。
今回のも懐かしいネタだし、いろいろ集めたのを張り合わせてみただけなんですがどうなんだろう?
また、右翼扱いされるのでしょうか?
特定の国を批判してましたが、ジャパンがどうこうは言いませんよ。


本大会では多くの誤審問題がマスコミなどで大きく取り沙汰された。特に「韓国代表vsポルトガル代表戦」(ポルトガル代表へのカードの多発)、「韓国代表vsイタリア代表戦」(イタリア代表へのカードの多発、韓国代表選手がイタリア代表選手の後頭部を蹴るなどの明らかなラフプレーを無視)、「韓国代表vsスペイン代表戦」(取り消されたスペインの2ゴール)は、物議を醸した。韓国代表の相手国はいずれも上位進出候補の強豪国で、「ホスト国の韓国代表チームに対し意図的に有利な判定が行われたのではないか」との疑惑が広まり、事態の沈静化を図ったFIFAが、大会中に異例の声明を出すほどであった。そしてFIFAは急遽、これまでの『異なる大陸から審判を起用する慣例』を変えて、準決勝以降の試合は全て欧州出身の審判で固めた。

この誤審問題にメディアでの扱いが不十分との批判もなされ、大会終了後にようやくこのサッカー文化の一つである誤審問題が新聞・テレビ等で大きく取り上げられるようになった。その後、FIFA創立100周年記念の特別限定版として製作されたDVD『FIFA FEVER』ではワールドカップ100年の歴史の『10大誤審疑惑』も選定されたが、この中には本大会から次の5つ(すべて韓国での開催試合)がランクに入り、うち4試合までが韓国チームに有利な判定となっている。






クライフのコピー

ヨハン・クライフ
「W杯の恥さらし国家。韓国は史上最低の開催国として歴史に名を刻むことだろう。」


「美しく勝利せよ」という名言を残した人
「1-0より4-3で勝ちたいな」とか、圧勝するってわかってるときは「シュートをゴールポストに当てたりして大接戦を演じれば、お客さんが盛り上がっちゃうな」とか、とんでもないことを言い出す、ヘンな人です。普通はそんなこと言わない、4-3よりも2-0で勝つほうが心安らかじゃねーか。
そんな破天荒な自由人クライフが指揮を執っていた頃のバルサはドリームチームと呼ばれている。守備なんて無きに等しく、打ち合いを、楽しくそして壮絶に演じていました。自分たちがボールを持っていれば相手は得点できない。バカみたいにあたりまえの話だが、そういう牧歌的な哲学が、おおらかにそこに横たわっていました。
戦略に縛られず速攻と遅攻を自由に選び、広いピッチを存分に使い、選手は自由にポジションを入れ替わり、ボールを支配し、パターン化していない個人技が輝き、常に意外性を求め、数人で行うコンビネーションプレーに驚きがある。失点してもかまわなかった。
自由闊達、人々はそれを極上の美しさだと感じた。まさに、ドリームチームのドリームプレー、サッカーという名の曲芸です。

ネッツァーのコピー

ギュンター・ネッツァー
「米国、ポルトガル、イタリア、スペイン戦で韓国が行ったことはこれまでFIFAが築いてきた
フットボール文化を否定し、腐敗を招く行為でしかない。私は多少混乱が生じたとしても韓国から
勝利を剥奪しても良かった様に思う。そうすればこのような過ちは繰り返されなくなるのだから。」


「賢人」と呼ばれたドイツ・メンヒェングラートバッハ出身の同国元代表サッカー選手。
技巧的なボールコントロールに加え、視野の広さと「センチメーターパス」と云われる70メートル近い距離のロングパスを自在に操る正確無比のパスセンスの持ち主である。

リネカーのコピー

ゲーリー・リネカー
「一つ確かなのは今回の韓国の勝利に名誉が伴っていないことだ。
後年日韓W杯を振り返ったときにトルコやセネガルに米国、スウェーデン、ベルギー、
日本の健闘が賞賛されることはあっても韓国が賞賛されることは決してないだろう。」


イングランド・レスター出身の元イングランド代表サッカー選手。
13年間の現役生活において一度もレッドカードどころかイエローカードすらも貰ったことが無く、1991年には「FIFAフェアプレー賞」を受賞している。
1999年、 ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で36位に選出された。



スコールズのコピー

ポール・スコールズ
「彼ら(フランス)は前回のW杯で好成績を挙げることが出来なかったが、
それはW杯を開催してはいけない『馬鹿な国』での一時的不振に過ぎない」

マンチェスター・ユナイテッド所属のイングランド出身のサッカー選手。
マンチェスター・ユナイテッド史上屈指のMF。視野が非常に広く,卓越した技術でボールをキープしながらピッチ全体を見渡し,正確かつ効果的にパスを散らす事で常に相手チームより優位な状況を作り出す。 迅速な判断で攻撃の起点となり,豊富な運動量と的確なポジショニングでチームのバランスを修正する能力にも長けている。 前線のスペースへの飛び出し,ペナルティエリア外からのミドルシュートなど攻撃参加にも積極的。特にミドルシュートは非常に強力で,重要な試合でも決勝点を上げている。イングランドのセントラルミッドフィルダーらしく守備にも長けており、鋭いタックルにも定評がある。
同じフィールド内で触れる機会の多い選手達からは評価が高く、しばしばNo.1ボランチと評されるパトリック・ヴィエラは「目標にしている選手」と発言しており、同僚のギャリー・ネヴィルは「彼はイングランドNo.1の選手」と絶賛している。また、ジネディーヌ・ジダンはユベントス時代にマンチェスター・ユナイテッドと対戦した際の感想で、「ユナイテッドに世界一のミッドフィルダーがいた」と述べている。更に監督アレックス・ファーガソンは「マンチェスター・ユナイテッド歴代のベストイレブンに入るだろう」としている。彼の言うベストイレブンには、デイヴィッド・ベッカムやブライアン・ロブソンすら含まれていない。


オーウェン

マイケル・オーウェン
「(大会終了後)卑劣な手段によって準決勝まで進出した国がW杯の権威まで汚してしまったことを残念に思う。」

イングランド・チェスター出身のサッカー選手。
フランスW杯のメンバーに大抜擢される。決勝トーナメント1回戦の対アルゼンチン戦では先発出場を果たし、センターサークル近辺でパスを受けた直後にドリブルを仕掛けてディフェンダー2人を抜き去り、敵陣を一人で切り裂いてゴールを決める離れ業をやってのける。18歳の少年が決めたこのゴールは世界のサッカーファンの度肝を抜き、彼は一夜にして「ワンダーボーイ」と言う綽名と共に、その名を知らしめる事となる。


ラウールのコピー

ラウール・ゴンザレス
「何度でも言おう。この試合(韓国スペイン戦)は我々の勝利だと。」


スペインのサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリード所属、生え抜き選手として主将を務めている。クラブの歴代最多得点の記録保持者。
クライフの言葉に「選手として十点満点は付けられないが、全ての要素に九点が付けられる」と評されるように、全体的に万能な選手で、「奪われないドリブル」に喩えられるように高い技術でシュートから、ドリブル、パスまで何でもこなす。
スペインのテレビ番組にて人生で一番可笑しかったことは何かと問われ、「ジャパンツアーに行ったときに日本のテレビに出演して、そこで日本人のコメディアンがやった芝刈り機のものまね」と答えた。



エルゲラのコピー

イヴァン・エルゲラ
「この先二度とサッカーが出来なくなってもいい! だからあいつらを殴らせろ!」


スペイン、サンタンデール出身のサッカー選手。
特徴的な走り方や蹴り方。スピードはないものの、安定したディフェンスと強いヘディングが持ち味のDF。スピードをカバーするかのように深いスライディグで対人を止めるイメージだが、ここ数年はタイミングを外されてファールになってしまうパターンが多い。ディフェンシブな選手ながら確かな技術とセンスを持っており、トラップの独特の間合いから正確なパスを繰り出し攻撃的に展開することも出来る。 セットプレーではそのヘディングで得点することもしばしば。



デルピエロ

アレッサンドロ・デル・ピエロ
「もうこんな国(韓国)に来る事はないね」


イタリア、トレヴィーゾ県コネリアーノ出身のサッカー選手。
キャプテンシーに溢れ、チームメイトからの信頼が厚く、バンディエラとしてティフォージから絶大な人気を誇る。イタリアの名門ユヴェントスの10番を背負う。
高いテクニック、豊富なバリエーションを持つFW。左サイドからゴール前にドリブルで切り込むプレーを得意としスルーパスやロングパスも高いレベルにある。特にゴール前左45度は「デル・ピエロ・ゾーン」と呼ばれている。このゾーンから右足のインフロントで放たれたボールが、ゆるやかな弧を描いてゴール右隅に吸い込まれる様子は多くの観客を魅了してやまない。

子供の頃に新日本プロレスのイタリア遠征を観戦して以来のプロレスファン。好きな日本のプロレスラーはアントニオ猪木と藤波辰爾で、2005年6月にユベントスの遠征で来日した際にテレビ朝日系「ワールドプロレスリング」に出演し、憧れの藤波と対面して感激していた。その際に藤波辰爾に懇願してドラゴンスリーパーを掛けられた。
少年時代に読んだ『キャプテン翼』の翼に憧れた、など先のプロレス以外にも日本との縁がある。

サッカー界のご意見番でカルチョには特に痛烈な批判をするヨハン・クライフもデル・ピエロに対しては「私はどんなイタリアのプレイヤーよりもデル・ピエロを好む。彼のプレーはとてもファンタスティックだ。ただ強いて言うなら彼はイタリアに生まれるべきではなかった。イタリアサッカーは彼がそのプレースタイルのままでいようとすることを許さないだろう。」と賛辞を送ると共に彼のプレースタイルをもっと生かせる国に生まれていたら、というコメントをしている。


マルディーニのコピー

パオロ・マルディーニ
「サッカーを侮辱した韓国は天罰が下るだろう。」


イタリア・ミラノ出身の元サッカー選手。ミランの象徴とまで呼ばれたディフェンダー。
往年のインテルの名選手、ジャチント・ファッケッティは生前「彼(マルディーニ)のプレーは、世界中のサッカー選手を目指す若者の手本となっている。しかし彼の唯一の欠点は、彼がミランの選手であったことだ」と評した。
現役最後の試合となったアウェー・フィオレンティーナ戦ではロスタイムにフィオレンティーナの選手がわざとボールを外に出しマルディーニの為だけの時間を作った。敵味方関係なくその場にいたすべての人がスタンディングオベーションでマルディーニを称えた。





Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Design without design, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。